薬剤師2年目で転職は早い?知っておくべき5つのリスクと転職成功のポイント

薬剤師2年目の転職は早すぎる?知っておくべき5つのリスクと転職成功のポイント

薬剤師2年目の転職は早すぎるということはありません。

今の職場の環境や待遇に限界を感じているなら、むしろ早いうちに現職を辞めて転職したほうが賢明です。

ただ、薬剤師2年目の転職にはリスクもあるため、この記事をしっかり読んで、転職を成功させるためのポイントも押さえておきましょう。

転職するか迷っている人、自分だけで転職できるか不安な人は、薬剤師転職サイトのキャリアアドバイザーに無料で相談できます

転職が必要ない場合は「まだ様子見しましょう」など、あなたに合ったアドバイスをしてくれるので、まずは悩んでいることを気軽に相談してみましょう。

\無料登録後もお金は一切かかりません/

タップできる目次

薬剤師2年目で転職しても大丈夫な5つの理由

まず、薬剤師2年目で転職しても早すぎるということはなく、大丈夫な5つの理由を説明します。

  1. 薬剤師の求人は多い
  2. 薬剤師2年目の転職者は多い
  3. 第二新卒として採用される
  4. 転職先の同僚と給料の差が少ない
  5. 転職先に求める条件が明確

一つづつ見ていきましょう。

①薬剤師の求人は多い

薬剤師は業務独占資格であり、いまも約5万件を超える求人が出ているため、転職先に困ることがありません。

引用元:マイナビ薬剤師

業務独占資格とは、特定の業務に際して、特定の資格を取得しているもののみが従事可能であり、資格がなければその業務を行うことが禁止されている資格のことです。

引用元:北多摩薬剤師会

薬剤師1年目や2年目で転職しても転職先がすぐに見つかるため、何年目で転職しようと関係ありません。

②薬剤師2年目の転職者は多い

下のグラフを見てもらうと分かる通り、薬剤師2年目の転職者は10年目の転職者についで2番目に多いです。

引用元:薬キャリ
あやせ

薬剤師業界では2年目での転職は特に珍しいことではないんです

薬剤師は女性が多いためライフイベントで転職したり、次の転職先もすぐに見つかるため薬剤師2年目の転職者も多いのです。

③第二新卒として採用される

薬剤師2年目の転職者は第二新卒として採用されます。

第二新卒とは就職後3年未満で離職した人

第二新卒の薬剤師は、基本的な業務は習得できている上、まだ企業の色に染まりきっておらず、これからのポテンシャルに期待できるというメリットがあります。

そのため第二新卒歓迎の企業も多く、未経験職場でも採用してもらえる可能性があります。

④転職先の同僚と給料の差が少ない

薬剤師2年目で転職しても大丈夫な5つの理由として、転職先の同僚と給料の差が少ない

薬剤師2年目で転職すれば、転職先の新卒入社の人と給料に大きな差がつきません。

あやせ

同じ年で同じ仕事をしているのに、新卒入社の人の方がたくさんお給料をもらっていると結構ショックなんですよ

2年目の転職なら、昇給や退職金も2年遅れるだけなので、不公平感を感じずに済みます

昇進もほぼ同じくらいにできるので、タイミング的には良い時期といえるでしょう。

⑤転職先に求める条件が明確

2年目薬剤師は、すでに1年働いて薬剤師業界や仕事内容についても理解しており、転職先に求める条件が明確になっているはずです。

どんな薬剤師としてのキャリアを目指したいか、仕事とプライベートの両立はどうするか、などのイメージも描きやすくなっているでしょう。

そのため、就職の時より自分に合った転職先が探せる時期です。

今ならまだ若く、未経験の職種や業種にもチャレンジできるので、人生の軌道修正をしたいなら今はベストタイミングなのです。

以上の5つの理由から、薬剤師2年目での転職は大丈夫と言えます。

まずはどんな求人があるのか、あなたの希望にあった求人を見せてもらうことから始めてみましょう。

国内最大級の薬剤師求人から希望の求人を紹介してくれるがおすすめです。

薬剤師2年目の転職で知っておくべき5つのリスク

薬剤師2年目で転職しても大丈夫ですが、リスクもあります。

ここでは薬剤師2年目で転職することのリスクも知っておきましょう。

  1. 転職理由に納得感がないと採用されづらい
  2. 採用しても『すぐ辞めないか?』と思われる
  3. なにか問題のある人かも?という目で見られる
  4. 辞め癖がつく
  5. 年収は上がりづらい

一つづつ見ていきましょう。

①転職理由に納得感がないと採用されづらい

薬剤師2年目の転職で知っておくべき5つのリスクに転職理由に納得感がないと採用されづらいことがある

薬剤師2年目で転職する際は、転職理由が納得できるものでない採用されづらいです。

逆に転職理由が前向きなものであれば、採用担当者も納得しやすいです。

例えば、スキルアップを含めた以下のような前向きな転職理由があると良いですね。

  • 緩和ケアに興味を持ったため、緩和ケアの専門科のある病院で働きたい
  • 循環器の分野をさらに突き詰めたいので、循環器の門前薬局で働きたい

②採用しても『すぐ辞めないか?』と思われる

前職を2年で辞めたということは、「またすぐに辞めないか?」と思われる可能性は高いです。

そのため、応募企業では「やりたいことができる環境なので続けられる」、という強い意思をアピールしましょう。

③何か問題のある人かも?という目で見られる

短期離職すると、始めは同僚から「忍耐力がないの人なの?」「何か問題のある人なのかな」という目で見られることがあります。

初めはそう思われるかもしれませんが、毎日の勤務態度、意欲をしっかりみせ、コツコツ続けていけば、同僚からの視線も変わっていくでしょう。

④辞め癖がつく

薬剤師は国家資格があるからいつでも転職できる、引く手あまただ、という考えで辞め癖がつくのは危険です。

転職も3回以上になると厳しくなるので、辞め癖をつけないために転職先はしっかりリサーチして決めましょう。

⑤年収は上がりづらい

薬剤師2年目の転職で知っておくべき5つのリスクとして年収は上がりづらいことがある

薬剤師2年目の同業種の転職では年収は上がりづらいです。

薬剤師2年目は、まだそれほど経験は積んでいないと見られるため、年収は現職と同じくらいか下がらないようにすることが目標になります。

ただ、病院からドラッグストアなど、高年収の業種への転職では、年収アップできる可能性もあります

また転職後は年収が下がっても、将来的には現職より年収が高くなる職場なら転職する価値があります。

以上のリスクがありますが、転職の際にはきちんと対策すれば、薬剤師2年目での転職も問題ありません。

まずは国内最大級の薬剤師求人を持つに登録して、あなたの希望の年収や条件の求人を紹介してもらいましょう。

\無料登録後もお金は一切かかりません/

2年目で転職するか悩んだ先輩薬剤師の口コミ

2年目で転職するか悩んだ先輩薬剤師の口コミ

2年目で転職したいと悩んだ先輩薬剤師の口コミも聞いてみました。

あやせ

悩んでいるときは、先輩の意見も参考になりますよね

2年目の転職では待遇や環境も良くなった人が多く、後悔している人は少ないのも特徴です。

2年目で転職した先輩薬剤師の口コミ

2年目で転職した先輩薬剤師の口コミです。

給料が上がらない、ハラスメントでしんどい、他店舗への応援が多すぎて体力がもたないなど、辞めざるを得ない口コミがありました…

ですが2年目薬剤師でも転職は問題なく、転職してよかったと感じている人が多いです。

\口コミは横にスクロールできます/

スクロールできます
口コミ

20代女性

昇給がほとんどなく、残業もさせてもらえない、全く給料があがらなかった。2年目で給料の高いドラッグストアへ転職したら、残業代が1分単位で支給されビックリした。辞めてよかった。

口コミ

20代女性

2年目の時、薬剤師の中で絶対的な権力を持っている50代女性の目の敵にされた。ミスを犯すたびに呼び出し・説教を受けたため退職した。今は人間関係の良い職場で働けている。

口コミ

20代男性 

2年目で責任が増え、自分だけ他店舗への応援に行かされることが多くなった。駒のようにあちこち行かされるストレスと、体力がもたなかったので、応援の少ない会社へ転職しました。

2年目で転職しなかった先輩薬剤師の口コミ

逆に2年目で転職しなかった先輩薬剤師の口コミです。

ハラスメントがあっても異動で解決したり、希望と違う科へ配属され落ち込んだが、結局その科の専門家となるなど、転職しなかったことで道が開けた先輩もいました。

スクロールできます
口コミ

20代女性

同じ店舗の同僚と上司の間でハラスメントがあり、板挟みになり、ストレスが大きかった。同僚が退職したことでハラスメントは無くなったので、我慢して続けてよかったと思う。

口コミ

20代女性

産婦人科病棟への異動希望ができず、整形外科配属になり辞めようと悩んでいた。整形外科の先生の隣でカルテを見ていたら、先生から「ビスホスホネートの副作用は理解してる?」と声を掛けられました。

その先生がその薬の副作用を説明してくれたことが骨粗鬆症に興味をもち、今では整形外科配属6年目、そして骨粗鬆症マネージャーの認定資格も取りました。今後、骨粗鬆症治療が注目されるという事でクリニカルパスも作成され、治療に携わっています。

あの時辞めていたら骨粗鬆症マネージャーの資格と出会うことは出来なかったので辞めなくてよかったです!

このように時間が解決することもあるので、仕事内容や待遇に不満がなければ、現職で頑張ってみるというのも選択肢の一つです。

転職したほうがいいか悩んでいる人は、2年目転職者の相談実績も豊富な転職サイトのキャリアアドバイザーに、悩みや不満を相談してみましょう。

あやせ

あなたの希望の年収、勤務地、仕事内容などを相談して、いろいろな求人を見せてもらい、今の職場と比較してみるのがおすすめです

私は自分が思ってもいなかったアドバイスをもらえたこともあり、相談してよかったと思いますよ。

\無料登録後も一切お金はかかりません/

薬剤師2年目で転職するかの判断基準

ここでは薬剤師2年目で転職するかの判断基準をまとめました。

薬剤師2年目で転職するか迷ったら、以下のどちらに当てはまるか見てみてください。

転職も考えるべき
現職を続けるべき
  • 精神的・身体的に限界
  • 年収が低く、奨学金返済や生活費、教育費が厳しい
  • 上司に相談しても改善されない
  • 人間関係が悪すぎて耐えられない
  • 他にやりたい仕事が見つかった
  • 家庭の事情
  • 仕事自体に不満がない
  • 仕事に慣れれば状況が改善しそう
  • 嫌な人がいるが、異動が待てる
  • 上司に相談すれば解決できるかも

心身共に限界、上司に相談しても改善されない場合は転職も考えるべきです。

また、他にやりたい仕事や行きたい会社が見つかった場合は、軌道修正が可能な若いうちにチャレンジしたほうが良いでしょう。

逆に現職を続けるべきなのは、今の仕事や待遇に不満がなく、異動や経験を積むことで改善できる見込みがあるケースです。

あやせ

自分だけで判断できなくて、転職のプロの意見も聞いてみたい場合のキャリアアドバイザーに相談してみましょう

転職サイトに登録して、実際にどんな求人があるのか、薬剤師業界の動きなどを聞いてみると良いでしょう。

転職サイトのキャリアアドバイザーさんは、2年目転職の求人紹介も多く扱っているため、同じような悩みの人のケースなども教えてくれます。

また、今は転職すべきでないと思ったらきちんと止めてくれますし、あなたの市場価値を客観的に教えてくれます

転職サイトは転職しなくても相談だけでもできるので、気軽に相談してみましょう。

あやせ

自分にはなかった視点でのアドバイスをしてくれますよ

今の仕事の条件をほかの職場と比較してもらえたり、好条件の求人が出るとすぐに教えてもらうこともできるので、まずは気軽に登録してみましょう。

あやせ

は1分で登録でき、都合の良い時間に電話で相談に乗ってくれますよ

\無料登録後もお金は一切かかりません/

薬剤師2年目の転職を成功させる7つのポイント

薬剤師2年目の転職を成功させるためには、以下の7つのポイントを押さえることが大切です。

  1. 将来のキャリアプランを明確にする
  2. ブランクをあけない
  3. 第2新卒歓迎の求人に応募する
  4. 年収ダウンを避ける
  5. ポジティブな転職理由を伝える
  6. 面接対策
  7. 雇用条件・職場環境・人間関係が良いか調査する
あやせ

ですが、初めての転職でこれらのポイントをすべて押さえるのは難しいですよね…

そのため、薬剤師2年目の転職を成功させるためには、無料で利用できる薬剤師転職サイトのサービスを利用することがおすすめです。

薬剤師転職サイトを利用することで、働きながらでも希望の職場を探せます。

なぜなら、無料で以下のようなサービスを受けることができるからです。

  • あなたの希望する条件の求人紹介
  • 第2新卒歓迎の求人紹介
  • 転職理由の作成、添削
  • 面接の練習(電話・ZOOM・対面)
  • 年収がダウンしないよう交渉
  • 雇用条件・職場環境・人間関係の内部調査

どのようにサポートしてくれるか、具体的にいきましょう。

①将来のキャリアプランを明確にする

薬剤師2年目の転職を成功させる7つのポイントとして将来のキャリアプランを明確にするということがある

あなたが5年後、10年後にどんなキャリアを歩みたいか、将来のキャリアプランを明確にすることで、後悔のない転職ができます。

将来のキャリアプランの例
  • 定時で帰って子育てと両立したい
  • 転勤がなく、地元で働きたい
  • 認定資格をとりたい

将来のキャリアプランを明確にしてから仕事を探せば、理想の職場を探せる確率がぐっと上がります。

あやせ

転職サイトのキャリアアドバイザーにいろいろ相談することで、自分の希望する働き方やキャリアビジョンがはっきりしてきますよ

②ブランクをあけない

ブランクをあけないで転職すれば、金銭面、キャリア面ともに不安なく転職できます。

あやせ

お金の不安から焦って変な職場に転職してしまう人がいるので、心に余裕のある状態で次の職場を探しておくことが大事です

薬剤師転職サイトを利用すれば、希望条件に合った職場探しや転職先との面接日程の調整や交渉をやってくれるので、ブランクを開けずに次の職場を探せます。

③第2新卒歓迎の求人に応募する

新卒や第2新卒歓迎と書いてある求人は、採用側も教育する姿勢やウェルカムな雰囲気があるため、2年目の薬剤師も働きやすい職場が多いです。

引用元:マイナビ薬剤師

実際に未経験者や新卒も可能な求人は2万件以上あり、需要が高いです。

引用元:マイナビ薬剤師

このような第二新卒が採用されやすい職場もキャリアアドバイザーが探してくれるため、自分で探すより簡単に見つけられます。

④年収ダウンを避ける

薬剤師2年目の転職では年収アップは難しいかもしれませんが、年収ダウンは避けたいですよね。

年収の交渉は自分では言い出せない人が多く、採用側の言いなりで決まることが多いですが、薬剤師転職サイトのキャリアアドバイザーに相談すると、あなたの代わりに年収の交渉もしてくれます。

キャリアアドバイザーは年収相場に詳しいので、今の年収からできる限り下がらないよう交渉してくれます。

あやせ

年収交渉をお願いしたい人は、に登録しておきましょう

⑤ポジティブな転職理由を伝える

薬剤師2年目の転職を成功させる7つのポイントとしてポジティブな転職理由を伝える必要がある

第二新卒薬剤師が転職するきっかけはネガティブな理由が多いですが、前職のグチではなく、自分のキャリアアップを見据えた前向きな理由を伝えましょう。

2年目薬剤師のネガティブな転職理由
  • 残業がみなし残業のため、ほぼサービス残業だった
  • 昇給がほとんどなく、残業も禁止で給料があがらなかった
  • 自分だけ他店舗の応援に行かされる

このようなネガティブな理由が原因だったとしても、あなたの中にはポジティブな理由もあるはずです。

2年目薬剤師として、キャリアアップを見据えた前向きな転職理由を伝えましょう。

3年目薬剤師のポジティブな転職理由
  • 緩和ケアや在宅医療に興味を持ち、地域の病院と連携している調剤薬局で経験を積みたいと思ったため。
  • こちらの病院で妊婦・授乳婦の薬剤指導に携わり、妊婦・授乳婦薬物療法認定薬剤師として婦人科医療に貢献していきたい

このように将来を見据えたスキルアップや経験を積むことを目標としている理由が好まれます。

自分自身と向き合って転職理由を考え、さらに薬剤師転職サイトのキャリアアドバイザーに添削してもらい、万全の転職理由を作りましょう。

あやせ

経験豊富なキャリアアドバイザーが、応募書類の添削を対面やオンラインでしてくれるがおすすめです

⑥面接対策

薬剤師といえど、面接で落とされるケースもあり、面接対策は非常に重要です。

薬剤師2年目の転職を成功させる7つのポイントとして面接対策が重要

2年目の転職では、今回は辞めずにしっかり続けられることや自分の実績やスキルをアピールすることが大切です。

転職サイトの経験豊富なキャリアアドバイザーにお願いすれば、オンライン(ZOOMなど)や電話で面接練習を行ってくれるので、自分では気づかない話し方やポイントも教えてくれます。

口コミ

20代女性|ドラッグストア→病院

ドラッグストアは仕事が終わるのが遅かったので、帰宅後ZOOMで面接練習をしてくれてとても助かりました。

「この病院がいいという意欲が伝わらないので、転職理由を少し直しましょう」「目線が下なので、面接官の目を見て言ってみましょう」など、自分だけでは気づかないプロ目線のアドバイスをたくさんもらえました。

何度も練習してもらったので、当日は全然緊張せずに答えられました。

仕事が遅かったり、外出するのが面倒でも、家で簡単に面接練習をしてもらえるので、内定する可能性もぐっと上がりますよ。

⑦雇用条件・職場環境・人間関係が良いか調査する

薬剤師2年目の転職では、何度も転職を繰り返さないために、職場環境や人間関係の良い職場を探す必要があります。

薬剤師2年目の転職を成功させる7つのポイントとして雇用条件・職場環境・人間関係が良いか調査すること

しかし、面接時や見学時に見ただけでは実際の内部事情はわかりにくいですよね。

そんな時も薬剤師転職サイトのキャリアアドバイザーを頼りましょう。

行きたい職場のスタッフの年代や勤続年数、新卒者の離職率、管理薬剤師やエリアマネージャーの人柄なども率直に教えてもらえます。

そのため、残業代が出ない、次々と人が辞めているようなブラックな職場を回避できます。

あやせ

また、昇給率退職金など、聞きにくいお金の話や、休みの取りやすさなどもしっかり調査してくれますよ

特には、採用担当者だけでなく、現場のスタッフからも内部事情を聞き取り調査してくれるので、長く安心して働ける職場を探すことができます。

薬剤師2年目の転職におすすめの転職サイト3選

それでは2年目薬剤師の転職におすすめな薬剤師転職サイトを3つ紹介します。

転職サイトは持っている求人が違うので、できれば2つ以上登録しておきましょう。

あやせ

一番のおすすめは国内最大の薬剤師求人を持ち、人間関係などを現場のスタッフまで徹底リサーチしてくれるです

  1. 職場の内部事情を徹底リサーチ:マイナビ薬剤師
  2. できる限り訪問し、人間関係を確認:ファルマスタッフ
  3. 一番はやく転職できる:薬キャリ

①職場の内部事情を徹底リサーチ:マイナビ薬剤師

【公式サイト】

は大手人材会社のマイナビが運営する、薬剤師専門の転職サイトです。

あやせ

就活で利用した人も多いですよね

は大手の中でも、最大級の求人数で、高収入で条件の良い非公開求人も豊富。

あやせ

非公開求人は、登録した人だけに紹介してくれるんです

さらに、は採用担当者だけでなく、現場のスタッフからも情報収集を行っているため、職場の雰囲気や人間関係についても、詳しくリサーチしてくれるんです。

またの担当者は、2年目の転職のポジティブな転職理由も一緒に考えてくれます。

  • 勉強したい診療科目がある
  • 前職での経験を元に、ステップアップしたい
  • 在宅医療に興味があるので、実施している店舗で働きたい

その他、応募書類の添削や面接の練習など、転職に必要なすべてのサービスもすべて揃っているので、安心しておまかせできます。

面談できる拠点も国内最大級の15箇所あるので、地方での転職活動にもおすすめです。

\実際の体験談も見てみてください/

②できる限り訪問し、職場環境を確認:ファルマスタッフ

薬剤師転職サイトのおすすめ2つ目は、高収入求人が豊富なファルマスタッフ

【公式サイト】

は日本調剤グループの株式会社メディカルリソースが運営し、21年以上も薬剤師の転職支援を行っている実績のある転職サイトです。

特に調剤薬局への転職に強く、正社員・派遣・パートの求人を紹介可能。

人間関係や職場の状況もできる限り現地に訪問して確認してくれます。

派遣も紹介可能なので、『正社員はきついから高時給の派遣で働く』『まずは派遣で働いて、社内の雰囲気や人間関係を調べる』という方法も可能です。

面接に同行してくれたり、丁寧な転職サポートをしてくれるので、派遣も考えている人はがイチオシです。

\使った人の評判も見てみてください/

③一番早く転職できる:薬キャリ

【公式サイト】

は日本最大級の医療従事者専用サイトをもつエムスリーが運営し、調剤薬局や病院に特に強いつながりをもつ転職サイトです。

あやせ

薬剤師登録者数が1番多いので、ものすごい量の職場の口コミをもっている転職サイトです!

人間関係や職場環境についても膨大なデーターから口コミなどを調べてくれます。

すべてオンラインで対応してくれるため、最短3日で転職でき、早く転職したい人はが一番おすすめです。

\使った人の評判も見てみてください/

薬剤師2年目の転職でよくある質問

薬剤師2年目の転職に関してよくある質問をまとめます。

薬剤師2年目の平均年収は?

薬剤師2年目の年収は約420~450万円です。手取りは3,268,000~3,498,600円位になります。

なぜなら、25-29歳の薬剤師の平均年収が、男性薬剤師で456万円、女性薬剤師で419万円だからです。

25-29歳の薬剤師の月給とボーナス(通勤手当など含む)の詳しい内訳は、

平均年収月給ボーナスなど
男性薬剤師456万円32万円67万円
女性薬剤師419万円29万円68万円
引用元:令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況|厚生労働省

となります。

薬剤師2年目の目標は?

薬剤師2年目の目標は専門性の向上と、業務の効率化です。

専門性を上げるために各領域の認定薬剤師を取得したり、仕事全体の理解や生産性を上げるため効率化に注力する時期です。

新人も入ってきますので、指導役として後輩育成指導の実績を積むことも薬剤師2年目の目標です。

薬剤師3年目で転職するのはどう?

薬剤師3年目は転職するのに良い時期です。

理由としては、5つあります。

  • 薬剤師3年目の転職者は多い
  • 即戦力としても魅力的
  • ポテンシャルが期待できる
  • 第二新卒として扱われる
  • 年収アップも可能

もっと詳しく知りたい方は、薬剤師3年目の転職にリスクはある?注意点と転職を成功させる6つのコツを読んでみてくださいね。

薬剤師を辞めて違う仕事に就きたい

薬剤師はやりがいのある仕事ですが、自分に合わないと思うなら、若いうちに違う仕事をしてみるのも1つの選択肢です。

ただ薬剤師を辞めたいというより、「調剤が合わない」と思うなら企業にチャレンジしてみてはどうでしょうか?

薬剤師免許を持っていれば調剤以外の選択肢も広く、他の職種よりはるかに良い待遇で働けますよ。

あやせ

一度のキャリアアドバイザーにどんな仕事があるか相談してみるのがおすすめです

薬剤師2年目の転職まとめ

薬剤師2年目の転職は早すぎるということはなく、以下の理由から転職しても大丈夫です。

  1. 薬剤師の求人は多い
  2. 薬剤師2年目の転職者は多い
  3. 第二新卒として採用される
  4. 転職先の同僚と給料の差が少ない
  5. 転職先に求める条件が明確

今の職場に不満がある人や将来のキャリアアップを考えるなら、むしろ早いうちに転職するほうが賢明です。

ただリスクだけはもう一度しっかり確認しておきましょう。

その上で薬剤師2年目の転職を成功するポイントを押さえれば、万全の対策ができます。

年齢が上がると転職は不利になっていきます。

2年目なら未経験の職場からも転職先を選べるチャンスです。

まずは薬剤師転職サイトに登録し、キャリアアドバイザーに協力してもらいながら、安心して長く働けるやりがいのある職場への転職を成功させましょう!

あやせ

一番のおすすめは、国内最大級の薬剤師求人を持ち、万全の転職サポートをしてくれるです

\無料登録後も一切お金はかかりません/

を実際に体験した私や先輩たちの体験談も参考にしてください。

行きたい職場に強い薬剤師転職サイトも紹介しています。

こちらの記事では、薬剤師の転職方法が読むだけですぐにわかります。

転職先選びには、調剤薬局ランキングも参考にしてください。

調査対象:薬剤師2年目で辞めたいと思った薬剤師
調査手法:直接聞き取り、クラウドワークス
調査期間:2022年9月1日~9月15日

  • URLをコピーしました!
タップできる目次