MENU
薬剤師向け転職サイトのおすすめ

年収アップしたい薬剤師向け

【第1位】
リクルートグループのパイプで高収入な非公開求人を紹介可能。

【第2位】
採用の面談に同行して、給与交渉もしてくれる。転職が不安な人はここ!

【第3位】ファルマスタッフ
転職サポートが万全!履歴書と職務経歴書の見本とテンプレートまでくれる

テレワークで在宅勤務したい人向け

【第1位】
あなたの良い所を丁寧にヒアリングして推薦文を書いてくれます。

【第2位】
採用の面談に同行して、給与交渉もしてくれる。転職が不安な人はここ!

ノルマのない会社に転職したい向け

【第1位】
職場の内部事情に一番詳しいサイト。職場の裏情報まで調査してくれる。

【第2位】
採用の面談に同行して、給与交渉もしてくれる。転職が不安な人はここ!

薬剤師の昇給はどのくらい?将来の年収(給料)を計算する方法

『ドラッグストアの初任給で月30万以上!?給料が高いからここに就職(転職)しよう!』

と思っている薬剤師、薬学生の人がいたらちょっと待ってください!

その会社の昇給率を調べていますか?

初任給が高いからという理由で入社してしまい、その会社の昇給率が低いと、生涯年収で損をしてしまう場合があるんです。

あなたが損しないために、この記事では就職したい会社の将来の年収(給料)を予測する方法を解説します。

タップできる目次

初任給だけで決めちゃダメ!薬局やドラッグストアの薬剤師が将来の年収(給料)を予測する方法

会社の将来の年収(給料)を予測するためには以下の4つの項目を確認します。

  1. 採用情報を確認する
  2. 平均年収・平均勤続年数を確認する
  3. OB・OGに聞く
  4. 口コミサイト(OpenWork、キャリコネ)を確認する

薬剤師が将来の年収を予測する方法①:採用情報を確認する

薬剤師が将来の年収を予測する方法①:採用情報を確認する

まずは会社のホームページで『採用情報』の『募集要項』を確認しましょう。

今回は調剤大手・日本調剤さんを参考に分析させてもらいます。

【初任給】25万円〜31万円

【賞与】薬剤師職平均5.66ヶ月

【手当】全国勤務手当:月2万、家賃補助:最大月4万円、外部認定専門薬剤師手当:月5万、社内認定資格月5千〜1万

手当は月に固定額が支給されるので、年収の計算からは除外します。自分がもらえると予想される手当をあとから月額で足してみてください。

薬剤師が将来の年収を予測する方法②:平均年収・平均勤続年数を確認する

薬剤師が将来の年収を予測する方法②:平均年収・平均勤続年数を確認する

次に平均年収と平均勤続年数を確認します。

上場企業なら『有価証券報告書』や『会社四季報』に記載されています。

日本調剤の従業員平均年収

【平均年収】539万9千円

【平均勤続年数】6.49年

これである程度将来の年収を予測することができます。

1年目の年収

初任給25万×(12ヶ月+賞与5.66ヶ月)=441万5千円

つまり1年目が上の計算で年収441万5円となる人が、6.49年目で539万9千円になるとして計算すると、

昇級率の計算

と、1年あたりの昇給額を計算できます。

1年あたりの昇給額がわかれば数年後の給料が予想できます。

しかし給料は同じ割合で増えていくわけではありませんので、あくまでも参考としてください。(昇格、賞与の業績による支給率の変動などが考えられます)

次の『OB・OGに聞く』『口コミサイトを見る』方法も併せて、各年代のおおよその上限を確認して補完しましょう。

また先ほど紹介した、会社四季報は平均年収をすぐに確認できるので、企業研究には必須です。

薬剤師が将来の年収を予測する方法③:OB・OGに聞く

薬剤師が将来の年収を予測する方法③:OB・OGに聞く

薬学部や薬剤師であれば、大学や人脈をたどってOBやOGなど実際に勤務している人に聞くことができる場合があります。

聞き方としては、

第三者

御社に入社できたら、できる限り成果を出して役職も上げて行きたいと考えています。

その歳に、役職が一つ上がるとどの程度の昇給が可能なのか教えていただけないでしょうか?

など、仕事へのやる気をアピールしつつ聞けば悪い印象にはならないでしょう。

薬剤師は基本的に良い人が多く、後輩に対しては知っていることを親切に教えてくれると思います。

年収の話題は聞きづらいですが、生涯年収に関わる大事なことなので、失礼のない範囲で聞いておきましょう。

【関連記事】薬剤師は性格が真面目だけど変な人が多い?200人以上の薬剤師と接した経験から分析 – 転職レシピ

薬剤師が将来の年収を予測する方法④:口コミサイト(OpenWork、キャリコネ)を確認する

薬剤師が将来の年収を予測する方法④:口コミサイト(OpenWork、キャリコネ)を確認する

年収に関するリアルな情報が多いため、口コミサイトの情報も見ておきましょう。

  1. Open Work
  2. キャリコネ

OpenWorkとは

実際に働いた経験に基づく社員・元社員からの書き込みを見ることができます。

私は年齢別の推定年収や口コミ、特に退職検討理由については必ず確認します。

退職する理由はその企業の最も大きなデメリットである可能性が高いからです。

キャリコネとは

利用者のアンケートから収集した企業の年収・給与、口コミ・評判、転職・中途採用面接対策を基にした情報サイト。

私は口コミ・評判と世代別最高年収は必ずチェックします

退職を考えている人や退職済みの社員が多いので辛口ですが、OB・OGなど詳しい人に聞けなくてもかなり社風がわかります。

OB・OGの情報と合わせることで、就職したい会社の年収や社風がかなり理解できると思います。

まとめ

会社の将来の年収(給料)を予測するためには以下の4つの項目をできるだけ多くチェックしてみましょう。

  1. 採用情報を確認する
  2. 平均年収・平均勤続年数を確認する
  3. OB・OGに聞く
  4. 口コミサイト(OpenWork、キャリコネ)を確認する

事前にこれらのポイントをチェックすることで、就職してから『思ったより年収が上がらない!』という悲劇が防げます。

ぜひ活用してみてください。

タップできる目次
閉じる