薬剤師1年目で転職はやばい?転職のリスクや成功のポイントを完全解説

薬剤師1年目で転職はやばい?転職のリスクや成功のポイントを完全解説

薬剤師1年目の新人でも、職場環境の悪さや、入社前とのギャップなどの理由で転職を考える人は少なくありません。

とはいえ、1年目で転職して大丈夫なのか?と不安に思う人もいますよね。

結論からいうと、薬剤師業界は転職者が多く、国家資格もあるため1年目で転職しても大丈夫です。

ですが入社1年での早すぎる転職にはリスクもあるため、1年目で転職するリスクも知った上で、後悔しないようしっかり情報を集めて行動することが大切です。

この記事を読んで、薬剤師1年目のリスクや転職を成功させるポイントをしっかり確認しておきましょう。

転職するか迷っている人、自分だけで転職できるか不安な人は、薬剤師転職サイトのキャリアアドバイザーに無料で相談できます

転職が必要ない場合は「まだ様子見しましょう」など、あなたに合ったアドバイスをしてくれるので、まずは悩んでいることを気軽に相談してみましょう。

タップできる目次

薬剤師1年目で転職しても大丈夫な4つの理由

薬剤師1年目で転職しても大丈夫な4つの理由

一般的に「入社から3年までは辞めないほうがいい」と言われますが、薬剤師は業務独占資格であり、1年目で転職しても大きな問題はありません。

業務独占資格とは、特定の業務に際して、特定の資格を取得しているもののみが従事可能であり、資格がなければその業務を行うことが禁止されている資格のことです。

引用元:北多摩薬剤師会

ここでは薬剤師1年目の新人薬剤師が転職しても大丈夫な4つの理由についても説明します。

  1. 薬剤師の転職者は多い
  2. 第二新卒として採用される
  3. 昇給や退職金への影響が少ない
  4. 早いうちにキャリアビジョンが明確になる

一つづつ見ていきましょう。

①薬剤師の転職者は多い

薬剤師は転職者が多いので、何年目の転職者であろうと、誰も気にしません。

薬剤師を含む「医療,福祉」の転職者の割合は4番目に多いんです。(9.3%)

順位業種転職者の割合
1位サービス業11.1%
2位宿泊業,飲食サービス業10.0%
3位不動産業,物品賃貸業9. 9%
4位医療,福祉9.3%
引用元:令和2年転職者実態調査の概況|厚生労働省
あやせ

薬剤師の約10%は転職歴があるということです

調剤薬局やドラッグストアでは珍しくなく、中途採用が多い業界です。

薬剤師1年目の転職者も、特に珍しい存在ではありません。(世間話で転職理由を聞かれるくらい)

②第二新卒として採用される

薬剤師1年目で転職しても大丈夫な4つの理由として第二新卒として採用されることがある

薬剤師1年目の転職者は第二新卒として採用してもらえます。

第二新卒とは、卒業後3年未満で転職または就職する25歳前後の人

第二新卒はまだ企業の色に染まっておらず、長く働きたくさんのことを吸収できるので、若手を採用したい会社にはありがたい人材です。

また、薬剤師業界ではよくあることですが、新卒採用した人が、国試不合格で欠員が出ている薬局・病院も数多くあり、すぐ働ける第二新卒者は重宝されます。

また、未経験の職場でも第二新卒なら採用される可能性が高いです。

未経験の職種は30代になると採用されづらいですが、第二新卒ならチャレンジできるのです。

③昇給や退職金への影響が少ない

薬剤師1年目で転職しても大丈夫な4つの理由として昇給や退職金への影響が少ないことがある

薬剤師1年目の転職なので、転職しても同年代の同僚と昇給や退職金に大きな差が出ません。

昇給、昇格のタイミングにも差が出にくく、業務内容にも大きな差が出ないため、転職後の会社でも同僚から後れを取ることも少ないです。

④早いうちにキャリアビジョンが明確になる

薬剤師1年目の転職を経験することによって、早いうちにキャリアビジョンが明確になります。

薬剤師1年目で転職しても大丈夫な4つの理由として、早いうちにキャリアビジョンが明確になるということがある
  • 将来どんなキャリアを歩みたいのか
  • 薬剤師として何がしたいのか
  • 自分に向いている働き方・職種・会社

これらのキャリアビジョンが明確になることで、早い段階で人生の軌道修正もできます

40代後半や定年間際になって、『あの仕事のほうが向いていたかな』『あの会社に就職すればよかったかな』など後悔しても取り返しがつきません。

口コミ

20代女性

1年目で辞めて良かったと感じており、薬剤師として働くことに疑問を元々感じていたため、それを確かめる機会を得られたことは自分のキャリアを形成していく中で大変大きな経験であった。

今の仕事の内容や働き方に大変満足している。

薬剤師1年目の転職はまだまだチャンスが多いため、自分で決めて納得したキャリアを掴み取っていくことができるのです。

以上のように、薬剤師1年目の転職はリスクもありますが、それ以上に得られる経験や転職先の心配も少ないため、転職しても大丈夫です。

あやせ

まずはどんな求人があるのか、国内最大級の約5万件の薬剤師求人があるで見てみましょう

薬剤師1年目の新卒薬剤師でも応募可能な求人も2万件以上あります。

引用元:マイナビ薬剤師

あなたの希望条件で応募可能な求人をこの他にもたくさん紹介してくれます。

すぐに転職しなくてもまずは求人を見せてもらうだけでもOKですので、気軽に登録してみましょう。

\無料登録後もお金は一切かかりません/

薬剤師の転職方法もまとめているので、「転職したいけど何をすればいいのかわからない」人は見てみてくださいね。

薬剤師1年目の転職で知っておくべき5つのリスク

薬剤師1年目の転職で知っておくべき5つのリスク

薬剤師1年目で転職しても大丈夫ですが、早すぎる転職にはリスクもあります。

ここでは薬剤師が1年目で転職するリスクについて知っておきましょう。

  1. 1年未満の短い職歴が、一生履歴書に残る
  2. 転職理由に納得感がないとマイナスな印象を持たれる
  3. すぐ辞めないか?と思われる
  4. 辞め癖がつく
  5. 年収は上がらない
あやせ

リスクはありますが、それに対する対処法もあるので安心してください

①1年未満の短い職歴が、一生履歴書に残る

薬剤師1年目の転職で知っておくべき5つのリスクに、1年未満の短い職歴が、一生履歴書に残るということがある

薬剤師1年目で辞める一番大きなデメリットは、1年未満の短い職歴が一生履歴書に残ることです。

『●ヶ月以上の職歴は必ず記載する』といった法的な決まりはありませんが、記載しないと空白期間ができます。

薬剤師の就職率は97%(2018年3月)で、ほとんどの薬剤師が卒業後すぐに就職できるのに、空白期間があるのは不思議がられます。

よって履歴書を見た人に、納得できる転職理由を説明できないと悪い印象を持たれる可能性があります。

②納得できる転職理由がないとマイナスな印象をもたれる

先程も言ったとおり、薬剤師1年未満の転職者は、納得できる転職理由がないとマイナスな印象を持たれます。

  • 忍耐力のない人か?
  • なにか問題のある人か?

これらのマイナスな印象を払拭するためには、納得感のある転職理由を説明しなければなりません。

例えば、

実際に働いてみて、高齢者の悩みに寄り添い、地域に必要とされている在宅医療に関わりたいと思ったが、現職ではできないため。

調剤業務をしていて、外来がん治療認定薬剤師を目指したいと考えるようになったが、現職では外来がん治療のサポート実績が少なく、症例数も少なかったので、より専門的に経験を積みたいと思い転職を考えた。

といった採用担当者が『すぐに仕事を投げ出す問題のある人ではなく、前向きな理由の転職なんだな』と納得する理由です。

ステップアップややりたいことなどの前向きな転職理由が説明できれば、ほとんど問題なく採用されるでしょう。

誰が見ても納得する転職理由を書くためには、のキャリアアドバイザーに添削してもらうことがおすすめです。

転職理由を書く必要のある履歴書などの応募書類をプロの目線で一緒に作成してくれますので、自分で書ける自信のない人は、無料相談してみましょう。

薬剤師の転職理由の作り方と例文も見てみてくださいね。

関連 【例文あり】薬剤師の転職理由は?面接に合格する回答例とポイントも解説

③すぐ辞めないか?と思われる

薬剤師1年目の転職者は、「採用してもすぐに辞めないか?」と思われます。

薬剤師1年目の転職で知っておくべき5つのリスクに、すぐ辞めないかと思われることがある

病院や会社は多大な費用と手間をかけて新人教育を行うので、採用担当者はできればなるべく長く働いてほしいと思っています。

対処法としては、転職理由に『この職場なら自分のやりたいことができるから続けられる』というアピールをしっかり入れておくことが大事です。

④辞め癖がつく

薬剤師は国家資格だからいつでも転職できると思い、すぐに辞める『辞め癖』がつくと危険です。

薬剤師といえど転職回数が3回、4回と増えていくにつれ、「我慢が足りない人なのかな」「採用してもまたやめてしまうのでは」というように思われていきます。

転職を繰り返すと不利になるので、辞め癖がつかないよう、転職先をしっかりと見極めて転職しましょう

⑤年収は上がらない

薬剤師1年目で辞めることのリスクに年収は上がらないことがある

薬剤師1年目の転職ですと、残念ながら年収アップはほとんど期待できません。

実際に1年目では十分な経験はなく、即戦力としては乏しいため、『年収は新卒と変わらない』と考えていた方が良いでしょう。

最悪、年収が下がる場合もありますので、薬剤師転職サイトに登録して、キャリアアドバイザーに年収交渉をお願いするのがおすすめです。

あやせ

のキャリアアドバイザーは転職のプロなので、年収が下がらないよう交渉してくれるので、心強いですよ!

以上5つのリスクはありますが、このリスクをきちんと認識し、しっかりと転職に備えて対策をすれば、薬剤師1年目で転職しても大丈夫です。

薬剤師1年目の転職活動は自分だけだと落ちてしまったり給料が下がることもあるので、しっかりと転職のプロに無料の転職サポートをお願いしておきましょう。

1年目で辞めたいと思った先輩薬剤師の60%は転職していた

では1年目で辞めるか迷った先輩薬剤師達は、転職したかどうかも聞いてみました。

あやせ

同じように悩んだ先輩薬剤師の意見も参考になりますよね

アンケート調査の結果、15人中9人(60%)が転職を選んでいました。

先輩薬剤師に聞いた!1年目で辞めたい時、転職したかどうかのアンケート調査

調査対象:薬剤師1年目で辞めたいと思った薬剤師
調査手法:直接聞き取り、クラウドワークス
回答数:15人
調査期間:2022年9月1日~9月15日

薬剤師1年目で転職した先輩と、転職しなかった先輩が今どう思っているか、口コミを見てみましょう。

薬剤師1年目で転職した先輩の口コミ

年収が上がらなかったり、精神的につらい状況だったため転職したという先輩の口コミです。

結果的に年収、人間関係の改善、スキルアップもできて転職して良かったという声が多かったです。

薬剤師1年目でも、待遇が改善されない、人間関係が悪いのに異動などで対応してもらえない場合は転職するのも選択肢の一つです。

\口コミは横にスクロールできます/

スクロールできます
口コミ

20代女性

1年目上司の強い叱責に合う。年配の上司のため全く逆らえず。同僚が次々辞めていく原因がわかる。この先も継続して続ければ完全に精神的にノックアウトされていたと思う。結局辞めて、年収も上がったし、多数店舗のある薬局に転職できたのでスキルも上がった。転職は繰り返してはいけないと言われるが、自分がノックアウトされたら最後なので早めの決断をお勧めします。

口コミ

20代女性

1年目の時、単純作業で調剤業務が多く、1日の処方箋枚数も200枚を超えることが多い中、局内にいる薬剤師さんの数が明らか足りていない(常駐2名のみ)こともあったため、多忙過ぎて薬剤師としては働けないと感じた。今もあの時辞めてよかったと思う。

口コミ

20代男性 

辞めた選択は正しかったと思います。別にその上司に気に入られなくても、転職先の会社で年収も上がり、職場の人間関係にも恵まれたからです。

薬剤師1年目で転職しなかった先輩の口コミ

一方、残業が多かったり人間関係に悩んでも、転職しなかった先輩の口コミです。

仕事自体に不満がなければ、我慢して続けることで仕事の効率が上がったり、嫌な人と異動で離れられたので辞めなくてよかったという意見がありました。

\口コミは横にスクロールできます/

スクロールできます
口コミ

20代女性

調剤以外の係の仕事で残業が多く、体力的に業務に負担を感じたが、仕事自体はやりがいを感じていたので続けました。早い段階でやめずに勉強し続け、同じ職場で働き続けたことで、グンと成長できたと思っているので、あの時辞めなくてよかったと思っています。

口コミ

20代女性

1年目の店舗がお局の事務がいるところで毎日聞こえるように悪口を言われる、無視をされる等の嫌がらせを受けました。その方が以前から色々な人をいじめて異動や退職に追い込んでいたことから1年程度で異動を組んでいただけたため離れることが出来ました。仕事自体に不満はなかったので辞めずに済んで良かったです。

口コミ

20代男性 

上司が嫌で身も心もボロボロになって4ヶ月後に異動させてもらいました。もっと早くから異動したいと相談しておけば良かったと思った。身体や心にダメージを負ってまで働くのは良くないと思った。仕事は生きてくのに必要なことではあるが無理してまでやる必要はない。ワークライフバランスをしっかり気をつけることが働く上で重要だと思う。

あやせ

仕事や待遇に不満がなければ、しんどいですが続けて状況が改善されるのもを待つ、というのも選択肢の一つです

これら先輩薬剤師の意見も参考に、次の章では薬剤師1年目で転職するかの判断基準をまとめます。

薬剤師1年目で転職するかの判断基準

薬剤師1年目で転職するかの判断基準

1年目で転職するリスクや先輩薬剤師の意見も交えて、薬剤師1年目で転職するかの判断基準をまとめました。

薬剤師1年目で転職するか迷ったら、以下のどちらに当てはまるか見てみてください。

転職も考えるべき
現職を続けるべき
  • 精神的・身体的に限界
  • 上司に相談しても改善されない
  • 人間関係が悪すぎて耐えられない
  • 他にやりたい仕事が見つかった
  • 昇給など、会社の制度に納得できない
  • 家庭の事情
  • 仕事自体に不満がない
  • 仕事に慣れれば状況が改善しそう
  • 嫌な人がいるが、異動が待てる
  • 上司に相談すれば解決できるかも

心身共に限界、上司に相談しても改善されない場合は転職も考えるべきです。

また、他にやりたい仕事や行きたい会社が見つかった場合は、軌道修正が可能な若いうちにチャレンジしたほうが良いでしょう。

逆に現職を続けるべきなのは、今の仕事や待遇に不満がなく、異動や経験を積むことで改善できる見込みがあるケースです。

あやせ

自分だけで判断できなくて、転職のプロの意見も聞いてみたい場合のキャリアアドバイザーに相談してみましょう

転職サイトに登録して、実際にどんな求人があるのか、薬剤師業界の動きなどを聞いてみると良いでしょう。

転職サイトのキャリアアドバイザーさんは、多くの事例を扱っているため、同じような悩みの人の事例なども教えてくれます。

また、今は転職すべきでないと思ったらきちんと止めてくれますし、あなたの市場価値を客観的に教えてくれます

転職サイトは転職しなくても相談だけでもできるので、気軽に相談してみましょう。

あやせ

自分にはなかった視点でのアドバイスをしてくれますよ

今の仕事の条件をほかの職場と比較してもらえたり、好条件の求人が出るとすぐに教えてもらうこともできるので、まずは気軽に登録してみましょう。

あやせ

は1分で登録でき、都合の良い時間に電話で相談に乗ってくれますよ

\無料登録後もお金は一切かかりません/

薬剤師1年目の転職を成功させる5つのポイント

薬剤師1年目の転職を成功させる5つのポイント

ここからは、「自分には転職が良い」と思った人に向けて、薬剤師1年目の転職を成功させる5つのポイントを解説します。

あやせ

私も初めての転職活動では失敗も多かったですが、その時の経験から成功させるポイントもわかったのでお伝えします!

転職は情報が命なので、「準備をしっかり行う」「転職のプロに相談してアドバイスをもらう」ことが大事です。

それでは薬剤師1年目の転職を成功させる5つのポイントをみてみましょう。

  1. ブランクを開けない
  2. 納得履歴書、経歴書を作り込む
  3. 第二新卒歓迎の求人を見つける
  4. 年収ダウンを避ける
  5. 雇用条件、職場環境、人間関係を転職サイトにしっかり調査してもらう

①ブランクを開けない

現職から転職までのブランクが空くと、転職には不利なので、転職先を見つけてから現職を辞めることが大切です。

現職を辞めてしまうと収入もなくなり、金銭的に苦しい状況で転職活動することになります。

現職を続けながら転職先を探せば、焦ってブラックな職場に就職してしまうなどの失敗が防げます。

まずは薬剤師転職サイトを利用して、通勤や休憩時間にスマホで求人情報をチェックしてみましょう。

あやせ

なら国内最大級の薬剤師求人があり、登録者だけにしか見られない好条件の非公開求人まで紹介してくれます

良い求人がでたらすぐに教えてくれるので、ブランクを開けずに転職先を見つけるために、に登録しておきましょう。

②履歴書、職務経歴書を作り込む

薬剤師1年目の転職を成功させる5つのポイントとして面接官が納得する転職理由を伝える

1年目の転職者は、納得できる転職理由がないとマイナスな印象を持たれるため、採用担当者が納得する履歴書、職務経歴書を作りましょう。

社会人経験は短いですが、その中でも何らかの「経験」「実績」はあると思いますので、しっかりアピールしましょう。

具体的には、以下のようなポイントを意識してみてください。

あやせ

このようなポイントを入れることで、あなたの人柄や価値観、仕事への意欲などをアピールできます

仕事で自分なりに工夫したこと

「患者さんの年代に合わせた言葉を使って、理解しやすい服薬指導を心がけた」「次の薬剤師に正確に伝わるような薬歴の書き方を工夫した」など、小さなことでも良いので仕事で工夫したこと

トラブルや困難を乗り越えた経験

「クレームを受けた相手と納得行くまで話した結果、常連さんになってくれた」など、トラブルや困難に向き合って解決した経験

仕事を通じて得たもの

コミュニケーション力、チームワークなど短い間でも仕事を通じて得たスキルなど

履歴書や職務経歴書ができたら、転職のプロに添削してもらうことも大切です。

転職サイトに登録することで、応募書類の内容が内定しやすいものに仕上がっているかきちんと添削してくれます

さらに面接の練習も電話やZOOMでしてくれるため、実際に応えづらい質問をされたときの対策や、自分の面接時のアピールの方法、といったことまで丁寧に教えてくれます。

あやせ

仕事が終わったあとにお家で面接練習できるので、仕事にも支障なく対策できますよ

のキャリアアドバイザーに応募書類の添削や面接の練習までしてもらえば準備は万全です。

関連 【例文あり】薬剤師の転職理由は?面接に合格する回答例とポイントも解説

関連 薬局の面接に落ちた理由は?8つの原因と合格するための対策方法まとめ

③第二新卒歓迎の求人を見つける

第二新卒歓迎、新卒応募可能」と書いてある求人は、新卒薬剤師も積極的に採用したがっているため、このような求人に応募すると採用されやすいです。

引用元:マイナビ薬剤師

第二新卒歓迎の求人は新卒薬剤師の研修制度や受け入れ体制などもしっかりしているため、おすすめです。

このように薬剤師1年目の転職にも理解があり、喜んで受け入れてくれる職場もならチェックするだけで簡単に探せますので、どんな求人があるか見てみましょう。

④年収ダウンを避ける

薬剤師1年目の転職を成功させる5つのポイントとして年収ダウンは避けるべき

薬剤師1年目の転職は今より年収が下がらないようにしっかり交渉すべきです。

自分では給料のことを言い出しづらい人は、の経験豊富なキャリアアドバイザーに頼んで、しっかり給与交渉してもらいましょう。

口コミ

年収350万→450万円になった|30代女性
調剤薬局→調剤薬局

希望年収など伝えにくいことに関しては転職サイトの担当者から伝えてもらった。

その結果、元々の提示された年収を引き上げることができた。

のキャリアアドバイザーは転職のプロなので、「相場より低い年収」も把握していて、あなたの年収がダウンしないようにしっかり年収交渉をしてくれますよ。

⑤雇用条件、職場環境、人間関係を転職サイトにしっかり調査してもらう

薬剤師1年目の転職を成功させるためには、雇用条件、職場環境、人間関係を転職サイトにしっかり調査してもらう

何度も転職を繰り返すのはよくないので、今回は失敗しないように万全を期しましょう。

  • 雇用条件
  • 職場環境(残業時間や有給取得状況など)
  • 人間関係

転職失敗を防ぐためには、転職先のあらゆる情報を事前に知ることが大事です。

転職サイトは採用担当者だけでなく、現場のスタッフにも聞き取りし、内部情報を教えてくれます

また、実際に職場見学で店舗の雰囲気を見ることや、転職先の離職率なども調べてくれるため、万全を期した転職をすることができます。

職場見学できない職場でも、キャリアアドバイザーが内部事情の調査をしてくれます

あやせ

実際にキャリアアドバイザーの方が感じたことなども率直に教えてくれるため、自分に合った転職先を見つけることができますよ

口コミ

事前にオーナーや職場の人間関係を調べてくれた|30代 女性

面接前に「オーナーの方は少し愛想がありませんが、仕事熱心で従業員の家庭との両立に理解があり、従業員たちものびのび働いています。」とマイナビ薬剤師の担当者の方に言われていました。

実際面接時にムッとされているのかな?といった表情をしていたのですが、事前に聞いているのといないのでは心構えも違いました。

オーナーは愛想はありませんが、中身はすごくまじめで従業員思いの方で、現在も良い環境で働かせてもらっています。


これら5つのポイントを抑えることで、薬剤師1年目での転職を成功させる確率は大きく上がります。

転職が初めてでも安心して良い職場を探すために、まずは転職のプロに無料相談してみましょう。

薬剤師1年目の転職におすすめの転職サイト3選

薬剤師1年目の転職におすすめの転職サイト3選

最後に、薬剤師1年目の転職におすすめの薬剤師転職サイトを3つ紹介します。

転職サイトは持っている求人が違うので、できれば2つ以上登録しておきましょう。

あやせ

一番のおすすめは国内最大の薬剤師求人を持ち、人間関係などを現場のスタッフまで徹底リサーチしてくれるです

  1. 内部事情を現場のスタッフまで徹底リサーチ:マイナビ薬剤師
  2. できる限り訪問し、人間関係を確認:ファルマスタッフ
  3. 一番はやく転職できる:薬キャリ

①内部事情をを現場のスタッフまで徹底リサーチ:マイナビ薬剤師

【公式サイト】

は大手人材会社のマイナビが運営する、薬剤師専門の転職サイトです。

あやせ

就活で利用した人も多いですよね

は大手の中でも、最大級の求人数で、高収入で条件の良い非公開求人も豊富。

あやせ

非公開求人は、登録した人だけに紹介してくれるんです

さらに、は採用担当者だけでなく、現場のスタッフからも情報収集を行っているため、職場の雰囲気や人間関係についても、詳しくリサーチしてくれるんです。

また、1年目の転職では『また転職しないかな?』とネガティブな印象を持たれますが、の担当者は、ポジティブな転職理由も一緒に考えてくれます。

  • 勉強したい診療科目がある
  • 前職での経験を元に、ステップアップしたい
  • 在宅医療に興味があるので、実施している店舗で働きたい

このように、薬剤師1年目の転職理由も、嘘ではなくポジティブに伝える方法を考えてくれます。

その他、応募書類の添削や面接の練習など、転職に必要なすべてのサービスもすべて揃っているので、安心しておまかせできます。

面談できる拠点も国内最大級の15箇所あるので、地方での転職活動にもおすすめです。

\実際の体験談も見てみてください/

②できる限り訪問し、職場環境を確認:ファルマスタッフ

薬剤師転職サイトのおすすめ2つ目は、高収入求人が豊富なファルマスタッフ

【公式サイト】

は日本調剤グループの株式会社メディカルリソースが運営し、21年以上も薬剤師の転職支援を行っている実績のある転職サイトです。

特に調剤薬局への転職に強く、正社員・派遣・パートの求人を紹介可能。

人間関係や職場の状況もできる限り現地に訪問して確認してくれます。

派遣も紹介可能なので、『まずは派遣で働いて、社内の雰囲気や人間関係を調べる』という方法も可能です。

面接に同行してくれたり、丁寧な転職サポートをしてくれるので、派遣も考えている人はがイチオシです。

\使った人の評判も見てみてください/

③一番早く転職できる:薬キャリ

【公式サイト】

は日本最大級の医療従事者専用サイトをもつエムスリーが運営し、調剤薬局や病院に特に強いつながりをもつ転職サイトです。

あやせ

薬剤師登録者数が1番多いので、ものすごい量の職場の口コミをもっている転職サイトです!

人間関係や職場環境についても膨大なデーターから口コミなどを調べてくれます。

すべてオンラインで対応してくれるため、最短3日で転職でき、早く転職したい人はが一番おすすめです。

\使った人の評判も見てみてください/

薬剤師1年目の転職のリスクや成功のポイントまとめ

薬剤師業界は転職者が多く、国家資格もあるため1年目で転職しても大丈夫です。

ですが入社1年での早すぎる転職にはリスクもあるので、きちんと確認しておきましょう。

  1. 1年未満の短い職歴が、一生履歴書に残る
  2. 転職理由に納得感がないと採用されづらい
  3. すぐ辞めないか?と思われる
  4. 辞め癖がつく
  5. 年収は上がらない

また、薬剤師1年目の転職を成功させる5つのポイントをまとめます。

  1. ブランクを開けない
  2. 納得履歴書、経歴書を作り込む
  3. 第二新卒歓迎の求人を見つける
  4. 年収ダウンを避ける
  5. 雇用条件、職場環境、人間関係を転職サイトにしっかり調査してもらう

薬剤師1年目の転職は不安が多いですが、しっかり準備して望めば大丈夫です。

あやせ

まずは転職に必要な情報をすべて教えてくれるに登録してみるところから初めてみましょう

どんな求人があるか見てみるだけでも大丈夫ですよ。

\無料登録後もお金は一切かかりません/

薬剤師の転職方法もまとめているので、「転職って何をすればいいのかわからない」人は見てみてくださいね。

  • URLをコピーしました!
タップできる目次