転職レシピ

薬剤師のための転職情報サイト

転職成功者が26項目を比較!リクナビ薬剤師とマイナビ薬剤師の特徴と違いとは

転職成功者が比較!リクナビ薬剤師とマイナビ薬剤師の評判と26項目の違い

薬剤師で転職がしたいなら、まずは転職サイトで自分の希望にピッタリの求人情報を探しますよね。

 

そんな時には国内最大級の薬剤師専門の転職サイト、リクナビ薬剤師 マイナビ薬剤師 が候補に上がると思います。

あやせ正面顔

薬剤師の転職ではどっちのサイトを使ったらいいのか、実際に調剤併設型ドラッグストアから製薬企業へ転職した薬剤師の私が解説します。

 

リクナビ薬剤師とマイナビ薬剤師の違い26項目を比較

 

 分かりやすく表にしてみました。赤文字が優れているところです。

求人数に関する項目

 

リクナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

総求人数(件)

41756

60776

調剤薬局(件)

30731

34602

ドラッグストア(件)

10151

8910

病院・クリニック(件)

2406

2974

企業(件)

203

5993

漢方薬局(件)

132

検索項目なし

500万以上の求人(件)

29068

9382

求人提案数

平均5件以上

平均18件


※公式ホームページより(2021年3月時点)

※総求人数は都道府県ごとのデータを合算

 

マイナビ薬剤師 がダントツで多いです。

 

細かく業種別で見てみると、調剤薬局や病院、企業はマイナビ薬剤師 が多く、ドラッグストア、500万以上の高年収な求人はリクナビ薬剤師 が多いことがわかります。

 

漢方薬局はマイナビ薬剤師 は検索項目にないだけで、求人がないということではありません。でもこういった検索項目にあると便利ですね。

 

求人提案数については平均なのでどちらも良い求人があれば送ってくれます。私はリクナビ薬剤師 のエージェントに1回で20件も提案してもらったことがあります。

 

また、リクナビ薬剤師 非公開求人が全求人の75%を占めます

 

非公開求人とはインターネットに掲載されていない非公開の求人のこと。

 

人気のある好条件の求人が多く、転職エージェントが企業の求めるスキルにマッチした転職希望者を企業に紹介する

 

 リクナビ薬剤師 は就職・転職などの人材紹介サービスの大手なので、好条件の求人を企業から獲得することができます。

 

雇用形態別

 

リクナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

正社員

アルバイト・パート

契約社員

×

業務委託その他

×

 

リクナビ薬剤師 では正社員とアルバイト・パートの求人のみ取り扱っています。マイナビ薬剤師 では契約社員とその他の扱いもあります。

 

しかし2つとも派遣の求人はありません。

 

派遣の求人を探している場合は、派遣の求人が豊富なファルマスタッフ がおすすめです。製薬企業にも強いです。

 

\登録やサービスは全て無料です/

ファルマスタッフへ登録する

転職支援サービスの比較

 

リクナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

直接面談できる場所

4箇所

15箇所

キャリアカウンセリング

企業の職種別検索

×

8項目

処方箋科目検索

○(27科目)

×

希望条件検索数

10項目

21項目

履歴書作成サポート

職務経歴書サポート

面談対策サポート

面談日程調整

面談同行

×

給与交渉

入社後フォロー

いつでも相談

転職前のキャリアカウンセリング(希望条件の聞き取りやあなたの強みなどを整理してくれる)や履歴書、職務経歴書の作成サポートなど基本的なサポートはどちらも充実しています。

 

初めての転職が不安、対面で話を聞いてみたいし、面談同行のサービスも希望する場合はマイナビ薬剤師 がおすすめです。

リクナビ薬剤師の特徴と登録すべき人

リクナビ薬剤師に登録すべき人先ほどの結果との特徴から、リクナビ薬剤師 に登録すべき人は、以下の通りです。

  1. 500万以上の高収入で転職したい
  2. ドラッグストアに転職したい
  3. スピーディーに転職したい(最短3日も可能)
  4. 好条件が多い未公開求人が知りたい

こういった希望のある人は、リクナビ薬剤師 に登録しておきましょう。

 

\登録やサービスは全て無料です/

登録はこちら

マイナビ薬剤師の特徴と登録すべき人

マイナビ薬剤師に登録すべき人先ほどの結果とマイナビ薬剤師 の特徴から、以下のような人はマイナビ薬剤師 がおすすめです。

  1. たくさんの求人が見たい(総求人数が多い方がいい)
  2. 調剤薬局に転職したい
  3. 病院・クリニックに転職したい
  4. 企業に転職したい(企業の職種別に検索したい)
  5. キャリアアドバイザーと直接面談で話がしたい
  6. 面談に同行してほしい 

 

マイナビ薬剤師 は「会う」ことを大事にしており、対面できちんと話を聞いてくれたり、面談同行もして欲しい人にはピッタリです。

 

\登録やサービスは全て無料です/

登録はこちら

転職成功者が思う、転職を成功させるコツ

転職成功者が思う、転職を成功させるコツ

リクナビ薬剤師 マイナビ薬剤師 の違いについて見ると、求人数の多いマイナビ薬剤師 だけでも十分かなという気がしませんか?

 

実際に自分が利用してみても、2つとも求人数は十分ですし、キャリアカウンセラーの方も丁寧に対応してくれます。

 

しかし自分が転職活動をしてみて、転職を成功させるために一番大事だったと思うのは求人数の多さではなく、

 

良い求人が出た時に、それを知っているかどうか

 

つまり、タイミングなんです。

 

求人数が一番多いサイトだけに登録しても、それ以外のサイトで自分の希望通りの求人が出る場合があるんです。それを知らなかったら理想通りの転職ができないですよね。

 

 リクナビ薬剤師 マイナビ薬剤師 より求人数は少ないですが、就職・転職で培ったきた縁で、大手企業とのコネクションが強く、高収入な求人が多いです。

「就職活動で転職サイト・エージェントはいくつ登録しましたか?」というアンケート結果によると、登録した転職サイト・エージェントの社数は、「2社」という回答がもっとも多く、33.1%を占めています。「3社」は26.1%。「4社」「5社」の回答もありますが、6社以上はありませんでした。

「1社」と答えた人は全体の26.6%にとどまり、転職経験者の多くが転職エージェントを複数利用していることがわかります。平均の登録社数は、2.3社という結果でした。

引用:リクルートエージェント

 

転職は情報戦なので、求人数の多さで決めずに、いくつか転職サイトに登録し多くの求人の情報を集めることが成功するためのコツなのです。

 

あやせ正面顔

転職サイトは全てのサービスが無料で利用できます。

条件の良い求人を見逃さないためにも2〜3社登録しましょう。

薬剤師専門の大手転職サイト4選

 

リクナビ薬剤師 高収入で転職したいならここは必須。リクルートのパイプで好条件の求人が多いです。

 

マイナビ薬剤師  ※求人数がダントツで多い。特に調剤薬局、病院、クリニックに転職したい人は登録必須です。

 

ファルマスタッフ ※キャリアコンサルタントが必ず直接訪問して情報収集してくれるので、求人情報が非常に濃いです。企業求人も強い。調剤大手の日本調剤グループが運営。

 

薬キャリ 薬剤師登録者数が一番多いサイトで利用満足度は95%。エムスリーグループが運営。

 

良い求人に出会えますように!

Copyright ©転職レシピ All rights reserved.