薬剤師3年目の転職にリスクはある?注意点と転職を成功させる6つのコツ

薬剤師3年目の転職にリスクはある?注意点と転職を成功させる6つのコツ

薬剤師3年目になると、職場や業界のことにも詳しくなり、転職を考える人も多くなります。

また薬剤師3年目の年収はおよそ420~450万円なので、若いうちにもっと年収が高い職場へ転職したい人も増えます。

実際に、薬剤師3年目の転職にリスクはほとんどありません。むしろ、3年目での転職は今後のキャリアにおいて非常に大きなチャンスです。

ただ、薬剤師3年目の転職には注意点もあるため、この記事をしっかり読んで、転職を成功させるための6つのコツを知っておきましょう。

転職するか迷っている人、自分だけで転職できるか不安な人は、薬剤師転職サイトのキャリアアドバイザーに無料で相談できます

転職が必要ない場合は「まだ様子見しましょう」など、あなたに合ったアドバイスをしてくれるので、まずは悩んでいることを気軽に相談してみましょう。

\無料登録後も一切お金はかかりません/

タップできる目次

薬剤師3年目の転職にリスクはほとんどない

薬剤師3年目の転職にリスクはほとんどない

結論から言うと、1年目2年目の薬剤師と違い、3年目薬剤師の転職にリスクはほとんどありません

その理由は主に以下の5つです。

  1. 薬剤師3年目の転職者は多い
  2. 即戦力としても魅力的
  3. ポテンシャルが期待できる
  4. 第二新卒として扱われる
  5. 年収アップも可能

一つづつ見ていきましょう。

①薬剤師3年目の転職者は多い

引用元:薬キャリ

3年目で転職をする薬剤師は多く、10年目、2年目の薬剤師についで3番目に多いです。

企業の採用担当側から見ても、3年同じ職場で勤めた転職者には悪い印象を抱きません。

日本では「石の上にも3年」ということわざもあるように、3年同じ職場で働き続ける忍耐力があると証明でき、「転職を繰り返すかも…」とは思われません。

薬剤師3年目での転職は、キャリアチェレンジするには最適な時期なのです。

②即戦力としても魅力的

薬剤師3年目は即戦力としても魅力的

3年目の薬剤師は即戦力として採用できるため、企業にとって魅力的な人材です。

同じ職場で3年も務めたので、基本的な調剤業務、患者さん対応、マナー・接遇など薬剤師や社会人として必要な技術は習得できています。

新人薬剤師とは違い、1から教育する必要もないので、企業側にはとてもありがたい存在です。

③ポテンシャルが期待できる

3年目薬剤師はポテンシャルに期待できる

3年目の薬剤師はまだ若く吸収力も高いため、ポテンシャルが期待できます。

企業からは、これからの伸びしろ=ポテンシャルを評価されやすいので、未経験の職種や業種にチャレンジしたいと考えている人にもチャンスがあります。

固定概念もなく、思考が柔軟であるため、新しい職場にもスムーズになじむことができ、長く働いてもらえるため企業に歓迎されます。

④第二新卒として扱われる

薬剤師3年目は第二新卒として扱われる

薬剤師3年目の人は、第二新卒(おもに社会人経験3年未満の転職者)として扱われます。

第二新卒は社会人経験もあるが、これからのポテンシャルにも期待できる、という理由で歓迎する企業が多いです。

未経験業種や職種にもチャレンジしやすく、調剤薬局→病院、ドラッグストア→企業など異業種への転職を考えている方にはチャンスと言えます。

⑤年収アップも可能

薬剤師3年目は年収アップも可能

3年目薬剤師は、今までの経験が評価され、年収アップが可能な場合もあります。

すべての人が可能なわけではありませんが、3年間の薬剤師としての経歴、業務内容・実績が応募企業のほしいスキルと合えば、年収アップできる人もいます。

自分では年収アップの交渉ができないかもと不安に思う人は、転職のプロであるのキャリアアドバイザーに交渉してもらいましょう。

あやせ

あなたの市場価値より低い年収で採用されると生涯年収も下がります。適正な年収で採用してもらえるよう、給与交渉をお願いしましょう

\無料登録後も一切お金はかかりません/

薬剤師3年目で転職した先輩薬剤師の口コミ

薬剤師3年目で転職した先輩薬剤師の口コミ

薬剤師3年目で転職した先輩薬剤師の口コミも聞いてみたところ、3年目の転職で不利になったという口コミはありませんでした。

転職後の待遇や環境も良くなった人が多く、後悔している人が少ないのも3年目転職の特徴です。

\口コミは横にスクロールできます/

スクロールできます
口コミ

20代男性

1年目から理事長と合わずに、この人についていきたいとは思えなかった。3年目に給与形態が変更されたことで、転職を決意、数か月後退職した。転職先には、大手で給料も良いところを選んだ。働きやすい環境であるため、前職を退職して本当に良かったと思っている。

口コミ

20代女性

3年目のころから、なし崩し的に店舗の在庫管理や不動品処理などを行っていた。一方で、毎年の昇給では対して年収も上がらず、3年目に退職した。管理薬剤師をさせられる前に辞めてよかったと思っている。

口コミ

20代男性 

試用期間後から毎日3時間以上の残業があったが残業代が出なかった。他の店舗の同期は定時で帰っていたり、残業代を認めてもらえていたので辛かった。その他理不尽なことは多々あったが、勤続年数がある程度あるため転職に不利になりにくく、また転職後も経験を生かすことができているため、耐えて良かったと今では思う。

転職するか悩んでいる人は、3年目転職者の相談実績も豊富な転職サイトのキャリアアドバイザーに、悩みや不満を相談してみましょう。

あやせ

あなたの希望の年収、勤務地、仕事内容などを相談して、いろいろな求人を見せてもらい、今の職場と比較してみるのがおすすめです

\無料登録後も一切お金はかかりません/

薬剤師3年目の転職で知っておくべき3つの注意点

薬剤師3年目の転職で知っておくべき3つの注意点

ただ、薬剤師3年目の転職で知っておくべき注意点もあります。

以下の3つの注意点もしっかり確認しておきましょう。

  1. 現職で管理職になれるチャンスを逃す
  2. 未経験の業種・職種では給料は上がりにくい
  3. スキルや経験が未熟だと採用されづらい

一つづつ見ていきます。

①現職で管理職になれるチャンスを逃す

薬剤師3年目転職の注意点として、現職で管理職になれるチャンスを逃すことがある

薬剤師3年目は管理薬剤師など管理職昇進のチャンスです。管理職のための試験、研修なども始まりますよね。

3年目転職は今の職場での管理職昇進へのチャンスを逃すことになりますので、それが惜しいと思うなら、転職するべきではないでしょう。

一方で、今の職場では管理職になりたくない、管理職ポストがないなら転職しても大丈夫です。

あやせ

転職先でも数年すれば、同じように管理職になるチャンスは来るからです

また、未経験の職種にキャリアチェンジするのであれば、若い方がその分経験を積めます

今の職場での自分と、転職先での将来の自分を想像して、今転職したほうがよいか考えてみましょう。

②未経験の業種・職種では給料は上がりにくい

薬剤師3年目転職の注意点として、未経験の業種・職種では給料は上がりにくい

残念ながら、未経験の業種・職種では今までの経験はあまり評価されないため、年収アップは期待できません。

ですが、転職時にもし年収が下がれば、生涯年収も下がります。

年収アップは無理かもしれませんが、今より年収が下がらないで転職をする努力は必要です。

自分ではうまく年収アップの交渉ができないかもと不安に思う人は、転職のプロであるのキャリアアドバイザーに交渉してもらいましょう。

あやせ

あなたの市場価値より低い年収で採用されると生涯年収も下がります。未経験でも適正な年収で採用してもらえるよう、給与交渉をお願いしましょう

\無料登録後も一切お金はかかりません/

③スキルや経験が未熟だと採用されづらい

スキルや経験がうまく伝えらないと「3年目のわりにスキルや経験が未熟だな…」と思われ採用されづらくなります。

現職で自分が普通に行っている仕事も立派なスキルや経験なのですが、うまく伝えられないと損をします。

スキルや経験をうまく伝えるために、次章のスキルや経験を具体的に伝える方も読んでおきましょう。

薬剤師3年目の転職を成功させる6つのコツ

薬剤師3年目の転職を成功させる6つのコツ

それでは実際に、薬剤師3年目の転職を成功させる6つのコツを見ていきましょう。

  1. ブランクを開けない
  2. スキルや経験を正確に伝える
  3. 説得力のある転職理由を作る
  4. 面接練習を行う
  5. 年収アップを目指す
  6. 職場環境、人間関係を徹底的に調査する

どれも大事なことなのでしっかりチェックしていきましょう。

①ブランクを開けない

転職の際にはブランクを開けないことが大切です。

薬剤師3年目の転職を成功させる6つのコツとしてブランクを開けないことが大事

ブランクがあると採用担当者から、

  • 働く意欲がない?
  • 職務能力が衰えていないか?
  • 他で採用を断られている人なのか?

このようにネガティブなイメージを持たれるため、必ず転職先を見つけてから現職を退職しましょう。

働きながらの転職活動は、時間的にも精神的にも大変かとは思いますが、薬剤師転職サイトを活用することで、手間や労力が大幅に削減できます。

自分の希望に合った業種、職種、職場を探し、面接やアポイントメントの調整まで行ってもらえるため、働きながら転職活動をする場合には、薬剤師転職サイトをうまく活用しましょう。

②スキルや経験を正確に伝える

薬剤師3年目の転職を成功させる6つのコツとして、スキルを経験を正確に伝えることが大事

あなたのこれまで得たスキルや経験を正確に伝えることで、適正な評価や年収で採用されるようになります。

具体的にはスキルや経験を伝えられる職務経歴書を作成しましょう。

職務経歴書とは応募先の企業に自分の業務内容や経験・実績をアピールするための書類で、形式が決まっていないため、履歴書よりも具体的に書くことができます。

あやせ

でも自分は普通の仕事しかやってないし、書くことないなあ…

と私も悩んだのですが、実はどんなささいなことでも書いてみると、できることは多いと気づけます。

例えば、事務さんがいない時に処方箋入力もしているなら「処方箋入力から監査まで1人で行うことができる」と書けますし、後輩に門前病院の処方薬の勉強を教えたなら「後輩の育成指導担当」と書けます。

仕事内容職務経歴書に書ける内容
事務さんがいない時は処方箋入力もしている処方箋入力から監査まで1人で行うことができる
後輩に門前病院の処方薬の勉強を教えている2年目より●店で後輩の育成指導を担当

自分ではうまく書けない、これでいいのかわからないと不安に思う人は、薬剤師転職サイトのプロのキャリアアドバイザーに履歴書と職務経歴書の添削をしてもらいましょう。

プロの目で添削してもらえば、あなたが「スキルや実績が足りない」と思われることはほぼないので、適正に評価してもらえます。

あやせ

薬剤師転職サイトに登録すれば、履歴書と職務経歴書のテンプレートも無料でくれますし、出来上がったら添削までしてもらえますよ!

薬剤師専用の履歴書と職務経歴書のテンプレートが無料でもらえるに登録して、魅力的な応募書類を作りましょう。

履歴書と職務経歴書のテンプレートと書き方見本を見る

③説得力のある転職理由を作る

薬剤師3年目の転職を成功させるコツは、説得力のある転職理由を作ること

3年目薬剤師の転職理由としては、ネガティブな理由も多いと思いますが、前職の愚痴はNGなので、ポジティブに伝えられる転職理由を伝えましょう。

3年目薬剤師のネガティブな転職理由
  • 切迫早産になりそうだったのに、先輩に座るなといわれた
  • サービス残業が多すぎた
  • 妊娠中・育児中でも夜勤の免除がなかった
  • パワハラ・セクハラを受けた
  • 年収が上がる見込みがないことがわかった

このようなネガティブな理由が原因だったとしても、あなたの中にはポジティブな理由もあるはずです。

3年目薬剤師として、以下のようなポジティブな転職理由のほうをアピールしましょう。

3年目薬剤師のポジティブな転職理由
  • 緩和ケアや在宅医療に興味を持ち、地域の病院と連携している調剤薬局で経験を積みたいと思ったため。
  • 調剤薬局で仕事をしていたが、臨床現場で注射調剤や抗がん剤ミキシング、外来化学療法を学びたいと考えるようになりました。将来的にはがん薬物療法認定薬剤師も目指したいため、病院への転職を希望します。

このように将来を見据えたスキルアップや経験を積むことを目標としている理由が好まれます。

自分自身と向き合って転職理由を考え、さらに薬剤師転職サイトのキャリアアドバイザーに添削してもらい、万全の転職理由を作りましょう。

あやせ

経験豊富なキャリアアドバイザーが、応募書類の添削を対面やオンラインでしてくれるがおすすめです

④面接練習を行う

薬剤師3年目の転職を成功させる6つのコツとして面接練習を行うことが大切

薬剤師の転職でも面接の難易度は上がっており、しっかり面接練習をしないと落ちてしまうケースも増えています。

そのため、自分自身をきちんとアピールできるように事前の対策・練習が必要です。

あやせ

とはいえ、薬剤師の面接練習をしてくれる人なんて身近にはいないですよね…

そんなときは、薬剤師転職サイトに登録すれば、プロのキャリアアドバイザーがZoomやオンラインで面接練習をしてくれます。

口コミ

20代女性|ドラッグストア→病院

ドラッグストアは仕事が終わるのが遅かったので、帰宅後ZOOMで面接練習をしてくれてとても助かりました。

「この病院がいいという意欲が伝わらないので、転職理由を少し直しましょう」「目線が下なので、面接官の目を見て言ってみましょう」など、自分だけでは気づかないプロ目線のアドバイスをたくさんもらえました。

何度も練習してもらったので、当日は全然緊張せずに答えられました。

仕事が遅い人や、子供がいる人でも家で簡単に面接練習をしてもらえるので、内定する可能性もぐっと上がりますよ。

⑤年収アップを目指す

薬剤師3年目の転職では年収アップを目指す

薬剤師3年目で同業種へ転職するなら、年収アップを目指しましょう。

私もですが、年収の交渉はなかなか自分ではしにくいかと思います。

薬剤師転職サイトに登録すれば、キャリアドバイザーが転職先での予想できる年収、自分自身の市場価値、相場感なども率直に教えてもらえます。

その上で、あなたの希望する年収に近づけるように、転職先の採用担当者と年収の交渉を代行してくれます。

未経験の職種ですと年収アップは難しいかもしれませんが、キャリアドバイザーがしっかり年収交渉をしてくるので、できるかぎり現職と同じかそれに近い年収になる可能性もあります。

転職先の言いなりの年収にならないためにも、年収交渉はプロに相談しながら行うことがおすすめです。

⑥職場環境、人間関係を徹底的に調査する

薬剤師3年目の転職を成功させる6つのコツとして職場環境、人間関係を徹底的に調査することが大切

薬剤師3年目の転職では、転職先の職場環境、人間関係を事前に把握して、長く働ける良い職場を探すことが大事です。

しかし、面接時や見学時に見ただけでは実際の内部事情はわかりにくいですよね。

そんな時は薬剤師転職サイトの担当者さんを頼りましょう。

スタッフの年代や勤続年数、新卒者の離職率、管理薬剤師やエリアマネージャーの人柄なども率直に教えてもらえます。

勤続年数が短い人ばかりだったり、離職率が高い要注意な職場に回避できます。

あやせ

また、昇給率退職金など、聞きにくいお金の話や、休みの取りやすさなどもしっかり調査してくれますよ

特には、採用担当者だけでなく、現場のスタッフからも内部事情を聞き取り調査してくれるので、長く安心して働ける職場を探すことができます。


薬剤師3年目の転職におすすめの転職サイト3選

薬剤師3年目の転職におすすめの転職サイト3選

それでは薬剤師3年目の転職におすすめな薬剤師転職サイトを3つ紹介します。

転職サイトは持っている求人が違うので、できれば2つ以上登録しておきましょう。

あやせ

一番のおすすめは国内最大の薬剤師求人を持ち、人間関係などを現場のスタッフまで徹底リサーチしてくれるです

  1. 職場の内部事情を徹底リサーチ:マイナビ薬剤師
  2. できる限り訪問し、人間関係を確認:ファルマスタッフ
  3. 一番はやく転職できる:薬キャリ

①職場の内部事情を徹底リサーチ:マイナビ薬剤師

【公式サイト】

は大手人材会社のマイナビが運営する、薬剤師専門の転職サイトです。

あやせ

就活で利用した人も多いですよね

は大手の中でも、最大級の求人数で、高収入で条件の良い非公開求人も豊富。

あやせ

非公開求人は、登録した人だけに紹介してくれるんです

さらに、は採用担当者だけでなく、現場のスタッフからも情報収集を行っているため、職場の雰囲気や人間関係についても、詳しくリサーチしてくれるんです。

またの担当者は、3年目の転職のポジティブな転職理由も一緒に考えてくれます。

  • 勉強したい診療科目がある
  • 前職での経験を元に、ステップアップしたい
  • 在宅医療に興味があるので、実施している店舗で働きたい

その他、応募書類の添削や面接の練習など、転職に必要なすべてのサービスもすべて揃っているので、安心しておまかせできます。

面談できる拠点も国内最大級の15箇所あるので、地方での転職活動にもおすすめです。

\実際の体験談も見てみてください/

②できる限り訪問し、職場環境を確認:ファルマスタッフ

薬剤師転職サイトのおすすめ2つ目は、高収入求人が豊富なファルマスタッフ

【公式サイト】

は日本調剤グループの株式会社メディカルリソースが運営し、21年以上も薬剤師の転職支援を行っている実績のある転職サイトです。

特に調剤薬局への転職に強く、正社員・派遣・パートの求人を紹介可能。

人間関係や職場の状況もできる限り現地に訪問して確認してくれます。

派遣も紹介可能なので、『まずは派遣で働いて、社内の雰囲気や人間関係を調べる』という方法も可能です。

面接に同行してくれたり、丁寧な転職サポートをしてくれるので、派遣も考えている人はがイチオシです。

\使った人の評判も見てみてください/

③一番早く転職できる:薬キャリ

【公式サイト】

は日本最大級の医療従事者専用サイトをもつエムスリーが運営し、調剤薬局や病院に特に強いつながりをもつ転職サイトです。

あやせ

薬剤師登録者数が1番多いので、ものすごい量の職場の口コミをもっている転職サイトです!

人間関係や職場環境についても膨大なデーターから口コミなどを調べてくれます。

すべてオンラインで対応してくれるため、最短3日で転職でき、早く転職したい人はが一番おすすめです。

\使った人の評判も見てみてください/

薬剤師3年目の転職によくある質問

薬剤師3年目の転職に関してよくある質問をまとめます。

薬剤師3年目の年収は?

薬剤師の3年目の年収はおおよそ420~450万円になります。

なぜなら、25-29歳の薬剤師の平均年収が、男性薬剤師で456万円、女性薬剤師で419万円だからです。

25-29歳の薬剤師の月給と賞与(通勤手当など含む)の詳しい内訳は、

平均年収月給賞与など
男性薬剤師456万円32万円67万円
女性薬剤師419万円29万円68万円
引用元:令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況|厚生労働省

となります。

薬剤師の3年目で管理職へ昇進すると、管理職手当で50万円以上年収が上がる人もいます。

あやせ

私も3年目で管理薬剤師となったので、手当と残業代で年収が60万円以上上がりました。

薬剤師3年目の目標は?

薬剤師3年目の目標は専門性の向上と、後輩の指導育成とする会社が多いです。

そのため専門性を上げるために各領域の認定薬剤師を取得したり、キャリアップの転職をする人も多い時期です。

管理職研修も始まり、管理職としてマネジメント能力を身につけることも薬剤師3年目の目標です。

薬剤師3年目の転職で知っておくべき注意点と転職成功のコツまとめ

薬剤師3年目の転職には以下の5つの理由からリスクはほとんどありません。

  1. 薬剤師3年目の転職者は多い
  2. 即戦力としても魅力的
  3. ポテンシャルに期待できる
  4. 第二新卒として扱われる
  5. 年収アップも可能

そのため、職場に不満がある人や将来のキャリアアップを考えて転職するタイミングとしては良い時期です。

ただ知っておくべき注意点はもう一度しっかり確認しておきましょう。

その上で薬剤師3年目の転職成功の6つのコツを押さえれば、万全の対策ができます。

年齢が上がるとだんだんと転職は難しくなってきます。

転職を考えるなら、若くポテンシャルのある3年目での転職はおすすめです。

薬剤師転職サイトに登録し、キャリアアドバイザーから客観的なアドバイスをもらい、安心して長く働けるやりがいのある職場への転職を成功させましょう!

あやせ

一番のおすすめは、国内最大級の薬剤師求人を持ち、万全の転職サポートをしてくれるです

\無料登録後も一切お金はかかりません/

を実際に体験した私や先輩たちの体験談も参考にしてください。

行きたい職場に強い薬剤師転職サイトも紹介しています。

こちらの記事では、薬剤師の転職方法が読むだけですぐにわかります。

転職先選びには、調剤薬局ランキングも参考にしてください。

調査対象:薬剤師3年目で辞めたいと思った薬剤師
調査手法:直接聞き取り、クラウドワークス
調査期間:2022年9月1日~9月15日

  • URLをコピーしました!
タップできる目次