調剤薬局ランキング2023年最新版見る

薬剤師に英語は必要?英語力が生かせる求人や採用されるコツもあわせて紹介

本サイトはプロモーションが含まれています。口コミやコメントにはお客様の声の一部を掲載しています。
薬剤師に英語は必要?英語力が生かせる求人や採用されるコツもあわせて紹介
薬剤師

日本の病院や薬局で働く薬剤師に英語は必要ないでしょ

「調剤の仕事だけ」「平均的な年収でいい」薬剤師にとって、英語は必要ありません。

しかし薬剤師が飽和すると言われる今、英語ができると、他の薬剤師にはできない仕事高年収の仕事や転職が可能になります。

この記事では薬剤師に英語が必要な理由やメリット、勉強法、英語を使う求人の仕事内容と探し方まで解説します。

さらに薬剤師で英語を使う仕事に転職した先輩薬剤師達から、採用されるコツも聞きました。

英語を勉強したほうがいいか気になる、英語力を生かした仕事に転職したい薬剤師の人は、ぜひ最後まで読んでみてください。

ただ、薬剤師で英語を使う仕事の求人は少ないです。

そのため効率的に英語の求人を探すためには、国内最大級の薬剤師求人数を持つに必ず登録しておきましょう。

\無料登録後もお金は一切かかりません/

公式

・薬剤師登録者数No.1

・職場の内部事情を裏側まで調査

・1分で登録、退会もメールで簡単

タップできる目次

薬剤師に英語は必要?職場別に解説

薬剤師に英語は必要?職場別に解説

結論から言うと、薬剤師に必要な英語力は職場ごとに違うため、それぞれの職場で必要な英語力を磨いていく必要があります。

大きな傾向としては、病院や企業では研究志向が強いためリーディング・ライティングの英語力、薬局やドラッグストアは患者対応に必要なリスニング・スピーキングの英語力が必要です。

北海道科学大学薬学部が実施した、仕事で英語を使うことがある薬剤師240名のデータや私の経験から見ていきましょう。

  1. 病院で必要な英語力
  2. 薬局・ドラッグストアで必要な英語力
  3. 企業で必要な英語力

薬剤師の英語使用の実態と必要性の認識および学部時代の教育への評価に関する調査研究
―病院と薬局薬剤師の比較―

調査対象:職業上英語の使用歴のある薬剤師(病院薬剤師120名、薬局薬剤師120名)
調査手法:WEBアンケート調査
回答数:240人
調査期間:2017年2月27日〜3月9日

①病院で必要な英語力

病院で必要な英語力

薬局に比べ、病院薬剤師の使用頻度が高いのはリーディングとライティングで、病院では特にこの2つの英語力が必要です。

引用元:薬剤師の英語使用の実態と必要性の認識および学部時代の教育への
評価に関する調査研究

病院では薬局に比べ専門・研究のためのリーディング・ライティングが必要とされており、「論文」「専門誌」「院内文書」「契約書」などで英語が必要な機会が多いためです。

最新の学会情報もほとんど英語で発表されるため、新薬や比較データの結果を早く知るためには英語論文を読む必要があります。

あやせ

医師からも、「●●学会の速報の●●試験どう思う?」などデータの解釈を聞かれることもあります

こういった情報について詳しくなれば薬剤部や医師からの信頼も厚くなり、より深く治療方針について聞けたり、病院薬剤師としてのやりがいも大きくなります。

またスピーキングも学会発表のオーラル(口頭発表)の機会がある病院で必要になります。

②調剤薬局・ドラッグストアで必要な英語力

調剤薬局・ドラッグストアで必要な英語力

病院に比べ、調剤薬局やドラッグストアで必要な英語力はリスニング&スピーキングです。

引用元:薬剤師の英語使用の実態と必要性の認識および学部時代の教育への
評価に関する調査研究

薬局は患者対応が必要な機会が多く、コミュニケーションのためのリスニングとスピーキング能力が必要なことがわかります。

特に、「薬学分野にとらわれない一般的なオーラルコミュニケーション」「基本的な語彙や表現」など、日常のコミュニケーションに役立つ英語が必要という意見が多く見られました。

③企業で必要な英語力

企業で必要な英語力

企業では部署によって必要な英語力が異なりますが、ほとんどの部署で必要なのはリーディングです。

国内外の論文はほぼ英語なので、必要な論文を読んで、問い合わせに回答したり勉強会用の資料作成に使います。

リスニング・スピーキングは学会参加するときに少し必要ですが、海外対応の部署でない限り、ほぼ不要です。

あやせ

海外対応が必要な部署に行きたい場合は、会話能力が必要です

薬剤師に英語力があると有利な3つの理由

次に薬剤師に英語力があると有利な3つの理由を見ていきましょう。

  1. 他の薬剤師と差別化できる
  2. 年収が上がる
  3. 転職に有利

①他の薬剤師と差別化できる

最も有利な理由は、他の薬剤師と差別化できることです。

  • 外国人と話せる
  • 論文が読める、書ける
  • 英語で発表できる

これらの能力があれば、以下の点で他の薬剤師より有利になります。

薬剤師として有利な点
  • 学会発表の機会が多く、認定薬剤師を取りやすい
  • 外国人対応など、英語が必要な仕事で重宝される
  • 最新情報を早く大量に得られる

 例えば緩和薬物療法認定薬剤師などの認定資格には、学会発表が必要なものも多いです。

薬剤師として実務に従事している期間中に、本学会年会あるいは別に規定する学術集会において緩和医療領域に関する学会発表(一般演題)を2回以上(少なくとも1回は発表者)行っていること。

日本緩和医療薬学会

英語力で他の薬剤師と差別化できれば、薬剤師が余る状況になったとしても必ず活躍の場があります。

②年収が上がる

薬剤師に英語力があると年収が上がる

英語ができれば他の薬剤師と差別化できるため、結果として年収が上がりやすいです。

  • 昇進できる(重要なポジションにつける)
  • 資格手当がつく
  • 英語が必要な高収入の職場に転職できる

英語が必要な部署での昇進が早かったり、資格手当をもらえるなど金銭的なメリットも大きいです。

また英語力があり、製薬企業など企業へ就職や転職ができれば、他の業種より平均年収が高くなります。

医薬品業界の年収(30歳独身)
引用:30歳独身の場合の医薬品業界の年収|よくわかる医薬品業界(P40)

このように年収の高い英語求人を探すなら、国内最大級の薬剤師求人数を持つに相談してみましょう。

英語を活かせる求人を紹介してくれます。

\無料登録後もお金は一切かかりません/

公式

・薬剤師登録者数No.1

・職場の内部事情を裏側まで調査

・1分で登録、退会もメールで簡単

③転職に有利

認定資格があると年収が上がるうえ、専門知識をもつ薬剤師が欲しい職場への転職も有利です。

調剤薬局やドラッグストアでも外国人の多い地区や、外国人対応がある薬局では積極的に採用してもらえます。

企業もTOEIC700点以上を応募要件にしているところが多く、このくらいの英語力があれば企業への転職も有利なのは間違いありません。

あやせ

薬剤師が余る時代でも、英語力があれば転職先に困ることはありません

最近では世界的大企業Amazonコストコでも薬剤師求人があり、英語力のある人を募集しています。

ただ、薬剤師で英語を使う仕事の求人は少ないです。

そのため効率的に英語の求人を探すためには、国内最大級の薬剤師求人数を持つに必ず登録しておきましょう。

\無料登録後もお金は一切かかりません/

公式

・薬剤師登録者数No.1

・職場の内部事情を裏側まで調査

・1分で登録、退会もメールで簡単

薬剤師におすすめの英語勉強法

ここでは現役薬剤師が、仕事で使える英語力を高めるためのおすすめの勉強法を紹介します。

濃いグラフが病院薬剤師、薄いグラフが薬局薬剤師が多く行っている勉強法を示しています。

引用元:薬剤師の英語使用の実態と必要性の認識および学部時代の教育への
評価に関する調査研究

病院薬剤師は、「新聞,雑誌,本を読む」「市販の教材で学習」「インターネット学習サイトを利用」の割合が多く、薬局薬剤師は「語学学校や英会話学校に通う」人が多い結果となりました。

英語勉強法
病院薬剤師新聞、雑誌、本を読む
市販の教材で学習
インターネットや学習サイトを利用
薬局薬剤師民間の語学学校や英会話学校に通う
市販の教材で学習
新聞、雑誌、本を読む
あやせ

薬局ではコミュニケーションのための英語力が一番必要と思っている人が多いですね

実際に英語を仕事で使っている薬剤師が英語学習でおすすめした本やサービスを紹介するので、チェックしてみてください。

英語学習は1人だと挫折しがちなので、オンライン英会話やTOEICオンラインコーチスタディサプリENGLISH なら続けられる人も多いです。

リーディング

PubMedの論文をchoromeで日本語変換して読み比べる
医薬系論文は構成が同じなので、数をこなす

ライティング

型を覚えて、型に単語を当てはめて書く
医学英語論文の型をまとめた本「トップジャーナル395編の「型」で書く医学英語論文」がおすすめ
薬品情報提供書や服薬指導パンフレットを自ら作成する

リスニングスピーキング

ニュースで英語術 | NHKゴガク
スタディサプリEnglish ビジネス英会話
Youtubeでリスニングの練習
移動中に英語をかけシャドーイングする

病院・薬局で使う外国語英語集を覚える

TOEIC

TOEICオンラインコーチスタディサプリENGLISH でオンラインコーチと学習する

このように無料のサービスから、短期間で確実に習得したい人向けの有料サービスもあるので、目的に合った学習法を試してみてください。

薬剤師で英語を生かせる求人10選

ここでは英語を生かして働きたい薬剤師の人に、英語を生かせる仕事の求人を10個紹介します。

調剤では外国人患者の多い薬局や病院、空港内のドラッグストアが多く、調剤以外では企業の求人が多いです。

最近では世界的大企業Amazonコストコでも薬剤師求人があり、英語力のある人を募集しています。

あやせ

どの仕事もやりがいがあり、できる人が少ないので、年収アップできる場合が多いです

企業でも未経験からチャレンジできる仕事もあるので、求人内容を見てみましょう。

  1. 外国人の多い地域の調剤薬局
  2. 空港内ドラッグストアのOTC販売
  3. 外国人患者が多い病院
  4. 広告代理店のメディカルライター
  5. 医薬品メーカーの薬事申請業務
  6. 医薬品原料商社
  7. 医薬系商社での品質管理業務
  8. 外資系製薬会社のメディカル部門
  9. 大手製薬会社の開発薬事業務
  10. 外資系製薬会社での営業担当

①外国人の多い地域の調剤薬局

薬剤師で英語が生かせる仕事として、外国人患者が多い病院での服薬指導担当

東京都港区、広尾などの外国人が多いセレブ街などにある調剤薬局での調剤業務です。

薬剤師が英語を生かせる仕事として外国人の多い地域の調剤薬局がある
引用元:マイナビ薬剤師

英語対応薬剤師を配置し、英語の医薬品情報提供書や英語問診票を使って仕事を行うところもあります。

薬剤師が英語を生かせる仕事として外国人の多い地域の調剤薬局には英語対応薬剤師もいる
引用元:ファルマスタッフ

患者様の4~5割が外国人のため、英語のスキルが生かせる上、VIPの方も訪れるため専用の投薬台があるなどの貴重な経験ができます。

年収目安 480~550万円

外国人の多い地域の調剤薬局の求人を探すなら、がおすすめです。

\無料登録後もお金は一切かかりません/

公式

・薬剤師登録者数No.1

・職場の内部事情を裏側まで調査

・1分で登録、退会もメールで簡単

②空港内ドラッグストアのOTC販売

薬剤師の英語を使う求人には空港内ドラッグストアのOTC販売がある

国内の空港に直結しているドラッグストアでのOTC販売の仕事です。

薬剤師が英語を生かせる仕事として空港内ドラッグストアのOTC販売がある
引用元:ファルマスタッフ

空港直結のため様々な国の方が訪れ、英語での丁寧なカウンセリング、アドバイスが求められるため、英会話ができる人は積極的に採用されます。

さらにOTC販売を通じて、様々な国の人の健康を支えることができる、やりがいのある仕事です。

旅行好きや、空港の雰囲気が好きな薬剤師にもおすすめです。

年収目安 430万~550万円

空港内ドラッグスストアの求人を探すなら、に登録してみましょう。

\無料登録後もお金は一切かかりません/

公式

・薬剤師登録者数No.1

・職場の内部事情を裏側まで調査

・1分で登録、退会もメールで簡単

③外国人患者が多い病院

外国人患者が多い病院では、外来での服薬指導担当英語の薬剤情報提供書の作成の仕事で英語を使う機会が多いです。

病院薬剤師としての経験や、英会話も伸ばせる環境なので、英語を使った薬剤師の仕事として給料以上のベネフィットが得られます。

厚生労働省は訪日外国人や在留外国人の増加に伴い、外国人患者を受け入れる医療機関の情報を取りまとめたリスト(以下、医療機関リスト)も公開しています。

引用元:「外国人患者を受け入れる医療機関の情報を取りまとめたリスト」について|厚生労働省
あやせ

英語を使う病院薬剤師になりたい人は、この病院リストも見てみるといいですよ

年収目安 300万~500万円程度

外国人患者の多い病院求人を効率的に探したいなら、に紹介してもらいましょう。

\無料登録後もお金は一切かかりません/

公式

・薬剤師登録者数No.1

・職場の内部事情を裏側まで調査

・1分で登録、退会もメールで簡単

④広告代理店のメディカルライター

薬剤師で英語を使う仕事に広告代理店のメディカルライターがある

メディカル広告代理店のメディカルライターは、英語論文を読解したり、国内外の学会や講演会の内容をまとめ、医薬品情報の記事を作成する仕事です。

引用元:ファルマスタッフ
あやせ

海外の学会で発表された試験結果や論文をMRが使うパンフレットにまとめたりするので、英語力に加えて専門領域の知識も必要です

KOL(キーオピニオンリーダー)と言われる、他の医師の治療方針に影響力のある医師達へのインタビューや対談などをすることもあります。

KOLは医薬品の比較試験の名前を「CodeBreaK200試験の結果から〜」といったようにバンバン出してきますので、専門領域の最新知識がないと話の内容が理解できません。

英語力に加えて専門知識もある人材が必要なので、薬剤師で英語を生かした仕事をしたい人には魅力的な仕事です。

年収目安 500~700万円

薬剤師のライターとして英語を生かして働ける求人はに紹介してもらいましょう。

\無料登録後もお金は一切かかりません/

公式

・薬剤師登録者数No.1

・職場の内部事情を裏側まで調査

・1分で登録、退会もメールで簡単

⑤医薬品メーカーの日本代理店での薬事申請業務

海外にある医薬品メーカーの日本代理店での薬事申請業務の仕事です。

日本、米国、欧州諸国に医薬品を供給しているグローバル企業で、海外出張もあるためビジネスレベルの英語力を生かすことができます。

経験者採用が多いですが、未経験でも可能な企業もあるので薬剤師転職サイトの担当者に探してもらうことがおすすめです。

年収目安 400~600万円

⑥医薬品原料商社

薬剤師で英語を使う仕事には医薬品原料商社での申請書業務、事務業務、管理薬剤業務がある

医薬品原料商社での申請書業務、事務業務、管理薬剤業務の仕事です。

ジェネリック原薬を扱い、海外28カ国80余社との取引があるため英語力を生かすことができます。

取引先は製薬会社が多く、堅実なビジネスモデルで経営が安定しているとことが多いです。

あやせ

薬剤師は製薬会社だけでなく、医薬品関連の商社や医療機器メーカーなど幅広い企業で募集されているんです

年収目安 400~500万円

企業の内勤求人を効率的に探すには、に登録して探すのがおすすめです。

\無料登録後もお金は一切かかりません/

公式

・薬剤師登録者数No.1

・職場の内部事情を裏側まで調査

・1分で登録、退会もメールで簡単

⑦医薬系商社での品質管理業務

海外の供給先から医薬品の原料や中間体を買い付ける商社の仕事で、未経験から応募可能です。

国内外の製造業者のサポート業務や取扱製品についての薬事対応など、薬剤師免許や知識が必要な業務を行います。

医薬系商社も納品先は大手製薬会社のため、安定した経営の会社で長く働きたい人におすすめです。

年収目安 400〜500万円

全国の品質管理業務の求人は、に登録して探すのがおすすめです。

\無料登録後もお金は一切かかりません/

公式

・薬剤師登録者数No.1

・職場の内部事情を裏側まで調査

・1分で登録、退会もメールで簡単

⑧外資系製薬会社のメディカル部門

外資系製薬会社のメディカル部門で、医薬情報を提供するために、英語文献を翻訳し、まとめる仕事です。

海外社員とのやり取りもあるため、英語でコミュニケーションが取れることが必須です。

製薬会社でもメディカル部門は未経験採用もあり、英語力の高い人は調剤からの応募も可能な場合があります。

製薬会社は土日祝休み、定時退社、テレワーク可能など調剤にはない働き方ができるので、英語ができる人はチャレンジする価値があります。

あやせ

外資系は年収が高くても、住宅手当や退職金がない場合もあるので、入社前には転職サイトの担当者に調べてもらった方がいいです

年収目安 500~700万円程度

⑨大手製薬会社の開発薬事業務

薬剤師で英語を使う仕事として、大手製薬会社の開発薬事業務がある

大手製薬会社の開発薬事業務で、臨床試験実施計画書の作成や、データ解析、治験届の作成、提出などを行う仕事です。

グローバル企業であるため、英語でのビジネスコミュニケーションを生かすことができます。

大手製薬会社の開発薬事は経験者が優先されるため、まずは医薬品や化粧品、医薬品原料などの企業で薬事の仕事をして、転職でステップアップする人が多いです。

年収目安850~950万円

⑩外資系製薬会社での営業担当

外資系製薬会社での営業担当

外資系製薬会社での営業の仕事です。

自社製品を各国でどのように売り上げるか戦略を立てたり、英語を使用した会議やプレゼン、パンフレットを作成し自社製品の売り上げを目指します。

営業の経験者採用がメインになりますが、薬剤師で英語力があれば未経験でも採用された人もいます。

30代から年収1000万円以上の高収入も可能な職種なので、募集があれば積極的に応募してみましょう。

年収目安 550万~750万円

このような英語を使う仕事を効率的に探すなら、国内最大級の薬剤師求人数を持つがおすすめです。

品質管理業務の求人を効率的に探すには、に登録して探すのがおすすめです。

\無料登録後もお金は一切かかりません/

公式

・薬剤師登録者数No.1

・職場の内部事情を裏側まで調査

・1分で登録、退会もメールで簡単

薬剤師で英語を使う求人の探し方

薬剤師で英語を使う仕事に付きたい人に向けて、求人の探し方も6つ紹介します。

  1. 薬剤師転職サイト
  2. 企業ホームページ
  3. 友人・知人の紹介
  4. 大学の学生課の紹介、掲示物
  5. 派遣・パートから昇格
  6. ハローワーク
あやせ

実際に利用した人の口コミもありますので、1つずつ見ていきましょう

①薬剤師転職サイト

最も多くの人が利用していたので、薬剤師専門の転職サイトです。

薬剤師で英語を使う求人の探し方

薬剤師専門の転職サイトには調剤薬局、ドラッグストアのみならず、製薬会社、医薬品メーカーの代理店など5万件以上の求人があり、英語を生かした求人も一番多く保有しています。

転職サイトの担当者に、「英語が生かせる職場を紹介してほしいと」と伝えれば、英語を使った求人を紹介してくれますよ。

口コミ

製薬会社での開発・薬事業務|20代女性

転職サイトに登録する際に英語を使って仕事ができる機会が多い会社にしぼって求人を紹介してもらえるよう依頼した。

転職サイトの中でも、国内最大級の薬剤師求人数を持つには必ず登録しておくのがおすすめです。

\無料登録後もお金は一切かかりません/

公式

・薬剤師登録者数No.1

・職場の内部事情を裏側まで調査

・1分で登録、退会もメールで簡単

②企業ホームページ

希望する職種や企業などが明確になっている場合には、直接企業のHPを見て、採用があるかどうか確認してく方法もあります。

ただ1つ1つ自分で確認していくため、手間がかかります。薬剤師転職サイトと併用したほうが良い方法です。

③友人・知人の紹介

実際に英語を生かした仕事をしている知人、前職の知り合いがいる場合は、その人に紹介してもらうという方法です。

口コミ

製薬会社のメディカル部門|30代男性 

転職エージェントを介した転職ではなく、前職は製薬会社が委託していたメディカルコールセンターで働いており、クライアントである製薬会社からお声がかかり、製薬会社のメディカル部門に転職しました。

この方のようにコールセンターなど未経験の薬剤師の募集が多い会社にまず入社すれば、さらに高待遇の会社に経験者として応募できるようになります。

④大学の学生課の紹介、掲示物

大学の学生課での就職相談や、掲示物に英語を生かせる仕事の求人が出ていることもあるため、しっかりチェックしましょう。

口コミ

外国人患者の多い病院薬剤師|40代女性

大学に貼ってあったポスターを見て、応募しました。現在は、主に外国人患者さんへの服薬指導をしています。

⑤ハローワーク

ハローワークを利用する方法です。

ただハローワークは求人数が圧倒的に少ないため、必ず薬剤師転職サイトも登録しておきましょう。

⑥派遣・パートから昇格

英語を使った求人を探すには派遣・パートから昇格する方法もある

まず英語を使う仕事をしている会社で派遣やパートとして働き、正社員への昇格や転職をする方法です。

派遣やパートでも英語を使った仕事をしたことのある薬剤師なら、昇格や転職で正社員として採用される可能性は高いです。

派遣やパートで時給が低い職場でも、将来の正社員登用や転職を見据えて、英語を使った仕事でを選ぶのは賢い戦略です。

口コミ

外資系製薬会社|30代女性

すぐに英語を使える部署ではなく、将来英語が使える部署への異動ができるような仕事を探した。

薬剤師で英語を使った仕事を探す方法を6つ紹介しましたが、求人数が一番多く英語の仕事が見つかる可能性が高いのは薬剤師転職サイトです。

その中でも薬剤師求人数が最大のには必ず登録しておきましょう。

\無料登録後もお金は一切かかりません/

公式

・薬剤師登録者数No.1

・職場の内部事情を裏側まで調査

・1分で登録、退会もメールで簡単

薬剤師の英語を使った求人に採用される3つのコツ

薬剤師の英語を使った求人に採用される3つのコツ

薬剤師の英語を生かした求人に採用されるために、3つのコツも紹介します。

実際に英語を生かした求人に採用された先輩たちの体験談もありますので、3つのコツを実践することで内定に近づきましょう。

  1. 数字で示せる実績を作る
  2. 英語の能力が証明できる経歴をアピール
  3. 転職サイトに登録する
あやせ

すごい実績がなくとも、やる気継続して努力する姿勢をアピールすることが大事です!

①数字で示せる実績を作る

英検、TOEICなど、英語力を証明するために、誰もが納得する数字で示せる実績を作りましょう。

客観的に英語力がわかりますし、受験している人=努力している人と好印象を持たれます。

すでに実績のある人はしっかりと数字で示し、実績がない人はまずはTOEICの受験がおすすめです。

あやせ

医薬品業界ではTOEICを採用や歓迎要件にしている会社が多いです

口コミ

製薬会社のメディカル部門|30代男性 

最初はそこまで英語力がなかったので、事前に正直につたえました。(TOEIC500点程度)しかし、英語は好きであること、今後継続して英語の勉強をしていくことをしっかりアピールしました。

薬剤師のダブルライセンスでもTOEICは一番広く使える資格として推薦しています。

②英語の能力が証明できる経歴をアピール

英検やTOEICなどの点数で示せなくても、自身の経験やエピソードで英語力を示すこともできます。

例えば、

  • 短期留学したことがある
  • 映画は字幕無しで読める
  • 海外旅行で日常会話は問題ない

など、採用担当者にあなたの英語力が伝わるようにアピールしましょう。

口コミ

製薬会社のDI業務30代女性

TOEICスコア(800点)、アメリカやオーストラリアなどでの留学経験、薬のしおりの翻訳などを人事に直接アピールした。本社などに依頼して薬のしおりの翻訳作業を行う場合は1年単位でかかってしまうので私に翻訳してほしいという依頼があり、その仕事は私は1週間でやり遂げた、というエピソードをアピールした。

口コミ

内資系→外資系製薬企業30代女性

履歴書にTOEICの点数を記載。留学経験はなく、アピールできるほどの能力はないため、面接では自ら英語力そのものをアピールすることはせず、聞かれたベースで答えるようにした。不得意であるが、継続的にTOEICを受験していること、英会話スクールに通いビジネスレベルで話せるよう努力していることは必ず伝えるようにした。

口コミ

外国人患者の多い病院薬剤師|40代女性

基本はやる気アピールです(笑)

採用時の面接で、大学で英語、ドイツ語はもちろん中国語、韓国語、スペイン語を2単位ずつ習得し、初心者ながら辞書をひけるという話をしました。

基本的に学ぶ姿勢があるというところを見せました。

英語は人並み以上にできるわけではなく、ハリーポッターを原書で読みたくて辞書をひきながら勉強し、言い回しを友人に聞いて和訳した程度と素直に言いました。

英語力に自信が無くても、「英語が好き」「現在も勉強中」「今後も勉強していく」ことをしっかり伝えることは大切です。

③転職サイトに登録する

英語を使った求人に採用されるコツとして、薬剤師転職サイトに登録するのがおすすめ

薬剤師で英語を使う仕事に内定するためには、薬剤師転職サイトの担当者に相談することで、内定する確率がぐっと高まります。

薬剤師転職サイトの担当者は、英語求人での転職支援も豊富なため、内定のためのノウハウをいろいろと知っています。

企業へのアピール方法、採用されやすい人の特徴など、自分では知らないことをたくさん教えてくれます。

履歴書や職務経歴書の添削面接の練習もしてくれるので、あなたのスキルを上手にアピールして、希望の仕事に内定するような支援をしてくれます。

あやせ

担当者に直接会わなくても、電話やLINE、ZOOMなどのオンラインの支援もしてくれますよ

薬剤師で英語を使う求人を探すなら、国内最大級の薬剤師求人数を持ち、転職サポートも充実しているがおすすめです。

\無料登録後もお金は一切かかりません/

公式

・薬剤師登録者数No.1

・職場の内部事情を裏側まで調査

・1分で登録、退会もメールで簡単

薬剤師の英語を使った求人探しにおすすめの転職サイト

最後に、薬剤師の英語を使った求人探しにおすすめの転職サイトを2つ紹介します。

  1. 国内最大級の求人数:薬キャリ
  2. 非公開求人が豊富:マイナビ薬剤師
  3. ここにしかない英語求人を持つ:ファルマスタッフ
あやせ

英語を使った求人は少ないため、良い条件の求人を逃さないように最低2社は登録しておきましょう

迷う人は、国内最大級の求人数で、職場の内部事情まで詳しく調査してくれるがおすすめです。

①職場の内部事情を裏側まで徹底調査:薬キャリ

【公式サイト】

は日本最大級の医療従事者専用サイトをもつエムスリーが運営し、国内最大級の求人を保有しています。

そのため英語を使った求人を紹介できる確率も高いです。

あやせ

また、薬剤師登録者数も1番多いので、ものすごい量の職場の口コミをもっている転職サイトです

職場の人間関係や職場環境なども膨大なデーターから口コミなどを調べてくれます。

あやせ

求人票だけではわからない内部事情を裏側まで徹底調査してくれます

はメールや電話、ZOOMなどのオンラインで対応してくれるため、家にいながら転職活動できます。

最短3日で転職でき、早く転職したい人にもが一番おすすめです。

\無料登録後もお金は一切かかりません/

公式

\使った人の評判も見てみてください/

②非公開求人が豊富:マイナビ薬剤師

【公式サイト】

は大手人材会社のマイナビが運営する、薬剤師専門の転職サイトです。

薬キャリに並ぶ国内最大級の求人数を持ち、さらに登録者限定の非公開求人も豊富。

あやせ

登録した人だけに紹介してくれる非公開求人は、応募が殺到する好条件の求人が多いです

会社の制度や、実際に働いている薬剤師の評判まで、職場の内部事情をしっかり調査してある、良質な求人が集まっています。

応募書類の書き方指導や添削や面接の練習など、転職に必要なすべてのサービスもすべて揃っているので、安心しておまかせできます。

面談できる拠点も国内最大級の15箇所あるので、地方での転職活動もしっかりサポートしてくれますよ。

\実際の体験談も見てみてください/

③ここにしかない英語求人がある:ファルマスタッフ

薬剤師転職サイトのおすすめ2つ目は、高収入求人が豊富なファルマスタッフ

【公式サイト】

は日本調剤グループの株式会社メディカルリソースが運営し、21年以上も薬剤師の転職支援を行っている実績のある転職サイトです。

ネットには公開しないファルマスタッフ独自の非公開求人も保有し、英語を使った求人を探すならにも登録しておいたほうが良いです。

あやせ

英語を使った求人も、【英語】というキーワードを入力すれば簡単に探せます

ファルマスタッフは英語を使った求人が探しやすい

面接に同行してくれるサービスもあり、万全な転職サポートを受けたい人はがおすすめです。

\使った人の評判も見てみてください/

薬剤師で英語を使う求人の探し方と採用されるコツまとめ

薬剤師の英語を生かした求人の探し方は以下の方法があります。

  1. 薬剤師転職サイト
  2. 企業ホームページ
  3. 友人・知人の紹介
  4. 大学の学生課の紹介、掲示物
  5. 派遣・パートから昇格
  6. ハローワーク

この中では、薬剤師転職サイトが一番求人数が多く、調剤薬局、ドラッグストア、製薬会社、医薬品メーカー代理店など英語を使う仕事の求人も豊富です。

また、転職サイトの担当者と相談もできるため、自分の英語力のアピール方法、企業へのマッチ具合など客観的なアドバイスを受けることもできます。

転職サイトへ登録することで、英語を使った理想の職場に出会える確率がぐっと高まります。

あやせ

英語を生かしてグローバルに活躍する薬剤師になってくださいね

薬剤師で英語を使う求人は少ないため、国内最大級の薬剤師求人数を持つには登録し、効率的に探していきましょう。

\無料登録後もお金は一切かかりません/

公式

・薬剤師登録者数No.1

・職場の内部事情を裏側まで調査

・1分で登録、退会もメールで簡単

薬剤師転職サイトの選び方や評判も解説してます。

企業薬剤師になりたい人は、企業に強いの利用がおすすめです。

薬剤師の口コミの調査概要

調査対象:英語を生かした仕事で働く薬剤師
調査手法:直接聞き取り、クラウドワークス
調査期間:2022年9月28日〜10月14日

  • URLをコピーしました!
タップできる目次