薬剤師の人間関係が悪くなる理由と7つの解決方法を徹底解説!転職もあり?

薬剤師の人間関係が悪くなる理由と7つの解決方法を徹底解説!転職もあり?
薬剤師

あの人とシフトが同じ日は憂鬱で仕事に行きたくない…

薬剤師

みんな我慢して働いているのに、私だけ異動したいってわがままかな…

薬剤師は人間関係の悩みが多い職業です。

怖い先輩や上司、何かと合わない同僚、事務さん…

1日の大半を過ごす職場、人間関係がうまくいかないと辛いですよね。

あやせ

私もすごく嫌な管理薬剤師が上司だった時、「早く異動しろ!!」と毎日思っていました

他にもつらいことがあり私は転職しましたが、今は人間関係の悩みから開放され心穏やかに過ごせています。

この記事では、薬剤師が人間関係の悩みを解決する方法を7つ紹介しますので、ぜひ最後まで読んでください。

もう本当に今の職場が無理!!な人は、あなたの希望にあう求人を約5万件の中から簡単に探せるに登録してみましょう。

人間関係について、現場のスタッフから情報収集して徹底的にリサーチしてくれるので安心ですよ。

\無料登録後もお金は一切かかりません/

タップできる目次

【職場別】薬剤師の人間関係が悪くなる理由

職場別】薬剤師の人間関係が悪くなる理由

薬剤師の職場は、客観的に見ても人間関係が悪くなりやすい環境です。

まずは職場ごとに、人間関係が悪くなる理由を見てみましょう。

  1. 調剤薬局
  2. 病院
  3. ドラッグストア

調剤薬局の人間関係が悪くなる理由

調剤薬局は、薬剤師の職場の中で最も閉鎖的な環境です。

あやせ

物理的にも狭く、逃げ場がないこともしんどいです

毎日ほぼ同じメンバーで仕事をするため、1人でも高圧的な人や、自己中心的な人がいるとたちまちぎすぎすした雰囲気になったり、いじめのようなことも起こります。

薬剤師と調剤事務の人間関係が悪化して、仕事に支障がでることも。

小規模なチェーン店や個人薬局では、意味不明なオリジナルルールがあったり、ベテラン薬剤師のさじ加減・気分次第…ということも多々あります。

こういった職場で管理薬剤師やベテラン薬剤師、事務さんと合わなければ、最悪の場合、退職するしかありません。

病院の人間関係が悪くなる理由

病院薬剤師の人間関係が悪くなる理由

薬局などに比べるといろいろな場所に分散して働けますが、薬剤師の人数が多いため合わない人も出てきます。

怖い先輩に目を付けられ、

  • 仕事を教えてもらえない
  • 仕事を回してもらえない
  • 指示を仰ぐと怒られる

などいやがらせやいじめに似たような状況がでてくることもあります。

また、夜勤・当直の回数が多い病院や人員不足の病院では、みんなが疲れ切っており、イライラ・ぎすぎすした雰囲気になりがちです。

合わない人とペアで夜勤に入るときの苦痛など…病院ならではの悩みもありますよね。

あやせ

医師や看護師など、多職種とのやり取りから生まれる人間関係のストレスもよく聞きます

疑義照会やチーム回診など、チーム医療の一員として活躍できる一方、ないがしろにされたり、薬剤師は発言が許されない雰囲気の病院もあります。

病院薬剤師を辞めたい人の中には、人間関係の悩みも多いです。

ドラッグストアの人間関係が悪くなる理由

ドラッグストアの人間関係が悪くなる理由

ドラッグストアでは調剤室の人間関係に加えて、物販社員との関係もストレスになります。

私もドラッグストアで管理薬剤師をしていた時、社員さんやパートさんが薬剤師の悪口を言っているのを聞いたことがあります。

物販の社員さん

仕事ができないのに、新卒で俺より給料高くていいね

物販のパートさん

あの薬剤師は調剤室に閉じこもっていて、レジが並んでいても知らんふりするの!

調剤室は患者さんがいないと暇そうに見えるため、売り場の品出しや、レジ打ちを手伝わないと嫌味を言われます。(実際は、薬歴を入力したりレセプト対応があったりと忙しいですが…)

売り場のパートさんたちが薬剤師をターゲットにして団結力を高めて、薬剤師を異動させることもあります。

ドラッグストアはエリアマネージャー、同僚、物販の社員など多方面に気を使わなければならず、人間関係に失敗するとかなりつらい立場になります。

薬剤師の人間関係の悩みを解決する7つの方法

薬剤師の人間関係の悩みを解決する7つの方法

では実際に人間関係の悩みを解決する7つの方法を見てみましょう。

  1. 友人や家族に相談する
  2. 関係修復を試みる
  3. 仕事と割り切り、必要以上に関わらない
  4. 事態が好転するまで待つ
  5. 気分転換方法を見つける
  6. 上司に異動を相談
  7. 転職する

人間関係の悩みは相手がいるので、自分だけで解決することは難しいですが、冷静に状況を把握することが解決のポイントになります。

あやせ

相手が変な人でも、自分が悪いと思ってしまう人も多いですしね

一つづつ見てみましょう。

①友人や家族に相談する

薬剤師の人間関係の悩みを解決する方法①友人や家族に相談する

まずは職場に関係ない身近な友人・家族などに悩みを具体的に話し、自分の悩みを客観的に整理してみましょう

聞いてもらうだけで気が楽になることもありますし、1人で考えるより冷静に状況を把握できます。

また、客観的に状況を聞いてもらった結果、『それは相手がおかしい』とみんなが言うなら、あなたが悩む必要のないケースだったということもあります。

相手がおかしいという状況であれば、次は上司に相談する方法が有効だとわかります。

②関係修復を試みる

何か関係悪化のきっかけがある、またはいつも意見が合わない、ということであれば、

  • 話し合いの機会を設ける
  • 意見のすり合わせを行う

など関係修復に向けて、歩み寄ることも1つの方法です。

うまくいけば、お互いを理解する良い機会になり、今後の関係性も良くなることが期待できます。

一方、人によっては嫉妬など個人的事情で嫌がらせをしてくるなど、話し合いにならない、すり合わせができない可能性もあります。

話のできる状態なら、関係修復にチャレンジしてみるのも有効です。

③仕事と割り切り、必要以上に関わらない

薬剤師の人間関係の悩みを解決する方法③仕事と割り切り、必要以上に関わらない

仕事は仕事、人間関係は気にしない、と割り切り必要以上に関わらないのも1つの方法です。

最低限の挨拶や仕事の話だけをして、プライベートなどは一切話さない人も普通にいます。

あやせ

必要以上に関わらなければ相手からも興味を持たれず、余計なストレスが生じません

そうはいっても、周りを気にしてしまう性格だと愛想笑いなどをして我慢してしまうことも…

体調や精神面に影響が出るなら、他の対処法をとりましょう。

周りに影響を受けて疲れやすい人はHSPと呼ばれる気質かもしれませんので、HSPの薬剤師が毎日つらい、疲れると感じる理由と5つの解決法も読んでみてください。

④事態が好転するまで待つ

薬剤師の人間関係の悩みを解決する方法④事態が好転するまで待つ

例えば、相性の悪い人の異動や退職、自分の異動で、事態が好転するまで待つというのも一つの方法です。

チェーン店では意外とすぐに異動があるので、我慢できるならやり過ごすというのもありです。

ただ、事態はすぐに好転しない場合もありますので、いつまで待てば良いのか、出口の見えない対処法です。

⑤気分転換方法を見つける

薬剤師の人間関係の悩みを解決する方法の1つは気分転換方法を見つける

異動できない場合、人間関係のストレス発散になる気分転換方法を見つけるのも方法の一つです。

週末にキャンプに行く、ゆっくり読書をして過ごすなど、うまく気分転換できる方法を見つけられれば、ストレスが軽減されます。

ただ仕事中の人間関係の悩みは解決されないため、あくまでも対処療法になります。

⑥上司に異動を相談

異動先がある職場では、上司に異動の相談をしてみるのも有効です。

うまく異動先が見つかれば、人間関係を変えられます。

しかしそもそも異動先がなかったり、希望が通らなければ、解決は難しいです。

⑦転職する

薬剤師の人間関係の悩みを解決する方法⑦転職する

①~⑥の方法で解決できそうな方法がないなら、転職が一番確実に嫌な人間関係をリセットできる方法です。

転職は時間もかかるし、大変そう…と思われるかもしれませんが、薬剤師転職サイトに登録すれば、すべて無料で転職サポートをしてくれるため、時間も労力もかかりません。

転職サイトは実際に働いている薬剤師にも人間関係を詳しくリサーチしてくれるので、人間関係の良い職場かどうか事前にわかって安心なんです。

あやせ

実際に転職しなくても、希望条件にあった求人があるか見せてもらうだけでもできます

転職サイトに登録しておけば、『今の職場が無理なら転職先がある』状態になり、心が楽になるというメリットもありますよ。

\無料登録後もお金は一切かかりません/

薬剤師が人間関係の悪い職場から転職するのはあり!

薬剤師が人間関係の悪い職場から転職するのはあり

人間関係の悩みで転職までするのはおおげさかな…と思う人も多いですが、薬剤師が人間関係に悩んで転職するのは、珍しいことではありません

実際に人間関係の悩みで転職する薬剤師は多く、転職エージェントのデーターでも、転職理由の第2位は人間関係の不満です。

引用元:薬キャリ
あやせ

人間関係もリセットできる上、スキルアップにもなるので転職を選ぶ人も多いんです

異動や転勤もできないなら、思い切って転職してしまった方がつらい状態から確実に開放されます

職場での人間関係が悪さは、知らず知らずの間にストレスとなって、蓄積されていくんです…

ストレスは放っておくと、眠れない・食欲がない・なんだか毎日疲れている…といった心身の不調をきたす場合もあります。

あやせ

注意力、集中力が低下すれば、調剤ミスにつながることも

人間関係がうまくいかないと、調剤時のダブルチェックや、患者さんについての申し送り、報告などができず、結果的にあなたの仕事の評価も下がります

大切なのは、あなたの心と身体が健康でいられる環境で働くことなので、転職はとても有効な解決法なのです。

人間関係の良い職場へ転職するために、薬剤師専門の転職サイトを利用しよう

人間関係の良い職場へ転職するために、薬剤師専門の転職サイトを利用しよう

人間関係の良い職場へ転職するためには、薬剤師専門の転職サイトの利用がおすすめです。

なぜなら、薬剤師専門の転職サイトは、職場の人間関係について事前に調べてくれるからです。

あやせ

薬剤師専門の転職サイトは、第三者として職場の人間関係を徹底的にリサーチしてくれるんです

他にも仕事を探す方法はありますが、職場の人間関係を一番詳しく調べてくれるのは、薬剤師専門の転職サイトです。

仕事を探す方法求人数人間関係の調査
薬剤師専門の転職サイト2~6万件採用担当者だけでなく、現場のスタッフからも情報収集を行う
ハローワーク地域限定採用担当者に聞
直接応募(※)数件採用担当者が教えてくれる
出身大学の就職支援課数件働いている人がいれば聞いてくれるが、他の店舗の人間関係は不明
友人や知人の紹介1件〜自店舗の人間関係は教えてくれるが、他の店舗は不明
(※)直接応募とは、会社ホームページなどから求人に応募すること

この他にも、薬剤師専門の転職サイトの担当者に希望すれば事前に職場見学もさせてくれます。

あやせ

できれば営業時間内に見学させてもらうのがポイントです

実際の営業時間に見学すれば、忙しくすぎてピリピリしている、会話が殺伐としている…などといった職場の様子がわかりますよね。

事務さんが不機嫌そうとか、見学者にお辞儀など簡単な挨拶もしないなど、短い時間でも雰囲気は伝わります。

職場見学が無理な場合は、そっと患者やお客さんとして店舗を利用してみることがおすすめです

このように職場見学はもちろん、現場のスタッフからも情報収集してくれるので、人間関係の良い職場に安心して転職できるんです。

人間関係の良い職場への転職に、おすすめの転職サイト3選

人間関係の良い職場への転職に、おすすめの転職サイト3選

それでは人間関係の良い職場への転職に、おすすめの薬剤師転職サイトを3つ紹介します。

あやせ

一番のおすすめは国内最大の薬剤師求人を持ち、人間関係を現場のスタッフまで徹底リサーチしてくれるです

  1. 人間関係を現場のスタッフまで徹底リサーチ:マイナビ薬剤師
  2. できる限り訪問し、人間関係を確認:ファルマスタッフ
  3. 一番はやく転職できる:薬キャリ

①人間関係を現場のスタッフまで徹底リサーチ:マイナビ薬剤師

薬剤師転職サイトのおすすめ1つ目は国内最大の求人数がマイナビ薬剤師

【公式サイト】

は大手人材会社のマイナビが運営する、薬剤師専門の転職サイトです。

あやせ

就活で利用した人も多いですよね

は大手の中でも、最大級の求人数で、高収入で条件の良い非公開求人も豊富。

あやせ

非公開求人は、登録した人だけに紹介してくれるんです

さらに、は採用担当者だけでなく、現場のスタッフからも情報収集を行っているため、職場の雰囲気や人間関係についても、詳しくリサーチしてくれるんです。

口コミ

事前にオーナーや職場の人間関係を調べてくれた30代 女性

面接前に「オーナーの方は少し愛想がありませんが、仕事熱心で従業員の家庭との両立に理解があり、従業員たちものびのび働いています。」とマイナビ薬剤師の担当者の方に言われていました。

実際面接時にムッとされているのかな?といった表情をしていたのですが、事前に聞いているのといないのでは心構えも違いました。

オーナーは愛想はありませんが、中身はすごくまじめで従業員思いの方で、現在も良い環境で働かせてもらっています。

また、人間関係の悩みで転職した場合、『また転職しないかな?』とネガティブな印象を持たれますが、の担当者は、ポジティブな転職理由も一緒に考えてくれます。

  • 勉強したい診療科目がある
  • 前職での経験を元に、ステップアップしたい
  • 在宅医療に興味があるので、実施している店舗で働きたい

このように、人間関係が理由の転職でも、嘘ではなくポジティブに伝える方法を考えてくれます。

その他、応募書類の添削や面接の練習など、転職に必要なすべてのサービスもすべて揃っているので、安心しておまかせできます。

面談できる拠点も国内最大級の15箇所あるので、地方での転職活動にもおすすめです。

\実際の体験談も見てみてください/

②できる限り訪問し、人間関係を確認:ファルマスタッフ

薬剤師転職サイトのおすすめ2つ目は、高収入求人が豊富なファルマスタッフ

【公式サイト】

は日本調剤グループの株式会社メディカルリソースが運営し、21年以上も薬剤師の転職支援を行っている実績のある転職サイトです。

特に調剤薬局への転職に強く、正社員・派遣・パートの求人を紹介可能。

人間関係や職場の状況もできる限り現地に訪問して確認してくれます。

派遣も紹介可能なので、『まずは派遣で働いて、社内の雰囲気や人間関係を調べる』という方法も可能です。

面接に同行してくれたり、丁寧な転職サポートをしてくれるので、派遣も考えている人はがイチオシです。

\使った人の評判も見てみてください/

③一番早く転職できる:薬キャリ

【公式サイト】

は日本最大級の医療従事者専用サイトをもつエムスリーが運営し、調剤薬局や病院に特に強いつながりをもつ転職サイトです。

あやせ

薬剤師登録者数が1番多いので、ものすごい量の職場の口コミをもっている転職サイトです!

人間関係についても膨大なデーターから口コミなどを調べてくれます。

すべてオンラインで対応してくれるため、最短3日で転職でき、早く転職したい人はが一番おすすめです。

\使った人の評判も見てみてください/

薬剤師の人間関係の悩みを解決する7つの方法まとめ

薬剤師の人間関係が悪くなる理由と、人間関係の悩みを解決する7つの方法をまとめました。

  1. 友人や家族に相談する
  2. 関係修復を試みる
  3. 仕事と割り切り、必要以上に関わらない
  4. 事態が好転するまで待つ
  5. 上司に異動を相談
  6. 気分転換方法を見つける
  7. 転職する

まずはできそうな方法から試してみてください。

もう辞めたい!という時は冷静な判断ができなくなりますので、今のうちに薬剤師転職サイトにも登録しておきましょう。

あやせ

実際に転職しないで、求人の内容を見せてもらうだけでもいいんです

他にも仕事はあるから、嫌なら辞められるという選択肢を持つことが大切です。

まずは国内最大級の求人があり、いざ転職となったら人間関係も詳しく調べてくれるに登録してみましょう。

もう人間関係で悩みたくない!という人は、お家で薬剤師関連のリモートワークの仕事につく方法もありますよ。

他の人の態度が気になったり、ささいなことで悩んでしまう人はHSP気質かもしれません。

HSPの薬剤師が毎日つらい、疲れると感じる理由と5つの解決法も読んでみてください。

人間関係が理由の転職でも、面接に合格する回答例やポイントを紹介しています。

  • URLをコピーしました!
タップできる目次