内定した薬剤師の履歴書の書き方例|志望動機・自己PR・趣味特技

あやせ呆れ顔

実際に内定した薬剤師が書いた本物の履歴書が見たい!!

 

 この記事を見てくれているあなた、こう思ったことはありませんか?

 

 ・薬剤師の履歴書の書き方を、周りに教えてくれる人がいない…

 

・実際に内定した薬剤師は志望動機や自己PR、趣味特技をどう書いたの?

 

そこで調剤併設型ドラッグストアから製薬企業へ未経験で転職した私が、実際に内定が出た自分の履歴書を元に、書き方を教えます!

 

この記事を読めば、あなたも内定するための薬剤師の志望動機と自己PR、趣味特技が書けるようになりますよ。 

 

タップできる目次

内定した薬剤師の履歴書の書き方例|志望動機・自己PR

 

それでは実際に履歴書の志望動機と自己PRの書き方を3つのポイントに分けて解説していきます。

未経験で企業に内定した薬剤師が教える履歴書の志望動機・自己PRの書き方

  1. 将来のキャリアビジョンが応募企業で達成できることを伝える
  2. 応募企業の特色や強みを理解しており、この企業だからこそ入社したいと強くアピールする
  3. 今までの経験(職務、経歴)が、応募企業で生かせる事を伝える

 

1つづつ見ていきましょう。 

 

将来のキャリアビジョンが応募企業で達成できることを伝える

 採用担当者は長く自社で働いてくれる人物を採用したいと思っています。

 

そのため、自分の希望するキャリアプランが応募企業で達成できるため、長く応募企業へ貢献できる人物であるという事を伝えましょう。 

 

例えば癌治療のサポートに力を入れている病院へ転職したいなら、

 

癌総合診療部のある貴院でがん患者さんの治療を総合的にサポートし、がん治療の分野で専門性を高めていきたい

 

在宅医療に力を入れている薬局へ転職したいなら、 

 

在宅医療を行う貴社で、患者さんの病気の治療やご家族との生活を包括的サポートにできるようになりたい

 

このように書いていけば良いでしょう。

 

POINT

自分の薬剤師としてのキャリアビジョンがその企業に就職することで達成できるということを書く。

 

リクナビ薬剤師に登録すると無料で履歴書の添削サービスが受けられます

登録はこちら

応募企業の特色や強みを理解しており、この企業だからこそ入社したいと強くアピールする

 『どこでもいいから受かりたい』ということが透けて見える志望動機はNGです。

第三者

でも見学もしていないし、応募企業のことは詳しくはわからない…

 

私も不安に思いましたが、そんな時は応募したい企業のHPを読んでみましょう。

  

その企業の特徴を知るために見るべきポイントは以下の3つです。

 

  1. 応募先のトップページ
  2. 企業理念
  3. 組織のトップ(病院長、代表取締役)のメッセージ

 

例えば、調剤大手の日本調剤のホームページでこの3つのポイントを見てみましょう。

 

①応募先のトップページ

調剤薬局事業を核とした総合ヘルスケアカンパニーへ

真の医薬分業の実現

業界トップクラスの薬剤師教育

②企業理念

日本調剤企業理念

 ③代表取締役社長のメッセージ

日本調剤トップメッセージ

 

日本調剤はこれからの環境変化を乗り越え、成長するための準備ができている企業です。

その一つは業界に先駆けたICT対応(以下略)

 

 もう一つは事業の中心となる人、薬剤師のスキルアップを支えるための質の高い教育システムと、資格取得をサポートするための制度を常にアップデートすることで、薬剤師の生涯教育にいち早く取り組んでいることです。(以下略)

 

日本調剤はこれからも未来を切り拓き、環境変化にひるむことなく、国民の皆さまから望まれる健全な医療の在り方“真の医薬分業を追求し、最良な医療サービスを提供するイノベ―ティブな企業グループとして日本の医療に、そして社会に貢献してまいります。

 

 3つを見てみると、

第三者(男性)

大体同じことが書いてあるじゃん!

と思いませんか?

 

要するに企業が大事にしていることや力を入れていることが、この3つのページを見れば大体分かるのです。

 

 そこで、3つのページに書かれている大事なメッセージを志望動機に一つは入れておきましょう。

 

御社は、地域の基幹病院などでの病院研修制度や外部認定資格の取得促進など、薬剤師の専門性を高めることができる教育環境であることに魅力を感じました。

 

 

御社は、電子お薬手帳の導入などICT対応を率先して行い、環境変化に素早く対応し常に『最良の医療サービスを提供する』という姿勢に共感いたしました。

  

このように書いていけば良いでしょう。

 

POINT

応募企業の特色や強みを理解しており、この企業だからこそ入社したいと強くアピールするために、企業のホームページで大事なメッセージを志望動機に入れる。

 

リクナビ薬剤師に登録すると無料で履歴書の添削サービスが受けられます

登録はこちら

今までの経験(職務、経歴)が応募企業で生かせる事を伝える 

今までの職務経歴が、応募企業で生かせる事を伝える 

就職や未経験の職種への転職でも、応募企業で生かせる経験は必ずあるはずです。

 

調剤薬局で勤務した経験があるなら、

 

・かかりつけを●件とった実績やその過程で得られた経験

 

・認定薬剤師、専門薬剤師を取得した実績やその過程で得られた経験

 

・管理薬剤師としてのマネジメント経験や店舗運営のスキル

 

調剤併設型ドラッグストアに勤務した経験があるなら、上記の調剤薬局のような経験に加えて、 

 

・OTC医薬品(薬局・ドラッグストアなどで処方せん無しに購入できる医薬品)の商品知識や販売経験

 

・売り場を担当したり売り上げを管理した経験

 

・患者さんや患者さん以外のお客さんへの接客経験

 

病院に勤務した経験があるなら、 

 

・抗癌剤などの注射調剤業務、注射薬混合調整業務、外来化学療法室や救命救急業務

 

・医薬品情報業務(DI)

 

・チーム医療を行う中で得た経験やスキル、コミュニケーション方法

 

このようなことを書いていけば良いでしょう。

 

あやせ正面顔

自分が当たり前にしていた仕事が、別の場所では高く評価されることがあるんです。

なので今自分がしている仕事を全て紙に書き出してみましょう。

 

例えば製薬企業や卸などでは『実際の患者さんと対話して接したことがある経験を持った人』が非常に少ない。

 

数多くの患者さんと対話した経験なども立派な実績になりますよ。 

 

リクナビ薬剤師に登録すると無料で履歴書の添削サービスが受けられます

登録はこちら

内定した薬剤師の履歴書の書き方例|趣味・特技

自己PRとしての趣味・特技欄の書き方

趣味・特技欄があった場合、何を書くべきか迷いますよね。

 

ここはただ趣味・特技を書くのではなく、求められる人材であることを伝える『自己PR』につなげるチャンスです。

 

以下のポイントを意識して書いてみましょう。

 

  1. 箇条書きなどでわかりやすく書く
  2. 応募企業の職種でも生かせる趣味・特技を書く
  3. 職種に向いている性格や長所を書く

 

 

私が応募した時の履歴書では趣味特技欄がなかったので、面接で話した内容を元に作成した例文はこちらです。

 

自己PRとしての趣味特技欄の書き方

スポーツ関連

学生時代や趣味でやっているスポーツ、ジムに通っているなどを書き、体力や忍耐力、継続性など仕事につなげてアピールしましょう。

 

面接官の偉い人とスポーツの趣味が一致した場合はラッキーです(笑)

パソコンスキル

パソコンスキルについて、何が使えるか、どのくらい使えるか書いておきましょう。

 

薬剤師関連の仕事ならワード、エクセル、パワーポイントが使えればほとんど問題ないです。

 

また下記のリストで扱えるものがあれば、遠慮せずに書いておきましょう。

 

  1. ワード
  2. エクセル(マクロが組めるなど)
  3. パワーポイント
  4. ウェブ会議ツール(ZOOM、Teams、webEXなど)
  5. 画像編集ソフト(Adobe Photoshopなど)
  6. 動画編集ソフト(Adobe Premiere Elementsなど)

 

今はオンラインで仕事をする機会が格段に増えています。

 

これからもどんどん新しいツールが出てきますので、これらの環境に柔軟に対応できるスキルがあることは強みになります。

 

語学スキル

語学に関する趣味・特技があればぜひ書きましょう。 

・過去に短期留学や海外旅行に行き、日常会話は問題なくできる

 

・海外のドラマを字幕なしで見ている

 

・海外旅行にいけない分、オンライン英会話で世界中の人と話して楽しんでいる

 など、語学が得意である印象を強くすることができます。

 

英語が読んだり書けたりできる人は増えていますが、実際に会話できる人はまだまだ少ないのでアピールポイントになります。

 

こちらでも詳しく解説しているので読んでみてください▶︎【2021年版】薬剤師が英語ができると就職や転職に有利な理由と勉強法のコツ – 転職レシピ

 

リクナビ薬剤師に登録すると無料で履歴書の添削サービスが受けられます

登録はこちら

 

職場別の志望動機例の例文

 

最後に今まで紹介したポイントを踏まえ、職場別の志望動機の例文を紹介します。

企業へ転職したい場合の志望動機の例文

私が実際に製薬企業へ内定したときに書いた志望動機の例文です。

 私は御社で●●として、●●のプロフェッショナルになりたいです。御社は創薬・育薬のみならず●●に関する情報発信を行い、患者さんが治療に専念できる環境をサポートしていることに多いに共感いたしました。多くの患者さんと対話した経験を生かし、御社と共に患者さんの治療に貢献していきたいと思います。

リクナビ薬剤師に登録すると無料で履歴書の添削サービスが受けられます

登録はこちら

【関連記事】内定した薬剤師がおすすめする薬剤師向け履歴書と職務経歴書のテンプレート2選 – 転職レシピ

調剤薬局へ転職したい場合の志望動機の例文

私は調剤併設型ドラッグストアで調剤業務とOTC医薬品の販売を行う中で、在宅医療に深く関わっていきたいと思うようになりました。きっかけはドラッグストアにいつも来られていたある高齢のお客様から『ここにお薬をもらいに来ることが大変になって、薬局から自宅にお薬を届けてもらうことにしたの』と言われたことでした。高齢化が進み、お薬を取りに来ることが難しくなる患者さんやご家族のために御社が行っている在宅医療の充実したサービスに大いに魅力を感じました。前職で得た知識とコミュニケーション能力を生かし、患者さんが家にいながら安心してお薬を服用できる環境作りに御社と共に貢献していきたいと思います。

リクナビ薬剤師に登録すると無料で履歴書の添削サービスが受けられます

登録はこちら

【関連記事】内定した薬剤師がおすすめする薬剤師向け履歴書と職務経歴書のテンプレート2選 – 転職レシピ

ドラッグストアへ転職したい場合の志望動機の例文

調剤薬局で管理薬剤師として勤務する中で、患者さんからお薬のことだけではなく子供の体温計や介護用品はどれがいいかなど生活全般に関わる相談を受けるようになりました。御社では医療用医薬品だけでなく治療や介護などを行う上で必要な一般用医薬品や日用品を幅広く扱い、さらに独自のプライベートブランド商品の開発を行うことで患者さんやお客さんの健康な生活に貢献するという企業努力を行っている点に大変魅力を感じました。前職で得た知識やマネジメントスキル、コミュニケーション能力を生かし、御社と共に最も身近で頼りになる医療専門職の相談役として患者さんがより良い日常生活を送るためのサポートを行っていきたいと思います。

リクナビ薬剤師に登録すると無料で履歴書の添削サービスが受けられます

登録はこちら

【関連記事】内定した薬剤師がおすすめする薬剤師向け履歴書と職務経歴書のテンプレート2選 – 転職レシピ

病院へ転職したい場合の志望動機の例文

前職の調剤薬局では、服薬指導や健康相談を通じて、患者さんの悩みや不安に寄り添うことを心掛けてきました。そうした中、かかりつけ薬剤師として抗がん剤治療に携わったことで、「がん治療の分野で専門性を高めてみたい」という思いを抱くようになり、貴院への転職を決意しました。将来的には、がん薬物療法認定薬剤師やがん専門薬剤師の資格にもチャレンジしたいと思っているため、高度な設備のもとでがん治療に取り組み、資格取得のサポート体制も整っている貴院には、とても魅力を感じます。病院での勤務ははじめてですが、これまでの経験を生かしつつ、一日も早く貴院の戦力となれるように研鑽を積んでいきたいと思います。
                                    (引用)マイナビ薬剤師

リクナビ薬剤師に登録すると無料で履歴書の添削サービスが受けられます

登録はこちら

【関連記事】内定した薬剤師がおすすめする薬剤師向け履歴書と職務経歴書のテンプレート2選 – 転職レシピ

薬剤師の履歴書の書き方のまとめ|志望動機・自己PR・趣味特技

薬剤師の履歴書の志望動機・自己PRの書き方のポイント

  1. 将来のキャリアビジョンが応募企業で達成できることを伝える
  2. 応募企業の特色や強みを理解しており、この企業だからこそ入社したいと強くアピールする
  3. 今までの職務経歴が、応募企業で生かせる事を伝える 

 

薬剤師の趣味・特技欄の書き方のポイント

  1. 箇条書きなどでわかりやすく書く
  2. 応募企業の職種でも生かせる趣味・特技を書く
  3. 職種に向いている性格や長所を書く

 

これらのポイントを元に、自分オリジナルの志望動機・自己PR・趣味特技を書いてみてください。

 

『自分で書いてみたけど、これで大丈夫かな?』

 

と不安になったら、薬剤師専門の転職サイトで、履歴書を書く方法を教えてくれたり、履歴書の添削を行ってくれるサービスがあるので利用しましょう。

 

転職サイトは全てのサービスが無料で利用できるので、会員登録して履歴書の添削サービスを受けてみてください。

 

良い求人を逃さないために転職サイトは2〜3個登録しておきましょう。

 

おすすめの転職サイトを紹介しておきます。どれも1分ほどで登録できますよ。

 

リクナビ薬剤師 高収入で転職したいならここは必須。リクルートのパイプで好条件の求人が多いです。

 

マイナビ薬剤師  ※求人数がダントツで多い。特に調剤薬局、病院、クリニックに転職したい人は登録必須です。

 

ファルマスタッフ ※キャリアコンサルタントが必ず直接訪問して情報収集してくれるので、求人情報が非常に濃いです。企業求人も強い。調剤大手の日本調剤グループが運営。

 

薬キャリ 薬剤師登録者数が一番多いサイトで利用満足度は95%。エムスリーグループが運営。

 

製薬企業へ転職したい人は必見▶︎転職成功者の体験談!薬剤師が未経験で製薬企業へ転職する具体的方法3つ – 転職レシピ

 

薬剤師専用の履歴書と職務経歴書のテンプレートもありますよ▶︎内定した薬剤師がおすすめする薬剤師向け履歴書と職務経歴書のテンプレート2選 – 転職レシピ

タップできる目次
閉じる