MENU
薬剤師向け転職サイトのおすすめ

年収アップしたい薬剤師向け

【第1位】
リクルートグループのパイプで高収入な非公開求人を紹介可能。

【第2位】
採用の面談に同行して、給与交渉もしてくれる。転職が不安な人はここ!

【第3位】ファルマスタッフ
転職サポートが万全!履歴書と職務経歴書の見本とテンプレートまでくれる

テレワークで在宅勤務したい人向け

【第1位】
あなたの良い所を丁寧にヒアリングして推薦文を書いてくれます。

【第2位】
採用の面談に同行して、給与交渉もしてくれる。転職が不安な人はここ!

ノルマのない会社に転職したい向け

【第1位】
職場の内部事情に一番詳しいサイト。職場の裏情報まで調査してくれる。

【第2位】
採用の面談に同行して、給与交渉もしてくれる。転職が不安な人はここ!

【定年後も働きたい】60代薬剤師のリアルな年収(給料)とこれからのキャリアを考える

60代の薬剤師の年収はどのくらい?

定年後もまだまだ働きたい

あやせ

人生100年時代、今の60代はまだまだ元気です。
退職しても家にいるより働きたい人も増えてきていますよね。

この記事では、薬剤師の私が、

  1. 60代薬剤師の年収事情
  2. 60代薬剤師の働き方

について詳しく解説していきます。  

タップできる目次

60代薬剤師のリアルな年収事情

40代薬剤師のリアルな年収事情
まずは60代薬剤師の年収事情から見ていきましょう。 

60代薬剤師の平均年収は、60代前半で約582円、60代後半で696万円です。 

薬剤師の平均年収
引用元:令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況|厚生労働省

※60代後半では働いている薬剤師の数が少ないため、年収の高い人が平均年収が大きく上げている可能性があります。

【男女別】60代薬剤師の平均年収(給料)

【男女別】40代薬剤師の平均年収(給料)

次に、60代薬剤師の年収を男女別で比較したグラフです。

青い線は男性薬剤師、オレンジの線は女性薬剤師、一番下の灰色の線は、日本人全体の平均年収(※)です。

60代薬剤師の男女別の年収
引用元:令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況|厚生労働省平成30年度民間給与実態統計調査|国税庁

60代薬剤師の年収は男女とも500万を超え、日本人の平均年収を上回っています。

※60代後半はサンプル数が少ないため、一部の高収入の人が平均年収を押し上げている可能性があります。

 また、月給と賞与(通勤手当など含む)の内訳は、

年齢平均年収(万円)月額給与(万円)賞与など(万円)
男性(60-64歳)6304587
男性(65-69歳)9027155
女性(60-64歳)5063583
女性(65-69歳)5003936
引用元:令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況|厚生労働省

となります。︎︎

【雇用形態別】50代薬剤師の平均年収(給料)

次に正社員、派遣、パートでの50代薬剤師の平均年収(給料)です。

雇用形態平均年収
正社員60代前半:582万円
60代後半:696万円
派遣422万円〜528万円
(時給2000〜2500円で換算)
パート316万円
(時給2000円で換算)
 ※引用元1:時給の概算は日経D Iより算出。派遣は1日8h、パートは1日6hで労働日数22日とした。

60代薬剤師はパートでも、十分な年収を稼ぐことができます。  

60代でも就職できる職場

まだまだ働ける!50代で未経験でも転職できる職場

60代の薬剤師が転職しやすい職場は以下の3つです。

50代薬剤師が転職可能な職場

個人・中小の調剤薬局

大手の調剤チェーンは、新卒や年代の若い薬剤師をたくさん採用することができますが、個人経営や中小の薬局では薬剤師は慢性的に不足しています。 

そこで、パートの人がいない夕方〜夜のシフトに入れたり、子供の発熱などで早退することもない60代薬剤師であれば採用される可能性は十分にあります。 

ドラッグストア 

ドラッグストア も慢性的に薬剤師が不足しています。

薬剤師がいれば調剤や、第1類医薬品を販売することができるドラッグストア では薬剤師の確保が非常に大事です。 

医薬品卸やメーカーの倉庫などの管理薬剤師

医薬品を扱う企業では、必ず管理薬剤師を雇わなければならない職場があります。

そういった企業の管理薬剤師には、薬剤師免許を持っていれば60代でも採用してくれるところがあります。

患者さん対応がないため、残業や休日出勤がなく、体力に自信がない人でも働ける狙い目の職場です。

60代薬剤師の就職方法

60代薬剤師の就職方法

ではどのように60代薬剤師の求人を探せばいいのでしょうか?

実は薬剤師は専門職であるため、薬剤師専門の転職サイトがあります。

薬剤師免許を持った人だけが登録でき(薬学生も一部可能)、薬剤師業界に詳しい担当者が1人1人につき、転職活動を完全サポートしてくれるんです。

このようなサイトを使えば、以下の流れで転職できます。

転職サイトの利用方法

 サービスが無料で利用できるのは、求人を出した会社が紹介料として転職サイトにお金を支払っているからです。

あやせ

言いにくい給与アップの交渉をもしてくれます

また、60代を募集している就職先が少ないので、自分で探すのは無理です。

調剤薬局274社「何歳までの薬剤師を募集しているか」というアンケート結果を見てみてください。

60代薬剤師でも採用可能な薬局の割合
引用元:薬キャリエージェント

このように、60歳以上で募集している薬局は約7%と少ないのです。

薬剤師専門の転職サイトなら、プロが求人を集めてきてくれるので、あなたにぴったりの求人を効率よく紹介してくれます。

60代薬剤師におすすめの転職サイト

60代薬剤師におすすめの転職サイト

そこで60代薬剤師にピッタリな良い転職サイト2つ紹介します。

良い転職サイトの選び方
あやせ

リクルートのデータで、転職成功者は平均4.2社の転職サービスを利用していました。

転職サイトごとに持っている求人が違うので、できれば2個は登録しておきましょう。

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

【公式サイト】

マイナビは就職でも転職でも利用しましたが、とにかく求人数が多い転職サイトなので、色々な求人を幅広く見た上で決めたい人におすすめです。

あやせ

5万8000件以上の求人数です!

マイナビ薬剤師がおすすめな人
  • とにかく求人数が1番多いサイトがいい
  • 面談に同行してほしい
  • キャリアアドバイザーに直接相談したい(全国15箇所に面談会場があるよ)
マイナビ薬剤師の面談会場とアクセス一覧

面談会場も転職サイトの中で一番多いので、地方での転職活動にも便利です。もちろんすべて電話でやりとりもできます。

あやせ

担当者と会って相談したい人はマイナビがいいですよ

は面談に同行してくれる神サービスもあるので、初めての転職で不安が多い人は絶対に登録すべきです。

\無料登録後もお金はかかりません/

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師

【公式サイト】

リクナビは就活でも転職でも利用しましたが、求人の質も量も満足度が高い転職サイトでした。

リクナビ薬剤師がおすすめな人
  • 高収入な職場に転職したい
  • リクルートグループにしかない非公開求人が見たい
  • 早く転職したい(最短3日で転職可能)

このサイトはリクルートのパイプで高収入で条件の良い非公開求人をたくさん抱えているため、

あやせ

ここでしか知ることのできない求人が多くてびっくりしたよ!

また、リクナビ薬剤師のキャリアアドバイザーは、本当に薬剤師の年収事情をよく知っていて、『この会社で頑張れば年収500万円は可能です』など、超現実的なアドバイスを言ってくれます。

高年収など好条件の求人を狙うなら、リクナビ薬剤師は必ず利用すべきです。

\ 無料登録後もお金はかかりません/

60代薬剤師のリアルな年収(給料)と転職方法まとめ

50代薬剤師のリアルな年収(給料)と転職方法まとめ
  1. 60代薬剤師の平均年収は、60代前半で582万円、60代後半で696万円
  2. 60代ならパートでも年収300万代が可能
  3. 60代なら薬剤師専門の転職サイトで確実に転職すべき

条件の良い求人はすぐに埋まってしまうので、転職サイトにはすぐに登録しておきましょう。

薬剤師におすすめの転職サイト
  • リクナビ薬剤師
    【公式】
    リクルートグループが運営する「薬剤師専門」の転職サイト。リクルートのパイプで好条件の求人が多数あります。

  • マイナビ薬剤師
    【公式】
    薬剤師求人数は日本で最大規模。薬剤師の利用者満足度NO.1!
    たくさんの求人を見て選びたい人は登録必須。

今の60代はまだまだ元気で働けます。

調剤の技術を身につけておけば、患者さんに頼りにされ、70歳まで薬剤師という専門職で働ける人生だって選べるのです。

悩んでいるなら、まずは転職サイトの担当者に電話で相談だけでもしてもらいましょう!

タップできる目次
閉じる