転職レシピ

薬剤師のための転職情報サイト

薬剤師でもテレワークの求人がある!仕事を辞めずに子育てと両立する新しい働き方

薬剤師でもテレワークの求人がある!仕事を辞めずに子育てと両立する新しい働き方

『薬剤師でもテレワーク(在宅勤務)できる仕事ってあるのかな?』

 

『子育てと仕事の両立が大変すぎて仕事を辞めたい…』

 

子育て中は、育児と仕事の両立のあまりの大変さに仕事を時短にしたり、仕事をいったん辞めてパートか派遣薬剤師になる人が多いですよね。

 

薬剤師は『病院や薬局など出勤しないとできない仕事』が多いですが、コロナの影響もあり、薬剤師が完全にテレワークで仕事ができる求人が出てきています。

 

出勤しなくても仕事ができて、保育園のお迎えの時間だけ抜ければ時短をしなくても、パートになる必要もないですね。コロナの感染リスクも下がります。

 

この記事を読むと、育児中も正社員フルタイムの薬剤師としての働き方ができることと、求人の探し方が具体的にわかりますよ。

あやせ呆れ顔

パートや派遣より正社員の方が雇用が安定しますし、時短は給料が大きく下がるのでモチベーションが維持しづらいです

 

薬剤師のテレワーク求人の概要と条件

 

非公開求人なので詳細は公開できませんが、可能な範囲で書いていきます。(転職サイトに登録すると非公開求人は閲覧できます)

求人例1

 

【業務内容】薬局向けのシステム開発で、実際に調剤業務を経験し、薬学的な知識のある薬剤師にしかできない部分の業務を担当(※調剤の経験があればできる内容)

 

【雇用形態】正社員


【年間休日】120 日以上、週休二日制


【勤務時間】9:00~18:00(基本) ※フルフレックスのためAM5時〜PM22時の間で8時間勤務する時間を選択

 

【年収】400万以上(経験により上振れあり)

 

【その他】場所と時間にとらわれない働き方を整備社会保険完備、住宅手当なし、福利厚生あり

 

あやせ正面顔

ルフレックスなので保育園などの送迎も大丈夫。

通勤がないから、朝早く起きたり子供が寝てから家で仕事できるのはメリット大!

求人例2

【業務内容】オンライン診療で処方される薬の相談対応

 

【雇用形態】正社員


【年間休日】120 日以上、完全週休二日制


【勤務時間】シフト制 ①9:00~18:00 ①13:00~22:00

 

【年収】400万〜500万

 

【その他】昇給年2回社会保険完備、住宅手当なし、福利厚生あり

あやせ正面顔

13:00-22:00のシフトは平日休みの取れる夫や親の協力が必要ですね…

子供が小学校高学年以上、家の近くに職場がない、通勤が本当に無理の場合に検討価値ありかな。

オンライン服薬指導は今後加速する

オンライン服薬指導は今後加速する

2020年の診療報酬改定では、

 

・薬剤服用歴管理指導料 4 オンライン服薬指導(42 点)

 

・在宅患者訪問薬剤服用歴管理指導料 在宅患者オンライン服薬指導料(57 点)

 

が新設されました。

 

また令和2年4月10には、厚生労働省より、『薬局において電話や情報通信機器を用いた服薬指導を行って差し支えないこととする』通知が発出されました。

 オンライン服薬指導はコロナ収束後も、恒久化が検討されています。

 

 今後は、服薬指導はオンラインで、薬は大きな薬局で調剤したものを配送するという流れになることが予想されます。

 

そうなった時、調剤の仕事は減少してフルリモートでできる仕事も増えていきますが、その分競争も激しくなります

 

もし今、育児中で仕事と両立できないから、『正社員を辞めて、再就職でパートや派遣薬剤師になる』より、フルリモートの会社に転職するという選択肢もあります

 

オンラインで社員同志、患者さんとしっかりコミュニケーションをとる仕事ができるというのは、今後薬剤師のキャリアとして大きな武器になっていきます。

 

ずっと対面での仕事をしていた薬剤師より、確実に時代の流れに早く対応できます。

 

フルリモートの求人の探し方

フルリモートの求人の探し方

まずは薬剤師専門の転職サイトに登録しましょう。

 

そして求人を紹介してくれる転職エージェントの人から電話が来るので、希望条件を伝えて、希望の求人があったら紹介してもらうという方法が最も確実です。

 

しかしすぐに転職しなくても全然大丈夫です。

 

子供が保育園に行き渋ったり、病気が続いて欠勤が続くと仕事辞めようかな…とママ薬剤師なら一度は悩んだ経験があるはずです。

 

そういった悩みが続くと、次の仕事を探す気力がなくなり、

 

『いったん辞めてから、ゆっくり仕事を探そう』

 

と仕事を辞めてしまうことになります。

 

そして再就職しようとするときに『ブランクがあるけど不利にならないかな?』『システムとか変わって対応できないかも…』とどんどん腰が重くなっていきます。

 

そんな時、転職サイトを見て、薬剤師でも家でできる仕事の求人があるんだ!という選択肢があることを知っておくだけでも心の安定につながります。

 

転職サイト(エージェント)は全てのサービスが無料で利用できるので、どんな求人があるのかいつでも見られる状態にしておくという利用の仕方も可能です。

 

また、たくさんの転職サイトがありますが、

あやせ正面顔

まずはフルリモートなどの企業案件が得意な最大手、リクナビ薬剤師 マイナビ薬剤師 に登録するのがおすすめです

 

フルリモートの求人はまだ数が少ないので、半年くらいのスパンで良い求人があったら随時紹介してもらいましょう。

 

リクナビ薬剤師 高収入で転職したいならここは必須。運営会社のリクルートのパイプで好条件の求人、企業が多いです。転職エージェントの質が高く、薬剤師業界のことを本当によく理解して相談に乗ってくれます。

 

マイナビ薬剤師 求人数がダントツで多い。また全国に拠点があるので、キャリアカウンセリングや面談に同行してくれるなど、初めての転職で不安を感じる部分をもれなくフォローしてくれます。

 

登録は1分でできるので、休憩時間などにさくっとできます。

 

思い悩む時間があったら、まずは行動してみましょう!

 

あなたのことを応援しています。

 

リクナビ薬剤師とマイナビ薬剤師の詳しい解説が見たい方はこちら/

転職成功者が26項目を比較!リクナビ薬剤師とマイナビ薬剤師の特徴と違いとは - 転職レシピ

Copyright ©転職レシピ All rights reserved.