薬剤師の転職方法は?流れと失敗しないためのポイントを解説します

薬剤師の転職方法は?流れと失敗しないためのポイントを解説します

この記事では薬剤師の転職方法をわかりやすく説明します。

あやせ

初めての転職ってわからないことだらけですよね〜

特に薬剤師の転職方法は一般の人とは違う点があり、私も『薬剤師向けの転職方法』の情報を集めることに苦労しました。

そこでこの記事では、

  • 薬剤師の転職方法
  • 薬剤師転職の流れ
  • 失敗しないためのポイント

までわかるようにまとめました。

あやせ

図やイラストを使ってさくさく説明するので、ぜひ最後まで読んでみてくださいね

この記事を書いた人
あやせ

あやせ|薬剤師×国家資格キャリアコンサルタント

ドラッグストアで管理薬剤師を勤めた後、製薬会社へ転職。2児のママ薬剤師。

薬剤師が自分にあった働き方ができるよう応援します!

タップできる目次

薬剤師の転職方法

薬剤師の転職方法

薬剤師の転職方法は大きく分けて3つあります。

  1. 薬剤師の転職サイトを使う
  2. 直接応募する
  3. ハローワークからの紹介

最もおすすめな転職方法は、①薬剤師の転職サイトを使う方法

あやせ

薬剤師の求人数が1番多く、サポートが手厚いからです

薬剤師の転職方法3つの違いを説明したポジションマップ

薬剤師専用の転職サイトに登録後、必要な人は②直接応募と③ハローワークでも求人を探すと良いですね。

それぞれの特徴とメリット・デメリットをみてみましょう。

①薬剤師専門の転職サイトを使う

薬剤師の転職方法①薬剤師専門の転職サイトを使う

1番おすすめの方法は薬剤師専門の転職サイトに登録して薬剤師求人を探す方法です。

あやせ

多くの薬剤師が転職で利用しています

薬剤師専門の転職サイトの最大の特徴は、薬剤師求人数が最も多く、非公開の求人まで紹介してくれること

あやせ

非公開求人とは、転職サイトの登録者だけに紹介される求人で、好条件人気が殺到する求人が多いんです

薬剤師転職サイトのメリット・デメリットをまとめると以下のようになります。

メリット
デメリット
  • 求人数が多い(非公開求人も紹介)
  • 薬剤師専門のキャリアアドバイザーが相談にのってくれる
  • 職場の内部事情を徹底調査
  • 応募書類の作成サポートがある
  • 面接練習をしてくれる
  • 給料や勤務条件の交渉を代行
  • 退職後の手続きサポート
  • 電話連絡が多い
  • 転職を急かされる
  • 求人紹介がない
  • 希望条件と違う求人を紹介された
  • 合わない担当者もいる
  • すぐ転職したい人が優先される

さらに薬剤師転職のプロのサポートも受けられる点が他にはないメリットです。

あやせ

応募書類の添削や面接の練習、自分では言いにくい給料アップの交渉もしてくれるので給料が上がる可能性があります

自分専任のアドバイザーがついてくれて、転職に関する悩みやわからない点もすぐ聞けるので、転職を考えている人はまず登録しておきましょう。

薬剤師転職サイトのおすすめ人気ランキング!選び方や評判も徹底比較でわかりやすくまとめています。

②直接応募する

薬剤師の転職方法②直接応募する

2つ目は、薬局や病院、企業などに直接応募する方法です。

以下のような場所から求人を知り、自分で応募します。

  • 薬局などにある求人募集の貼り紙
  • ホームページの採用情報
  • 友人・知人の紹介
  • 出身大学の就職支援課にある求人

直接応募のメリット・デメリットは、

メリット
デメリット
  • 自社に強く入りたいというやる気を感じさせる
  • 採用コストがかからないので選考に有利な場合がある
  • 求人数が少ない
  • 他の求人と比較できない
  • 応募書類作成や面接対策、働く条件の交渉まで全て自分で行う

になります。

あやせ

やる気のアピールはできますが、もっと良い条件の求人と比較できないのが最大のデメリットになります

③ハローワークからの紹介

薬剤師の転職方法②ハローワークからの紹介

3つ目はハローワークで求人を紹介してもらう方法です。

ハローワーク(公共職業安定所)とは、国(厚生労働省)が運営する職業紹介所です

ハローワークでは求人紹介の他にも失業手当の手続きや、無料の職業訓練など幅広く仕事に関する支援をしてくれます。

ハローワークでもらえる薬剤師の転職についての書類
私がハローワークでもらった書類の一部

ハローワークで薬剤師求人を探すメリット・デメリットは、以下のようになります。

メリット
デメリット
  • 転職サイトにはない地元密着の求人がある
  • マイペースに仕事を探せる
  • 相談員に相談できる
  • 失業保険を受けられる
  • 職業訓練・教育訓練を受けられる
  • 地域によって求人が少ない
  • 求人の詳しい情報は不明
  • 1度は登録に行く必要がある
  • 相談員は薬剤師業界に詳しくない
  • 給与や勤務条件の交渉は自分で行う

デメリットは薬剤師求人が少ない点と、転職サポートが薬剤師向けではないことです。

あやせ

私が行った時は薬剤師求人は14件しかありませんでした……

そのためハローワークは、求人数の多い薬剤師転職サイトと併用することがおすすめです。

あやせ

ハローワークはキッズスペースがあるので、小さい子を連れて行っても大丈夫ですよ(キッズスペースがあるか電話で確認もできますよ)

ママ薬剤師で復職方法を詳しく知りたい方はママ薬剤師の復職はブランクがあっても大丈夫!勉強方法や子育ての不安を解消する方法を徹底解説を見てみてくださいね。

では次から薬剤師転職の流れを説明していきますね。

薬剤師転職の流れ

薬剤師転職の流れ

転職方法がわかったら、どのように転職できるのか実際の流れも確認しておきましょう。

流れを以下の6つに分けて説明します。

薬剤師転職の流れ①新しい仕事の希望条件を考える
薬剤師転職の流れ②薬剤師の求人を集める
薬剤師転職の流れ③薬剤師の求人に応募する
薬剤師転職の流れ④応募書類を作る
薬剤師転職の流れ⑤薬剤師の面接を受ける
薬剤師転職の流れ⑥内定後の手続き

流れ①:新しい仕事の希望条件を考える

薬剤師転職の流れ①:新しい仕事の希望条件を考える

まずは新しい仕事の希望条件を考えてみましょう。

希望条件を3つほど決めておくと、ブレずに希望をかなえる仕事が探せます。

あやせ

希望条件が決められない場合は、あなたのなりたい姿を考えて、自分の優先順位を3つほど決めるといいですよ

薬剤師転職の最初のステップは自分のしたい働き方を決めること

例えば、『私は正社員を長く続けて、キャリアを築きたい』という希望があるなら、

  1. 転勤なし
  2. 転勤なしでも住宅手当あり
  3. 認定資格の支援あり

このように結婚や育児などのライフイベントがあっても、正社員を続けるための3条件が決まります。

あやせ

ぜひあなたのなりたい姿も考えてみてください。紙に書いて整理してみるのもおすすめです

調剤薬局ならどこがいいか迷ったら、調剤薬局どこがいい?大手調剤薬局11社をランキングでガチ比較!を参考にして下さい。

流れ②:薬剤師の求人を集める

薬剤師転職の流れ②:薬剤師の求人を集めよう

希望の職場に転職するためには、質の良い薬剤師求人を効率よく集めることが大事です

あやせ

最も効率的に薬剤師求人を集める方法は、薬剤師専門の転職サイトを利用することです

薬剤師求人を集める方法は以下のようなものがありますが、薬剤師求人を一番多く持っている薬剤師専門の転職サイトがおすすめです。

求人情報を集める方法求人数サポート
薬剤師専門の転職サイト2~6万件
一般の転職サイト数10件〜
ハローワーク(※)地域限定
会社の採用ページ数件
出身大学の就職支援課数件
友人や知人の紹介1件〜

薬剤師専門の転職サイトに登録すればほぼ全ての求人情報は網羅できますので、まずは薬剤師専門の転職サイトに登録することから始めましょう。

それぞれの転職サイトは持っている求人が違うので、良い求人を逃さないために2つは登録しておきましょう。

あやせ

薬剤師専門の転職サイトに登録すると、あなた専任のアドバイザーが担当して、希望にあった求人を探してくれますよ

\無料で全てのサービスが利用できます/

転職サイト特徴
おすすめ
薬キャリ
薬キャリ
求人の内情を裏側まで徹底調査
詳細を見る
登録する
マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師300
転職が不安な人に万全サポート
詳細を見る
登録する
ファルマスタッフ
ファルマスタッフ画像300
面接同行で給料や待遇を交渉
詳細を見る
登録する

薬剤師の転職サイトの選び方や評判も参考にしてください。

流れ③:求人に応募する

薬剤師転職の流れ③:薬剤師の求人に応募しよう

応募したい求人を見つけたら、それぞれにあった方法で応募してみましょう。

転職方法応募方法
直接応募書いてある応募方法を見て、電話やメール、郵送などで応募
ハローワーク、薬剤師の転職サイト担当者の人に『応募したいです』と伝えると応募してくれる

流れ④:履歴書と職務経歴書を作る

薬剤師転職の流れ⑤:薬剤師の履歴書と職務経歴書を作ろう

求人に応募する時は履歴書職務経歴書を提出するため、これらの書類を作ります。

あやせ

薬剤師の履歴書と職務経歴書は他の職業の人と書く内容が違うので、薬剤師用の見本をみながら書いたほうがいいです

他の職業の人のように『実績●%アップ』といった内容ではなく、『●科の処方箋を経験している』『かかりつけ●件』など、薬剤師独自の書き方があります。

そのため、薬剤師用の履歴書と職務経歴書の見本とテンプレートがもらえる薬剤師転職サイトを利用するのがおすすめです。

ファルマスタッフの履歴書と職務経歴書の見本
に登録するともらえる
あやせ

転職サイトの担当者は書類の添削までしてくれるので、書類選考に合格する可能性がグッと高くなります

1番詳しい見本が欲しい人はに登録するともらえます。

どんな見本やテンプレートがもらえるか、【内定した薬剤師おすすめ】履歴書と職務経歴書のテンプレートと書き方見本にまとめたので参考にしてください。

その他の項目も、私が実際に内定した内容を元に書き方を解説しているので、気になる項目をチェックしてみてください。

流れ⑤:面接を受ける

薬剤師転職の流れ⑤:薬剤師の面接を受けようを

書類選考に合格すると、次は面接に進みます。

薬剤師の面接は1〜3回行われ、対面かオンラインで実施されます。

あやせ

面接は1〜2回が多いです。3回はまれです

対面での薬剤師面接
オンラインでの薬剤師面接

薬剤師転職の面接では、

  • 応募企業の志望動機
  • 前職の経験
  • どんな仕事をしたいか
  • 将来のキャリアプラン
  • いつから勤務できるか

このような内容を聞かれます。

『いつから勤務できるか』も聞かれるので、今の会社は何日前までに退職を伝えなければいけないのか、社内の規定をチェックしておきましょう。(退職1ヶ月前とする会社が多いです)

基本的には就職と同じような面接マナーと、応募書類に書いた内容を説明できれば大丈夫です。

また面接の時は以下の点をチェックしましょう。

  • 採用担当者を通して感じる社風
  • 質問への回答
あやせ

適当な感じの担当者だったり、質問の回答があいまいだったり、面接時に違和感を感じることがあります

『結婚の予定』や『親の職業』など選考に関係ない質問も、厚生労働省の公正な採用選考の基本で禁止されています。

面接時にハラスメントがないか、質問への対応は誠実かをしっかり見て、就職するか決めましょう。

面接に合格するために、薬剤師の面接対策方法をまとめた薬局の面接に落ちた理由は?8つの原因と合格するための対策方法まとめを参考にしてください。

流れ⑥:内定後の手続き

薬剤師転職の流れ⑥:内定後の手続き

内定後、電話・メール・手紙などで結果が通知されたら、上司に退職する意思を伝えましょう。

あやせ

退職日は引き継ぎを考えて、1〜3ヶ月後とする人が多いです

内定後の手続きは以外に少なく、保険や給料関係は人事の担当者の指示にそって行えば大丈夫です。

内定後の手続き
  • 退職届を出す
  • 同僚へ退職の挨拶
  • 引き継ぎ
  • 人事担当者とのやりとり

私が決めたことは、『有給は消化するか買い取りにするか』くらいでした。

あやせ

有給は20日くらいあったので、1週間ほど使い、残りは買い取ってもらいました

転職先が決まっていると、保険や給料関係の手続きも新しい会社の指示どおりにやっていけばいいので簡単です。

あやせ

転職活動の流れがわかりましたか?意外と簡単なので、あまり心配しなくて大丈夫ですよ

薬剤師転職で失敗しないためのポイント

【薬剤師転職】失敗しないためのポイント

薬剤師の転職で失敗しないための1番のポイントはずばり、

職場環境や人間関係が良い職場かきちんとチェックすること!!

あやせ

長く安心して働くためには一番大事なことです!!

あなたが転職を考えているのは、

  • 給料が安い…
  • 残業が多すぎる
  • ヘルプや出張がつらい
  • 人間関係が悪い
  • 育児しづらい
  • 正当に評価されない

など、職場環境や人間関係が自分にとって合わないからではないですか?

あやせ

新しい職場が自分に合っているか事前にわかれば、安心ですよね

職場環境や人間関係が良い職場か調べる3つの方法

職場環境や人間関係が良い職場か事前に調べる方法は3つあります。

  1. 友人や知人に聞く
  2. 面接の時に質問する
  3. 転職サイトのキャリアアドバイザーに調べてもらう
あやせ

私のおすすめは③『転職サイトのキャリアアドバイザーに調べてもらう方法』です。

①や②の方法でもある程度わかりますが、彼らは内部の人なので『給料』『昇給率』など聞きにくいことがあります。

知人や友人がいない場合は全くわからないですよね。

その点、③の転職サイトのキャリアアドバイザーなら中立な第三者として、以下の大事な情報を徹底的に調べて教えてくれます。

  • 人間関係などの内部事情
  • 給料や昇給率
  • 他社との条件比較
  • 転職した薬剤師の口コミ

これらの情報を教えてくれるので、職場環境や人間関係が良い職場か調べるためには、転職サイトのキャリアアドバイザーの情報を知っておくことが大事なんです。

薬剤師転職におすすめの転職サイト3選

ここでは薬剤師の転職におすすめの転職サイトを3つ紹介します。

薬剤師の転職サイトに登録すれば、あなたの転職を最初から最後までサポートしてもらえます。

薬剤師転職の流れ転職サイトのサポート内容
1 希望条件を考える仕事やキャリアの相談
転職のプロによるキャリアコンサルティング
2求人集め最大6万件から求人を紹介
非公開求人も紹介
3求人に応募応募手続き
面接の日程調整
4応募書類応募書類の見本とテンプレートをくれる
応募書類の添削
5面接面接の練習
面接へ同行(※)
6内定後の手続き退職に関する相談
内定後の手続きを一部代行
のみ実施

これらの手厚いサポートも薬剤師は完全無料で利用できます。(転職サイトは応募先の会社から紹介料をもらうため)

薬剤師専門の転職サイトのしくみ

あなたにあった職場をきちんと紹介してくれますし、相談や求人を見せてもらうだけでもOKで、転職を勧めたりされることもありません。

自分で情報を集めながらの転職活動はすごく大変ですし、効率も悪いです。

薬剤師転職サイトのプロのアドバイザーに相談しながら、効率的に転職活動をすすめましょう。

あやせ

私も使っているおすすめの薬剤師転職サイトを3つ紹介します

それぞれの転職サイトは持っている求人が違うので、良い求人を逃さないために2つは登録しておきましょう。

\無料で全てのサービスが利用できます/

転職サイト特徴
おすすめ
薬キャリ
薬キャリ
求人の内情を裏側まで徹底調査
詳細を見る
登録する
マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師300
転職が不安な人に万全サポート
詳細を見る
登録する
ファルマスタッフ
ファルマスタッフ画像300
面接同行で給料や待遇を交渉
詳細を見る
登録する

【おすすめ】薬キャリ

薬キャリエージェント

【公式サイト】

は日本最大級の医療従事者専用サイトをもつエムスリーが運営し、調剤薬局や病院に特に強いつながりをもつ転職サイトです。

あやせ

薬剤師登録者数が1番多いので、ものすごい量の職場の口コミをもっている転職サイトです!

薬剤師の転職サイト選びに迷ったら、に登録しておけば間違いないです。

求人の内情を裏側までしっかり調査してくれるので、働きやすい職場を探すためにぴったりです。

基本は電話とメールのやりとりですが、ZOOMで面接練習もしてくれます。

あやせ

最近は面接のハードルも高くなっているので、面接の練習もしっかりしてもらいましょう!

転職希望期間は6ヶ月以内を選べば、後回しせずに対応してもらえますよ。

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

は大手人材会社のマイナビが運営する、薬剤師専門の転職サイトです。

国内最大級の薬剤師求人をもち、さらに全国15箇所に拠点があるので地方での転職活動に最適です。

マイナビグループの信頼と実績があることから、各会社の採用担当者との人脈も豊富

口コミ

年収350万→450万円になった|30代女性
調剤薬局→調剤薬局

転職サイトの担当者が各会社のマネージャーと知り合いでもあったようで、マネージャーの人となりを前もって教えてもらい、面接の質問内容についてもおしみなく教えてくれたため、面接の対策がとりくみやすかった。

また希望年収など伝えにくいことに関しては転職サイトの担当者から伝えてもらった。

その結果、元々の提示された年収を引き上げることができた

転職が不安でも、マイナビ薬剤師の担当者は何でも相談にのってくれるので心強いですよ。

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

は日本調剤グループの株式会社メディカルリソースが運営し、21年以上も薬剤師の転職支援を行っている実績のある転職サイトです。

1番詳しい薬剤師専用の履歴書や職務経歴書のテンプレートや見本を無料でくれるのもです。

ファルマスタッフの履歴書と職務経歴書の見本
あやせ

の担当者は、採用の面接にも同行してくれます

ファルマスタッフの担当者は面接に同行してくれる

給与や条件の交渉をするのが苦手だったり、自分の経験をアピールするのが苦手に面接同行はとても心強いサービスです。

また年収600万円以上の高収入求人も1万件以上

年収600万以上で転職したい人、転職が不安な人は、丁寧な万全サポートがおすすめです。

薬剤師の転職方法についてよくある質問

薬剤師の転職方法についてよくある質問

薬剤師の転職方法について、よくある質問を解説していきます。

薬剤師の転職にかかる期間は?

薬剤師の転職にかかる期間は約3ヶ月です。

転職したい職場によって違いますが、内定までに2週間〜1ヶ月退職準備で1〜3ヶ月ほどが目安になります。

薬剤師転職にかかる期間
内定までの期間2週間〜1ヶ月
引き継ぎ期間1〜3ヶ月
あやせ

すでに仕事を辞めている場合は、入社まで1ヶ月かからないこともあります

薬剤師の転職に向いている時期は?

年度末、6月と12月のボーナスが支給された後あたりが多いです。

ただ転職は、求人次第なので時期についてはあまり選べません。

何日前に退職を伝えればいいかという会社規定を守れば、いつでも大丈夫です。

転職サイトは連絡がしつこい?

転職サイトからの電話連絡は月1〜4回くらいです。

登録後はアドバイザーと希望条件の相談をするので、連絡回数が多くなります。

登録後3ヶ月の電話回数
登録後1ヶ月
4回
登録後2ヶ月
2回
登録後3ヶ月
1回

ただ、連絡方法は電話・メール・LINE(ライン)から選べます

連絡方法をメールかLINEにしておけば、空いた時間に確認できます。

電話に出られない人は、アドバイザーの人に『連絡はメールかLINEでお願いします』と伝えておけば大丈夫です。

薬剤師の転職方法まとめ

薬剤師の転職方法や流れ、薬剤師転職で失敗しないためのポイントを紹介しました。

あやせ

はじめての転職でも、薬剤師転職サイトのアドバイザーのサポートを受ければ心配ありません

転職しなくてもまずは今の職場の悩みを相談するだけでも大丈夫です。

すべて無料で利用できるので、どんな薬剤師求人があるか見せてもらうことから始めてみましょう。

\無料で全てのサービスが利用できます/

転職サイト特徴
おすすめ
薬キャリ
薬キャリ
求人の内情を裏側まで徹底調査
求人を見る
マイナビ薬剤師
マイナビ薬剤師300
転職が不安な人に万全サポート
求人を見る
ファルマスタッフ
ファルマスタッフ画像300
面接同行で給料や待遇を交渉
求人を見る

それぞれの薬剤師転職サイトを利用した人たちの評判もチェックしてみてくださいね。

薬剤師転職サイトの選び方や、職場別のおすすめ転職サイトもまとめています。

調剤薬局へ転職したい人は参考にしてください。

  • URLをコピーしました!
タップできる目次