MENU
薬剤師向け転職サイトのおすすめ

年収アップしたい薬剤師向け

【第1位】
リクルートグループのパイプで高収入な非公開求人を紹介可能。

【第2位】
採用の面談に同行して、給与交渉もしてくれる。転職が不安な人はここ!

【第3位】ファルマスタッフ
転職サポートが万全!履歴書と職務経歴書の見本とテンプレートまでくれる

テレワークで在宅勤務したい人向け

【第1位】
あなたの良い所を丁寧にヒアリングして推薦文を書いてくれます。

【第2位】
採用の面談に同行して、給与交渉もしてくれる。転職が不安な人はここ!

ノルマのない会社に転職したい向け

【第1位】
職場の内部事情に一番詳しいサイト。職場の裏情報まで調査してくれる。

【第2位】
採用の面談に同行して、給与交渉もしてくれる。転職が不安な人はここ!

経営が厳しくてパートする人も!調剤薬局の経営者の年収と失敗しない独立開業の方法

調剤薬局を開業したら1500万円以上稼げるって記事を読んだけど、本当かな?

薬局の経営者は成功する人もいれば、失敗する人もいます。

あやせ

成功しなかった経営者の年収や現実のリアルな話ってなくないですか?

この記事では、私が調剤併設型ドラッグストアで働いていた時に知り合った薬局経営者や、製薬企業を辞めて開業したMRの年収事情を書きます。

また、資金も人脈もないけど独立したい人が、失敗しないための独立開業の方法を2つ紹介します。

タップできる目次

調剤薬局の経営者のリアルな年収の話

調剤薬局の経営者のリアルな年収の話

 私が薬局で働いていた時、知り合った薬局経営者の薬剤師Aさんは、

薬剤師Aさんの状況

【開業のきっかけ】勤務薬剤師だった時、仲の良い医師が開業する時に声をかけてもらった
【立地】開業医の門前だが、最寄りの駅から徒歩20分以上
【処方箋】門前の開業医からのみ、たまに近所の患者さんが来る
【薬剤師数】Aさん含め3人
【開業医の診療科目】内科
【Aさんの最初に用意した自己資金】500万円

調剤薬局の経営で年収はどのくらいになる?

経営者Aさん

3人の薬剤師の給料が出るくらい。

だから私は処方箋が終わる時間から、パート薬剤師をやってるよ。

処方箋にも波があるから、薬局の経営安定のためにパートしてる感じかな…

経営状況はカツカツで、薬剤師として他の薬局でパートしないといけない状況だそうです。

経営者Aさん

立地で大きく売上が変わるけど、うちは仲の良い先生の門前ってことで他の薬局からの処方箋があんまりなくてね。

もっと良い立地の不動産にしたかったけど、資金力がないから難しかった。

駅から遠いため不動産は安く取得できましたが、処方箋が門前病院だけという状態の開業なので、近くに住む住人に認知してもらって処方箋を地道に増やして行く努力を続けています。

次のケースを見てみましょう。

製薬企業の薬剤師MRが独立した場合です。

MRは40歳前後で福利厚生も含めると年収1000万以上です。

独立したMR

大学病院の小児科のかなり人気がある先生から、一緒に開業しないかと声をかけられて決めました

開業すると経費を使えるため、独立するMRは会社員以上の年収見込みやメリットがあるとして会社を辞めたそうです。

独立したMR

経費も使えるしMRと同じくらいの生活水準は確保できると思うけど、売上が変動するので、生涯賃金はMRとトントンか低くなる可能性もある

開業すれば誰でも年収1500万円稼げるわけではないのというのが現実です。

親が経営者ではない普通の薬剤師が独立開業するには、パートもして赤字を乗り切るケースもあるのです。

薬局経営者の年収事情まとめ

【ケース1】年収400〜500万円(1店舗経営、パート薬剤師で+αあり)

【ケース2】年収1000万円の見込み(製薬会社を辞めて調剤薬局を経営する薬剤師MR)

調剤薬局を開業した時の年齢は?

Aさんは40代前半で開業していました。

製薬会社の薬剤師MRで開業した人は30代〜50代までおり、『仲の良い医師が独立するタイミング』で独立していました。

人脈とある程度の自己資金があるなら、チャンスがきたら決断するという感じでしたね。

薬局経営は薬剤師じゃないと厳しい?

調剤する薬剤師
独立したMR

薬局の2代目とか、不動産を所有しているとかのアドバンテージがあるなら薬剤師である必要はないと思う。

でも全くそういうのがないなら、派遣やパートの併用で生活がなんとかなる薬剤師の方がリスクは小さい。私も薬剤師じゃなかったら独立していないかな。

自分が薬剤師なら、苦しい時はパートなどで乗り切る方法が使えるので、リスクを小さくすることができますね。

 薬局経営は最初は赤字も覚悟

薬局開設には融資もおりますが、2500万円くらいかかることもあります。

経営者Aさん

最初は持ち出しがあるし、良い立地の門前薬局でないなら赤字になる覚悟も必要!

仲の良い先生と組んで開業してもパートが必要になる経営者もいるので、ましてや医師との人脈がない状態での薬局開業はリスクが非常に大きいです。

そういう場合は、 資金も人脈もない薬剤師が薬局を開業する方法を見てみてください。

薬局を開業して後悔はない?

子供の看病をする母親
あやせ

薬局を開業して、会社員と比べてどうですか?

経営者Aさん

責任やリスクはあるけど、私は経営の方が楽しいよ!

勤務薬剤師でキリキリ働いている時と比べたら、子育てしながら時間が自由になる働き方はすごくありがたい。

だんだん処方箋も増えてるし、近所の人のかかりつけ薬局として長くやっていきたい。

独立したMR

MRは今は高年収でも先行きがかなり不安。薬局経営なら定年後も経営者として長く働けるし、独立開業したノウハウがあればMRより将来の可能性があると思う

独立開業にはリスクもありますが、

  • 会社に縛られない自由な時間が手に入る
  • 経営のノウハウを習得できる
  • うまく行けば年収1000万円以上
  • 定年後も経営者として働ける

など大きなメリットもあります。

資金も人脈もない薬剤師が調剤薬局を開業する2つの方法

資金も人脈もない薬剤師が調剤薬局を開業する方法は?

ここまからは独立開業したいけど、

『開業資金が足りない…』

『医師との人脈がない…』

と悩んで踏み出せない人は、薬局の独立開業支援を受けるのがおすすめです。

薬剤師が独立開業支援を受ける方法は2つあり、 

独立開業支援を受ける方法

  1. 人材支援サービスのの独立開業支援を受ける
  2. アイセイ薬局の独立開業支援を受ける

です。

一つづつ見ていきましょう。

①人材支援サービスファルマスタッフの独立開業支援を受ける

調剤大手の日本調剤グループが運営する人材支援サービスのファルマスタッフ が、日本M&Aセンターと薬剤師独立開業支援を行っています。

薬剤師独立開業支援にて日本M&A センター社と業務協力を開始

東証一部上場の日本調剤のグループ会社である株式会社メディカルリソースは、

薬局の独立開業を希望する薬剤師と薬局の売却を希望するオーナーとを引き合わせる独立開業支援について、

東証一部上場の株式会社日本M&Aセンターとの業務協力を開始しました。

内容は、

薬剤師独立開業支援制度の仕組み

 このように、  

  • 独立開業を希望する薬剤師
  • 薬局の売却を希望するオーナー

 を引き合わせてくれます。

調剤薬局業界のM&A に多数の実績を誇る日本M&A センター社は、独立開業を希望する薬剤師に対して、

  1. 売却を希望する薬局の情報提供
  2. 収支計画
  3. 資金調達
  4. 行政手続

このようなサポートしてくれて、双方の需要に応える形で業界における良質なM&Aの実現をサポートしてくれます。

あやせ

資金調達とか行政手続きは勤務薬剤師やってたら、一から勉強しなきゃで大変ですもんね!

他にも『独立支援制度のある薬局』の求人探してもらうことも可能です。

引用元:
引用元:

このように独立したい人が働きながら独立できるよう支援してくれる薬局を紹介してくれます。

ファルマスタッフ 無料で全てのサービスを受けることができるので、独立しようか悩んでいるなら相談してみてください。

②アイセイ薬局の独立支援制度を利用する

また、大手調剤チェーンのアイセイ薬局には、5年以上の社員にアイセイ薬局の店舗を譲る独立支援制度があります。

あやせ

アイセイ薬局の盤石な経営基盤を引き継いで独立できます。

アイセイ薬局の独立支援制度
引用元:アイセイ薬局ホームページ

5年目以上になると、アイセイ薬局の店舗を「自身の薬局」として譲り受ける制度があり、独立開業することも可能です。

アイセイ薬局の安定した営業基盤も承継できる上、独立に向けた行政手続きなどもサポートしてくれます。

また独立後も、経営分析ツールの提供、薬事情報の提供や研修など、さまざまな支援を通して店舗経営を応援してくれます。

あやせ

独立したいけど、資金や医師との人脈のない薬剤師はアイセイ薬局の独立制度の利用も考えてみてくださいね

まとめ

薬剤師が独立開業することは、リスクもありますが、大きなメリットがあります。

独立開業するメリット

  • 会社に縛られない自由な時間が手に入る
  • 経営のノウハウを習得できる
  • うまく行けば年収1000万円以上
  • 定年後も経営者として働ける

融資もありますが、まずは働いて給料を得ながら、独立開業に必要な知識を学ぶというリスクの低い方法だってあります。

資金も人脈もない人は会社員からいきなり経営者になるのではなく、まずはそういった独立支援制度を受けながら数年後に独立するという、着実な方法がおすすめです。

薬剤師なら独立開業支援を受ける方法は2つあります。

独立開業支援を受ける方法

  1. 人材支援サービスのの独立開業支援を受ける、独立支援制度のある薬局を紹介してもらう
  2. アイセイ薬局の独立開業支援を受ける

働きながら経営者の勉強をすれば、自分に向いているか、やれそうかもわかります。

将来経営者として働く自分を想像するとワクワクしませんか?

『将来は開業したいけど周りに聞ける人もいない…』と悩んでいるならまずは小さな行動をしてみましょう。

また、薬剤師の年収を上げる方法は、調剤薬局の経営だけはないんです。

こちらの【方法は3つある】薬剤師が年収1,000万円稼ぐための超具体的方法 も読んでみてくださいね。

タップできる目次
閉じる