第二新卒薬剤師の転職は絶対失敗したくない!転職成功のための5つのポイントとは?

薬剤師の第二新卒で転職したいけど絶対失敗したくない!転職成功のための5つのポイントとは?

第二新卒薬剤師の転職を成功させるためには、以下の5つのポイントを押さえることが重要です。

  1. 将来のキャリアプランや希望条件を明確にする
  2. ブランクを開けない
  3. 意欲と実務経験をアピールする
  4. 給料の交渉をする
  5. 薬剤師転職サイトに登録する

また、3年未満の早期離職にはリスクもあります。

絶対に失敗したくない第二新卒での転職先では、成功のためのポイントとリスクへの対処法を知り、あなたの理想の職場への転職を成功させましょう。

転職するか迷っている人、自分だけで転職できるか不安な人は、薬剤師転職サイトのキャリアアドバイザーに無料で相談できます

転職が必要ない場合は「まだ様子見しましょう」など、あなたに合ったアドバイスをしてくれるので、まずは悩んでいることを気軽に相談してみましょう。

\無料登録後もお金は一切かかりません/

タップできる目次

第二新卒薬剤師は転職市場で需要が高い3つの理由

第二新卒薬剤師は転職市場で需要が高い3つの理由

「第二新卒で転職しても大丈夫なの?」と不安に思う人もいますが、薬剤師の有効求人倍率は2.01倍とかなり高いうえ、女性比率が高いため、出産・育児による離職などで常に欠員が生じています。

新規の調剤薬局やドラッグストアのオープンも後を立たず、薬剤師は依然として常に需要がある状況です。

そして第二新卒薬剤師は以下の理由から、転職市場でも特に需要が高いです。

  1. 即戦力である
  2. 長く働けて伸びしろもある
  3. 新しい会社にすぐ馴染める

詳しく見ていきましょう。

①即戦力である

第二新卒薬剤師は即戦力になるため採用したい企業は多いです。

まず新人教育が終わっているため、基本的な社会的マナーを身に着けています。

さらに以下の薬剤師業務を入社後すぐに行うことができます。

  • 調剤
  • 投薬
  • 疑義照会
  • 薬歴作成
  • 患者さんへの対応
  • 電話応対

このように、教育コストがかからないというメリットから、第二新卒を喜んで採用する企業は多数あります。

さらに薬剤師業界特有の理由として、新卒者が国試に落ち、薬剤師が欠員して困っているという職場もよくあります。

少人数の会社では薬剤師不足は死活問題となるため、第二新卒の薬剤師はまさに救世主となります。

②長く働けて伸びしろもある

第二新卒の多くはまだ20代で、これから長く働いてくれる貴重な人材です。

また、知識や経験も今後どんどん吸収していけるため、能力開発の余地があり、伸びしろがあると期待されます。

現時点で未熟な点があっても、このポテンシャルに期待して未経験職種でも採用する企業も多いです。

あやせ

未経験職種にチャレンジしたいなら、第二新卒は絶好のチャンスです

今の仕事が自分のやりたい仕事ではないとわかったら、早いうちに行動を起こしたほうが選べる選択肢も多いです。

③新しい会社にすぐ馴染める

また、採用後に新しい会社の風土・同僚にすぐ馴染めるという点も意外と重要です。

厚生労働省の調査から、第二新卒者枠の採用選考では、

  • 熱意・意欲
  • コミュニケーション能力
  • 協調性

が重視されていることがわかります。

引用元:第二新卒者枠に対する採用選考での重視項目|厚生労働省

第二新卒はまだ若く意欲もある上、前職の企業風土に染まっておらず、新しい会社の風土や同僚に馴染んで人間関係のトラブルが少ない点も歓迎されます。

このような3つの理由から、第二新卒薬剤師は転職市場でも需要が高く、自信を持って転職活動に臨んでください。

転職するか迷っている人、自分だけで転職できるか不安な人は、薬剤師転職サイトのキャリアアドバイザーに無料で相談できますよ

\無料登録後もお金は一切かかりません/

第二新卒薬剤師が転職する3つのリスク

ただ第二新卒で転職することはもちろんリスクもあります。

  1. 履歴書に短い職歴が残る
  2. すぐ辞めないかと思われる
  3. 辞め癖がつく

しかしリスクにきちんと対策すれば問題ないので、3つのリスクを把握し、事前準備をしっかり行っておきましょう。

①履歴書に短い職歴が残る

薬剤師が第二新卒で転職する3つのリスク

第二新卒で転職すると履歴書に短い職歴が残ることになります。

特に1年目〜2年目前半の退職は注意が必要です。

短期離職となるため、採用担当者が納得する転職理由が必要になります。

前職の不満からの転職という後ろ向きの転職理由ではなく、前向きな理由を準備することが大切です。

例えば、

がん専門薬剤師を目指していたが、前職では症例を集め、研修に参加することが難しかったので、この病院でがん専門薬剤師を目指したい

など、しっかりと前向きな転職理由を伝え、新しい職場では前職ではできなかった目標を達成できるという前向きな転職であることをアピールしましょう。

前向きな転職理由の作り方は、【例文あり】薬剤師の転職理由は?面接に合格する回答例とポイントで解説しています。

②すぐ辞めないかと思われる

第二新卒での転職者は、採用してもまたやめないか、と不安がられることも考えられます。

「忍耐力がないのでは?」「メンタルが弱いのかな?」などと思われる心配もあります。

しかし、面接時にしっかり前向きな転職理由を伝え、転職後にやりたいこと、目指すことなど意欲をしっかり伝えられれば問題ありません。

③辞め癖がつく

第二新卒薬剤師のリスクの1つに辞め癖がつくことがある

第二新卒薬剤師の需要は高いですが、さすがに2回、3回と転職回数を重ねると印象が悪く、今後の転職にも不利です。

転職を繰り返さないよう、事前に転職先の人間関係、業務内容、年収などはしっかり調べ、辞め癖がつかないようにしましょう。

転職するか迷っている人、自分だけで転職できるか不安な人は、薬剤師転職サイトのキャリアアドバイザーに無料で相談できます

転職が必要ない場合は「まだ様子見しましょう」など、あなたに合ったアドバイスをしてくれるので、まずは悩んでいることを気軽に相談してみましょう。

\無料登録後もお金は一切かかりません/

第二新卒薬剤師の転職を成功させる5つのポイント

第二新卒薬剤師の転職を成功させる5つのポイント

第二新卒薬剤師が転職を成功させるには、5つのポイントを押さえることが重要です。

  1. 将来のキャリアプランや希望条件を明確にする
  2. ブランクを開けない
  3. 意欲と実務経験をアピールする
  4. 給料の交渉をする
  5. 薬剤師転職サイトに登録する

どれも重要なポイントなので、詳しく見ていきましょう。

①将来のキャリアプランや希望条件を明確にする

第二新卒薬剤師の転職では、次の転職先は絶対失敗したくないという思いが強いですよね。

そこで転職を成功させるために、「前職で不満だったこと」理想のキャリアプラン」を明確にすることが大事です。

「自分のやりたいことができる職場はどこか?」「自分が価値ややりがいを感じる仕事は何か?」など、自分自身が仕事に求めることを考えてみてください。

将来のキャリアプランや希望条件が明確になれば、あとはそれが叶えられる職場を全力で探すだけです!

あやせ

第二新卒で転職し先輩たちも、前職の不満点を解消できる仕事に転職したことで満足して働けるようになったと言っていました

\口コミは横にスクロールできます/

スクロールできます
口コミ

26歳女性

調剤薬局に勤めていましたが、昇給は無く、残業代もでないので、全く給料が上がりませんでした。2年目で調剤薬局からドラッグストアへ転職しました。残業代もきちんと支払われるようになりました。

口コミ

23歳男性

調剤薬局で、上司の強い叱責をうけた。職場に馴染めず給料もなかなか上がらなかった。3年目で退職し、多数店舗のある調剤薬局に転職したら年収も上がりスキルアップもできたので、転職してよかった。

口コミ

25歳女性

調剤薬局で初めて配属された店舗の業務量が多く、仕事量に対して給料が見合ってないと感じた。3年目に転職したが、ストレスが無くなり、体調も良くなった。

②ブランクを開けない

前職を辞めてから再就職までブランクが開くと、職歴にも金銭的にもダメージが大きいです。

あやせ

できれば職歴には空白期間がないほうが有利です

第二新卒薬剤師の転職ではブランクが開かないよう、転職先が決まるまでは退職しないようにしましょう。

③熱意と実務経験をアピールする

厚生労働省の調査では、第二新卒者の採用選考に重視する項目として、熱意・意欲が最も重視されています。

引用元:第二新卒者枠に対する採用選考での重視項目|厚生労働省
あやせ

同じくらいの経歴の応募者がいたら、最後の決め手は熱意です!


さらに中途採用者としては実務経験も重要視されています。

また、企業規模が大きくなるほどコミュニケーション力を重視し、規模が小さいほど熱意・意欲を重視する傾向があることもわかっています。

データーから、熱意、コミュニケーション力、協調性、実務経験をしっかりアピールすることで内定確率をぐっとあげられることがわかります。

前向きな転職理由の作り方は、【例文あり】薬剤師の転職理由は?面接に合格する回答例とポイントを参考にしてください。

さらに面接でもうまくあなたの経歴や熱意を伝えるための方法を、薬局の面接に落ちた理由は?8つの原因と合格するための対策方法まとめで詳しく解説しています。

④給料を交渉する

第二新卒薬剤師の転職を成功させる5つのポイントに給料を交渉することがある

知らない人もいますが、転職者は給料の交渉ができます

転職者の給料は、交渉前提で最初は安い金額を提示してくる会社もあります

そこで、前職の実務経験やスキルをしっかりアピールし、最低でも前職と同じ給料がもらえるように交渉すべきです。(未経験の職種の場合は下がることが多いです)

あやせ

もし給料交渉で月1万円アップすれば年収で12万、10年働けば120万円の違いになります

転職が初めてで、給料交渉のやり方がわからない人は、次に説明する薬剤師転職サイトの担当者に代行してもらうのがおすすめです。

⑤薬剤師転職サイトに登録する

第二新卒薬剤師の転職を成功させる5つのポイントに、薬剤師転職サイトに登録することがある

第二新卒薬剤師の転職では、薬剤師転職サイトを使うと良い職場に内定できる確率がグッと上がります。

第二新卒の転職では、忙しくて転職活動できない、相談できる人がいないことも失敗の要因になります。

そこで薬剤師転職サイトに登録すれば、あなただけの担当者がついて転職サポートをしてくれるので、転職成功のポイントをすべて押さえることができます

具体的には、無料で以下のような転職に必要なサポートが全て行ってくれます。

  • キャリア相談
  • 希望の条件の求人を探してくれる
  • わからないことは何でも相談できる
  • 職場の内部事情の調査
  • 応募書類の作成サポート・添削
  • 面接の練習
  • 面接日程の調整
  • (希望者は)面接に同行してくれる
  • 退職時の手続き
あやせ

担当者とのやりとりはLINEやメールでできますし、ZOOMなどでオンライン面談もできますよ

特に、給与アップの交渉をしてくれるのは大きなメリットです。

給与や待遇は転職の時にしか交渉できないため、事前にしっかり交渉してもらうことで、生涯年収を上げられる可能性があります。

転職するか迷っている人、自分だけでうまく転職できるか不安な人は、薬剤師転職サイトのキャリアアドバイザーに無料で相談してみましょう。

\無料登録後もお金は一切かかりません/

第二新卒薬剤師におすすめの転職サイト3選

それでは第二新卒薬剤師におすすめの薬剤師転職サイトを3つ紹介します。

転職サイトは持っている求人が違うので、できれば2つ以上登録しておきましょう。

あやせ

一番のおすすめは国内最大の薬剤師求人を持ち、人間関係などを現場のスタッフまで徹底リサーチしてくれるです

  1. 職場の内部事情を徹底リサーチ:マイナビ薬剤師
  2. できる限り訪問し、人間関係を確認:ファルマスタッフ
  3. 一番はやく転職できる:薬キャリ

①職場の内部事情を徹底リサーチ:マイナビ薬剤師

【公式サイト】

は大手人材会社のマイナビが運営する、薬剤師専門の転職サイトです。

あやせ

就活で利用した人も多いですよね

は大手の中でも、最大級の求人数で、高収入で条件の良い非公開求人も豊富。

あやせ

非公開求人は、登録した人だけに紹介してくれるんです

さらに、は採用担当者だけでなく、現場のスタッフからも情報収集を行っているため、職場の雰囲気や人間関係についても、詳しくリサーチしてくれるんです。

またの担当者は、第二新卒薬剤師のポジティブな転職理由も一緒に考えてくれます。

  • 勉強したい診療科目がある
  • 前職での経験を元に、ステップアップしたい
  • 在宅医療に興味があるので、実施している店舗で働きたい

その他、応募書類の添削や面接の練習など、転職に必要なすべてのサービスもすべて揃っているので、安心しておまかせできます。

面談できる拠点も国内最大級の15箇所あるので、地方での転職活動にもおすすめです。

\無料登録後もお金は一切かかりません/

\実際の体験談も見てみてください/

②できる限り訪問し、職場環境を確認:ファルマスタッフ

薬剤師転職サイトのおすすめ2つ目は、高収入求人が豊富なファルマスタッフ

【公式サイト】

は日本調剤グループの株式会社メディカルリソースが運営し、21年以上も薬剤師の転職支援を行っている実績のある転職サイトです。

特に調剤薬局への転職に強く、正社員・派遣・パートの求人を紹介可能。

人間関係や職場の状況もできる限り現地に訪問して確認してくれます。

あやせ

事前に働きやすい職場か調てくれるので安心ですよ

面接に同行してくれたり、丁寧な転職サポートをしてくれるので、正社員・パート・派遣を考えている全ての人におすすめです。

\無料登録後もお金は一切かかりません/

\使った人の評判も見てみてください/

③一番早く転職できる:薬キャリ

【公式サイト】

は日本最大級の医療従事者専用サイトをもつエムスリーが運営し、調剤薬局や病院に特に強いつながりをもつ転職サイトです。

あやせ

薬剤師登録者数が1番多いので、ものすごい量の職場の口コミをもっている転職サイトです!

人間関係や職場環境についても膨大なデーターから口コミなどを調べてくれます。

すべてオンラインで対応してくれるため、最短3日で転職でき、早く転職したい人はが一番おすすめです。

\無料登録後もお金は一切かかりません/

\使った人の評判も見てみてください/

第二新卒薬剤師の転職でよくある質問

最後に第二新卒薬剤師の転職でよくある質問をまとめます。

第二新卒とは?

「第二新卒」には明確な定義はないものの、厚生労働省の見解では、「卒業後おおむね3年以内の者」で職務経験の有無は問わないとしています。

「第二新卒者」とは、それぞれの企業の中で第二新卒の定義がある場合にはその定義によるものとし、特に定義がない場合は、学校(高校、専門学校、短大、高専、大学、大学院)卒業後、おおむね3年以内の者とした(学校卒業後すぐに就職する新卒者は除く。また、職務経験の有無は問わない)。

引用元:若年者雇用を取り巻く現状|厚生労働省

転職市場では「第二新卒=就職し3年未満で離職した人」という意味で使われることが多いです。

薬剤師は調剤薬局の求人はどこで探せますか?

薬剤師や調剤薬局の求人が一番多く見つかるのは、薬剤師専門の転職サイトです。

5万件以上の薬剤師求人からあなたの希望にあった求人を紹介してくれるので、まずは国内最大級の求人数をもつに登録してみましょう。

薬剤師の平均年収は?

薬剤師の平均年収は565.1万円で、男性薬剤師の平均年収は623.9万円、女性薬剤師の平均年収は527.2万円です。

薬剤師の年収は病院や薬局など職種別に差があり、よく年収を調べず就職するとずっと低年収のままです。

そのため、薬剤師の平均年収はいくら?都道府県、年齢別、男女別に徹底調査!年収アップの方法も解説しますも読んでみてください。

第二新卒薬剤師の転職を成功させるポイントまとめ

薬剤師が第二新卒の転職を成功させる5つのポイントをまとめました。

  1. 将来のキャリアプランや希望条件を明確にする
  2. ブランクを開けない
  3. 意欲と実務経験をアピールする
  4. 給料の交渉をする
  5. 薬剤師転職サイトに登録する

転職を成功するためにはこれらのポイントを押さえることが重要です。

特に転職が初めてで、絶対に失敗したくない人は薬剤師転職サイトを利用してみましょう。

あやせ

転職のプロの担当者がついて、あなたの質問に何でも答えてくれます

無料で利用できるのに、もし給料交渉で年収が月1万円でも上がれば生涯年収も大きくアップします。

転職するか迷っている人、自分だけでうまく転職できるか不安な人は、まず薬剤師転職サイトのキャリアアドバイザーに無料で相談してみましょう。

\無料登録後もお金は一切かかりません/

薬剤師転職サイトの選び方や評判も解説しているので参考にしてください。

調剤薬局ランキングでは給料や福利厚生、教育体制まで徹底比較しています。

調査対象:第二新卒で転職した薬剤師
調査手法:直接聞き取り、クラウドワークス
調査期間:2022年9月1日~9月15日

  • URLをコピーしました!
タップできる目次