薬剤師は性格が真面目だけど変な人が多い?200人以上の薬剤師と接した経験から分析

『薬剤師って真面目だけど変な人多くない?』

 

薬剤師の性格について、こう言われたり、こんな意見を聞いたりしたことはありませんか?

 

また実際にそう思ったことがある人もいますよね。

 

そこで、薬学部時代と仕事で約200人以上の薬剤師と接した私が薬剤師の性格について3つの特性から分析してみます。

 

  1. 薬学部の特性
  2. 薬剤師という職業の特性
  3. 薬剤師が働く職場の特性

 

この記事を読むことで、薬剤師の性格について理解できるようになりますよ。

タップできる目次

薬剤師は性格が真面目だけど変な人が多いのか?

 薬学部の特性から考える

薬剤師になるためには、6年制薬学部を卒業して薬剤師国家試験に合格する必要があります。(※2017年以前の4年制入学者は例外あり→薬剤師国家試験|厚生労働省

 

つまり薬剤師になるためには、

・6年分の学費が必要

 

・なるべく6年で卒業する(留年しない)

 

・なるべく1回で国家試験に合格する(国試浪人しない)

このようなハードルを超える必要があるのです。

 

あやせ呆れ顔

私が薬学部の時にクラスメイトと接して感じた率直な感想は、『家が裕福で、真面目な人が多い』ということでした。

 

 6年制薬学部の学費は国立大学で350万程、私立大学では1200万程になります。

 

国立大学に進学できる学力、私立大学の学費を払える家庭の出身ということは、大学前からある程度の教育資金をかけてもらった人達です。(もちろん奨学金をもらっている人もいます)

 

さらに薬学部の留年率は約30%、国家試験の合格率は69.58%(第105回より)です。

 

つまりしっかりとした教育を受け、試験を突破する勉強を真面目にこなした人達であると言えます。

 

また、薬剤師という職業を選んだ理由に、

 

  • 医療系の職業の親族が多い
  • 医療に関わる仕事がしたい
  • 国家資格を取得し、安定した職につきたい

 

といった人が多かったため、非常に保守的で堅実な人達であるという印象を受けました。

 

薬学部の特性まとめ

・薬学部生は良い家庭の出身者が多く、悪く言えば世間知らず。

 

・しかし真面目に勉強し、堅実で性格が良い人達が多数派を占める。 

 

・人を騙したり蹴落とそうといった性格の悪い人はほとんどいない。

薬剤師という職業の特性から考える

薬剤師という職業の特性から考える

調剤業務に従事する薬剤師が多いため、薬剤師の職業の特性=調剤業務の特性という事で書きます。

 

調剤業務は、主に以下のような内容を行います。

 

  1. 処方箋の内容に問題ないか確認する(用法用量、相互作用など)
  2. 処方箋に沿って医薬品を調合する
  3. 最終監査を行い、患者さんに投薬する
  4. 薬歴を作成する(患者さんからの聞き取り内容、服薬指導の内容などを記載)

 

『処方箋通りに薬を集めているだけ』と揶揄されることがある調剤業務ですが、実際は調剤過誤を起こさないよう注意深く行っています。

 

薬剤師が調剤過誤を起こしてしまい、重大な健康被害が起こった場合は法的責任を問われる可能性があるからです。

 

【調剤過誤とは】

調剤事故の中で、薬剤師の過失により起こったもの。

 

調剤の間違いだけでなく、薬剤師の説明不足や指導内容の間違い等により健康被害が発生した場合も、「薬剤師に過失がある」と考えられ、「調剤過誤」となる。

引用:日本薬剤師会

 

つまり薬剤師は、『薬学的知識を常にアップデートし、処方箋の内容があっているか注意深くチェックする』という神経質な仕事を行う職業なのです。

 

投薬も患者さんとのコミュニケーションはもちろん大事ですが、投薬時にふとした患者さんの言葉にも敏感になります。

 

第三者の女性

そう言えば最近サプリを飲みはじめてね〜

 

など相互作用に注意すべきことがあれば、

 

『サプリを飲まれているんですか?いつから、どのくらいの頻度で飲んでいますか?服用されているお薬で相互作用がないか調べますから!』

 

などと鬼気迫る勢いで質問することがあります…

 

患者さんからするとちょっとした世間話でも薬剤師は健康被害に繋がるミスは徹底的に防がないといけないので、余裕のない対応をしてしまうことがあります。

 

そのような仕事なので、日常生活でも他人のふとした言葉の使い方や間違いなど細かいところに気づく人が多いです。

 

『自分の仕事をミスなくこなす』というプレッシャーから、同僚や患者さんにも余裕がなく素っ気ない態度をしてしまい『話の通じない変な人』と思われることがあります。

 

 

薬剤師の職業特性のまとめ

・神経質な仕事のため性格が細かくなる傾向がある。

 

・自分の仕事を完璧にやろうとする責任感からコミュニケーションが素っ気なくなり、変な人と思われることもある

 

あやせ呆れ顔

料理でも『大さじ1.5』と書いてあるけど、0.5を正確に測れなくてモヤモヤする!と思うことがあります…適当に入れとけって話ですね…

 

薬剤師の働く職場の特性から考える

薬剤師の働く職場の特性から考える

私は調剤併設型ドラッグストアから製薬企業へ転職しています。

 

製薬企業は薬剤師以外の理系出身者や文系出身者が多くいます。そこで働いて私がカルチャーショックを受けたことは、

あやせ呆れ顔

年功序列と役職による明確なヒエラルキー(上下関係)がある!

 

 ということです。

 

ほとんどの人が定年退職まで同じ会社にいる環境では出世するため大事なのは『仕事ができる』ということだけでなく、『いかに上司に気に入られるか』。

 

そのため、上司に気に入られるためにものすごくコミュニケーションに気を使います。

 

しかし薬剤師は職場が嫌なら転職するという選択肢があり、上司に忖度してまで出世しようという意識を持つ人が少ない印象です。

 

そのため、『別に他人に気に入られなくてもいい』という一匹狼気質で黙々と仕事をこなす人も多いです。

 

会話も過度に相手に合わせずに、自分の意見をもって話すので、(時には意見を曲げないので頑固と思われることもある)よく言えば個性的、悪く言えば『変な人』と取られることがあるのかなと思います。

 

 

薬剤師の職場特性のまとめ

・出世にあまり興味がなく上司にごまをする必要がない。嫌なら転職できる。

 

・他人に気に入られなくてもいいという一匹狼気質でも仕事ができる

 薬剤師は性格が真面目だけど変な人が多い理由のまとめ

 薬剤師という性格について、3つの特性からまとめました。

 

  1. 薬学部の特性
  2. 薬剤師という職業の特性
  3. 薬剤師が働く職場の特性

 

結果、個人の意見ですが、薬剤師の性格にはこのような傾向がありました。

 

・薬学部生は良い家庭の出身者が多く、悪く言えば世間知らず。

 

・真面目に勉強し、堅実で性格が良い人達が多数派を占める。 人を騙したり蹴落とそうといった性格の悪い人はほとんどいない。

 

・神経質な仕事のため性格が細かくなる傾向がある。

 

・自分の仕事を完璧にやろうとする責任感からコミュニケーションが素っ気なくなり、変な人と思われることもある。

 

・出世にあまり興味がなく上司にごまをする必要がない。嫌なら転職できる。

 

・他人に気に入られなくてもいいという一匹狼気質でも仕事ができる。

 

あやせ正面顔

『この薬剤師、変な人!』と思ったら、このどれかの特性から来ていると思われます。

 

なので、よく話してみると印象が変わることも多いですよ!

 

 でも中には『本気で無理!』と思う薬剤師もいます。私もそのような人がいて、店舗を異動させてもらったことがあります。

 

なので、本当に相性が悪い薬剤師が同じ職場にいたら転職するという選択肢もあります。

 

 今思えば、相性の悪い人のことで悩む時間って本当に無駄でした。

 

なので人間関係が本当に無理で辞める前に、どんな仕事があるか探しておくだけでも心が楽になりますよ。

 

薬剤師専門の転職サイトに登録すると、薬剤師業界に詳しい転職エージェントの人が電話であなたの希望を聞いて、ピッタリの仕事を紹介してくれます。

 

全てのサービスが無料で利用できるので、おすすめの大手転職サイト4つを紹介しておきます。

 

リクナビ薬剤師 高収入で転職したいならここは必須。リクルートのパイプで好条件の求人が多いです。

 

マイナビ薬剤師  ※求人数がダントツで多い。特に調剤薬局、病院、クリニックに転職したい人は登録必須です。

 

ファルマスタッフ ※キャリアコンサルタントが必ず直接訪問して情報収集してくれるので、求人情報が非常に濃いです。企業求人も強い。調剤大手の日本調剤グループが運営。

 

薬キャリ 薬剤師登録者数が一番多いサイトで利用満足度は95%。エムスリーグループが運営。

 

私も転職サイトを使って未経験ながら製薬企業へ転職することができました。

 

さくっと転職サイトに登録して、もっと良い条件の求人がないか見てみましょう!

 

また、薬剤師のことをもっと知りたい人は、薬剤師が出てくる漫画を読んでみるのも良いですよ。

タップできる目次
閉じる